神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   4 comments

古代マヤ暦

 マヤ暦の新年です。

マヤ暦といえば、「はじめまして」で、書いていますが、私は、調べてみたら、物凄くマヤ暦に?縁があり、自分ながら、上手く出来ているな~~!!と、感心するほど、マヤ暦のモデルのような(笑)人生なのです。

マヤ暦を語れば長くなり、書ききれないことになるので、割愛して、、、自己(私)分析です。


人生の節目である、26年(歳)が結婚した次の年から、、、、、(9月結婚~)

         52年(歳)が来年、、、、つまり2012年です。

52年(歳)はまだなので、凄くお楽しみです(笑)

26年(歳)はたしかに、結婚して25年生まれ育った鳥取を出て、千葉でのまったく新しい生活を始めました。

それが、1986年で、一年後の1987年からの25年間、銀河の中心からのアセンション促進エネルギーを新しい人生で浴びることになります。

また、私のマヤの刻印は (KIN)142 (太陽の紋章)白い風 (WS)青い猿 (銀河の風)12

                   で

ざっくり、贔屓目に(笑)みれば、

「人に理解されないくらいの高い精神性、一方ではユーモアを持ち、繊細な感性、霊性を開花、清濁併せ持つ少々のことにこだわらない度量をもっているが、その大雑把さは分析や選択で欠点を現す。」

そして、銀河の風は夫と正反対の位置にあり、お互い補完関係にあります。


私にはなんだか、しっくりくるこのマヤ暦、その仕組みは難しくて最後までは理解できてませんが、実にほれぼれするくらい私には響きます。


いろいろなことが新しく生まれ変わろうとしている文明の狭間にいるような現代、、、、、、

もしかして?今後、古代マヤのような文明の叡智が、これからの新しい分明には再び登場してくるような希望的観測を込めて、カテゴリーをあえて、<未来(古代)からの智恵> としています。


スポンサーサイト

Comment

なな says... "銀河新年"
おめでとうございます。
(いつも読むこよみ屋さんのブログに書いてあります)

今年、やっと13の月の暦の手帳を買い、
昨日は “年末” ということで掃除をし…
『時間をはずした日』の割にしっかり時間を計算しながら
掃除してたり(笑)
ガイドを読んでもイマイチまだよく分からないんですが。

でも、何か気分が変わって面白いです。
もっと詳しく知りたいところですが…
まずは今日はどんな日かってところから始めてみます。

“シンクロの波” に乗りやすくなるそうなんで(笑)
それを楽しみにしつつ…
2011.07.26 15:14 | URL | #- [edit]
そら says... "私は・・"
 ななさん

こんにちは~ そういえば、手帳買ったといってましたね。
私は日ごとの暦は見てないけれど、マヤ暦の仕組みそのものに凄く興味持ってて、たまに研究しています。

マヤの暦を意識する方が、そりゃ~宇宙的だから、シンクロの波はスイスイですよ・・・・

そういえば、時間をはずした日に妙な感覚になりました。
カルマ的にどうしてもこだわってしまうマイナスな思考が「も~~どうでもいいや!」と、、、思われました。

面白いですね。
2011.07.26 17:37 | URL | #- [edit]
ガミです says... "魔法省"
ハリー・ポッターでダンブルドア校長先生がハリーにいった言葉はなかなか面白かったです。



自分が何者であるかは、もって生まれた才能で決まるのではない。
自分がどういう選択をしたか、で決まるのじゃ。


ハリーよ、権力を持つのに最もふさわしい者は、
それを一度も求めたことのない者なのじゃ。
きみのように、やむなく指揮を執り、そうせねばならぬために
権威の衣を着るものは、みずからが驚くほど見事にその衣を着こなすのじゃ。



死者をあわれむではない、ハリー。生きている者を哀れむのじゃ。
とくに愛なくして生きている者たちを。


きみは真に死を克服する者じゃ。
なぜなら、真の死の支配者は、死から逃げようとはせぬ。
死なねばならぬということを受け入れるとともに、
生ある世界のほうが、死ぬことよりもはるかに劣る場合があると
理解できる者なのじゃ。



ってことで作者はやはり あっちのほうからダウンロードして書いたんでしょうね(。・ω・。)
2011.07.27 22:27 | URL | #- [edit]
そら says... "ほぉおお!!素晴らしい~"
 ガミちゃん

素晴らしいですね。。。ハリーポッター最後?どうなってゆくのか、全然知らないのですが、、、(なんせ、賢者の石どまりですから、、^^;)
作者、JK・ローリンズ?は、たしか、全てではないけれど、やはり、降りてくるものがあると、何かで読みました。

世のアーティスト、クリエーター達は、そういうところにアクセスしていろいろな作品を創っているのでしょうね。
だから、珠玉のものが出来上がると思うし、それには、やはり、その人の何か?下地(好きで努力を惜しまなく追求しているようなもの?)がなければ、結びつかないとは思います。
上記のような普遍的真理は、本当は誰でも思い出せるものだと思います。
おそらく、生きることの方があちらの世界より大変だと私も思います。が、、、、生きることの経験、体験を魂に刻んでゆくことが私達が人間として生まれた目的だと思います。

愛=光 そのものになるために。。。。。

あとどれくらい?転生をしたらいいんだろう?
2011.07.28 00:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。