神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   6 comments

マック?で脱力

 この度の大阪府知事立候補者「スマイル党マック赤坂さん」の政見放送を見て、脱力し、空(くう)になり、癒されましょう!!

なお、この動画は即行削除されるかもですので、再び癒しを必要とされる方は、ユウチュブ、<マック赤坂大阪府知事戦政見放送>で検索し、マックスマイル、マック体操をしましょう!!

        

こういうの大好きな困ったアラフィフです(爆)

昨日、ツイッターを見ていたら、「味噌汁で薬を飲もうとしている私に、薬は水で飲めと、息子に言われた、その息子は全裸、、、、、今いち説得力に欠ける、、^^;」

、、、、、と、呟いてる人に座布団をもってきて~~と、心の中でおもいました(笑)

日本一幸せを感じない大阪近辺では、毎日有り得ないところから遺体が出てきたり、ドマヌケ的犯罪が多発しますが、人々は笑い飛ばして生きています。

スポンサーサイト

Comment

なな says... "最後まで"
見てしまいました(笑)

ヘタしたら“イタイおっさん”って思われるのに、
(イタイんかもですけど)自分ワールドで突き抜けてて
面白かったです。

なかなか今までにない、政見放送でこれもありかもしれませんね。
2011.11.18 15:02 | URL | #- [edit]
そら says... "わぁ~有権者だ・・"
 ななさん

マックさん、マジ痛いおじさんですね~(笑)しかし、どうして、つき抜けた人の表現というものはこうも、極端になるのか?  わかるけど、、、v-390

羽柴秀吉がいなくなったと思ったら、今度は、、、、
スマイル党(笑)

たしかに、いってることは、、、、おかしくないけど^^;

市長選はちょと、興味あるけど。
2011.11.18 16:49 | URL | #- [edit]
ガミです says... "バシャ~ル"
が日本に向けてメッセージをくれていますね!!
鯨捕鯨についても… まだ日本は続けてるんですかね? 鯨やイルカに聞けば大きな海の秘密も知っていると言ってました…
私は中学時代水泳部に入っていて思いました。 イルカのようなスピードで道具なしに泳ぎてぇと(笑)
そのうち 話を聞きたいものです!!
バシャールの話を聞いていると脳の真ん中にジンジンきますが松果体かなぁと思いますが… やっぱり宇宙からの視点は面白いですね(´∀`)
日本担当の宇宙人もいるそうですが、そらさん誰か知り合いいませんか?(笑)
2011.11.18 23:14 | URL | #- [edit]
そら says... "私は"
 ガミくん

バシャールも好きだけれど、私がアタックされたのは(笑)ハトホルという集合意識で、このブログ界隈にはハトホルファンも多いですよ。バシャールがあげあげ系なら(笑)ハトホルはちょっと、理系で落ち着いた感じです(笑)

この意識は古代エジプトなどでも活躍していたそうで、プレアデス、エジプト、マヤなどの系列に惹かれるので、これは私の魂に関連するのかと?思っています。

バシャールが松果体ジンジン系なら、ハトホルはハートチャクラにホットじんわり系(笑)かな??

その系列の意識体なら、ふいに、ちょっと~といわれることよくありますよ。

かがりさんも、日本神界をよくいわれますが、あれも、系列的には良く似たものを感じます。

しかし、最近、私の中で、限りなく固有名詞がなくなり、宇宙のエネルギー周波数帯のような感じになりました。

イルカ、クジラなどは、他星(シリウス、プレアデス)由来だそうですね。

2011.11.19 12:54 | URL | #- [edit]
ガミです says... "ハトホル!?"
どこかにメッセージありますか? YouTubeとかブログであるでしょうかね??
2011.11.19 22:16 | URL | #- [edit]
そら says... "ハトホルは好みがあるようで"
 ガミくん

好きな人は好き、で、ない人は、、、、と分かれるようで、私は、「ハトホルの書」という本に呼ばれて、その表紙にハトホル神が書かれているのですが、その顔は、ギョッ!!とするような顔なので、そこで、私は普通手を伸ばさないのに、なぜか?中の内容も当時(10数年前)ぜんぜんわからないのに買いました。

こういう本は不思議なものでハートで読むのか?自分の精神性が上がるにつれてわかるようになり、今は素晴らしい本だと思います。レビューで昔、本を1000冊読んだ人が絶賛されていました。

ハトホルは、なんというか、優しさと厳しさ両方を説いてくれる無条件の愛で人類を導いてくれる感じがあり、浮いたことだけではなく地に足着いてる感じなのです。

ハトホルを知るには「ハトホルの書」を読むのが一番です。

魂の遍歴が同じようなところをたどっている人は飛びつくと思いますが、そうでなければ、それほどでもというものかな?

探してみたけれど、ごく簡単なものしかありませんでした。
http://blog.livedoor.jp/longpa/archives/50865182.html
2011.11.19 23:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。