神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   6 comments

がんの特効薬は発見済みだ!

  
がんの特効薬は発見済みだ!がんの特効薬は発見済みだ!
(2011/03)
岡崎 公彦

商品詳細を見る


 少し前、この記事を書いて、今はすでに削除しましたが、検索ワードからきてくださる人がなぜか?いるようなので、なぜ?削除したかを含め、もう一度書きます。

この本は、本屋で立ち見中に、このジャンル(病気)のコーナーにいたわけでもないのに、これ一冊が、どこからか?紛れ込んでいるような形で見つけたので、これは、買いだと思い買いました。

現に、母親が、ガンを患っていて、がんの三大治療より他のものを探していたところでしたし、、、、、、


そして、これは画期的な内容だと記事にしたところ、鍵コメントで、ある方が、具体的な内容を私は知っているということを書かれていて、私は、もし、その内容を詳しくご存知なら、教えて下さいとメールしたところ、なしのつぶてなので、これは、、、、反対の意味があるのかな?と、、、そして、同じようにこの本が画期的だと書かれている方のブログを見に行ったら、その記事も削除されてて、私も、なんだか、不穏な空気を感じ削除しました。

本自体、内容の真偽は別として、挑戦的な本なので、、、、、、

もしや?著者がブラックな組織(笑)の圧力にでも、あいはしないのかと?思っていました。

削除後も、もし?それならば(狙われている)(笑)本物かと?思い、興味は消えなかったので、直接、著者に連絡を入れてみたら、な、なんと、本人に通じて、、、、、処方の方法もおしえてもらいました。

が、、、、、、、その、医師と話した感じなのですが、本人が遺書として、書いた本といわれるだけに、話た感じが、物凄くお年をめした感じのしゃべり方か?もしくは、全くの想像(妄想)ですが、、、、なんか?闇の組織に脅されているような疲れ具合、、、、どちらか?普通ではないという印象でした。

なので、ちょっと、どうかな?という点があり、いったん削除しました。が、、、、、

このビオタミン、ビオトーワが、もし?思い込みにでも、誰かに効いて、がんが治ることはそれはそれでいいことなので、もう一度のせておきます。

私の調査の結果、ビオタミンは今は発売中止だけれど、ビオトーワは、市販はされてはいないけれど、医師の処方があれば、手に入るようです。

もし、可能ならば、著者の医院でも処方してもらえることも確認しました。

この本のものが利権がなければ、広く世に出ているものなのか?もしかして、多くいろいろなもので治ったものと同じように、藁をもつかむ患者への治す力を出す、思い込みの道具となっているのか?私には分かりませんが、藁をもつかむ思いの方の一助になればと思い、再掲載しようと思いました。

がんは、いずれ、そのメカニズムがわかり、完治する、または、予防できる世の中になるだろうと、なんとなく、私は思っています。

また、たとえがんになっても、心の持ち方が非常に作用するこの病の根本的な看方が今後分かってくる気がしています。




のちに書いた <ガンの特効薬は発見済みだ!(2)> です。




スポンサーサイト

Comment

楽ちゃん♪ says... "バッチリ"
今日、ふnaiさんの所に遊びにいったら
この本が紹介されていました。@@

そらちゃんのアンテナ
感度、バッチリ ^^v
2011.07.15 23:25 | URL | #.uCT1OVw [edit]
そら says... "そのせいか・・・"
 楽ちゃん♪

ブログの裏舞台にはいろいろあり、どんなキーワードでここにきてくれたのか?という機能とかあり、、、最近、この本のキーワードできてくれる人が多くて、なんでなんやろ~と思っていたら、、船井のおっさんか~~^^

熱しやすい私、、製薬会社、著者のところまで電話してみたけれど、、、また、熱が冷め、、、^^;

今は、ガンはマリファナみたい(爆)

将来はマリファナ&思い込みで、ガンは平成の病気ではなくなるかも、、

楽ちゃん♪の名台詞、、
「ガンは昭和の真面目な人の病気」
運命的にそれになると決めてない人は。。。。

でも、この著者の先生、声とシャベリの感じでは、今にも死にそうな感じだったけれど、、、今どうなったのかな??

現物は(笑)案外若く元気だったり、、、藁をもつかみたい人にはいいものか?それとも、思い込みの一つのものか、
わからない?
母にと思ったけれど、、、そのうちに、冷めていたわぁ~

あ~~、あれは、簡単だから、、思い出したらやってる^^
レイキより、スーパーでバチバチくるより、エネルギー凄くわかる。どうもです。

そうそう、この本、一冊だけ、間違ったところにあるように、おいてあったよ。

だれか、試された方、いかがでしたでしょうか~~??

な~~んて、叫んでみる(笑)
2011.07.16 00:07 | URL | #- [edit]
coco says... "初めまして"
どこから辿り着けたのかもわかりませんが…
私は先日その本に載っているサプリメントを注文しました
到着まで日数が掛かるようで試せておりませんが
『だれか、試された方、いかがでしたでしょうか~~?? 』という問いに「ここに居りますよ~~」と伝えたくてコメントさせていただきました

その医師のクリニックは京都で現在とても混んでいるそうです
癌に効く水薬? ですが信じられない金額で入手できるみたいです
同じ薬を処方してくれる関東の病院へ先日連絡してみましたが8月まで予約で一杯でした しかも高いです…

初めてのコメントなのに図々しく更に長々とごめんなさい
2012.04.14 16:47 | URL | #- [edit]
そら says... "そうなのですか・・"
 cocoさん

はじめましてe-466初めてとか、長々とか、ぜんぜん気にしないでクダサイネ。嬉しいです。

そして、ありがとうございます。

私はあの本に劇的に会い、いろいろ研究してみましたが、あれ以来、なんだかあの本を見たという人も増加中のようです。

私も母親のために勝手に、岡崎先生に電話し、処方しますよ、というところまでお電話で話はしたのですが、母が高齢(、、、、といっても70代中盤)なのと、本人が死というものを寿命まで生きればいいという安らかな気持ちでいて、どうしても排除したいという気持ちがないので、本人に任せています。

cocoさんのお年はわからないのですが、最近、ガンは繁殖をすぎたような年齢のものは(笑)自然に任せて枯れていくように(老衰)生を終える、いい病気だということをいう人も出てきて、私が長年いろいろな人のがん治療の様子を見聞きし、疑問に思っていたことが私の中では答えもみつかりました。世の中は往々にしてお金儲けの構図で成り立っているので、ガンも予防、健診、治療(薬、、)研究、、、様々に密接に関わりあっている構造があり、今後は、病気も医者任せ病院任せにするのではなく、自分がどう生きたいか、死にたいか、という選択権を持ち、老化や病気とも向き合ってゆきたいと考えるようになりました。

このビオトーワ(今は発売中止のビオタミン)は、私が思うのに、オロナミンCくらい、昔なら、ポピュラーなビタミン飲料水くらいなものではないのかと?思います。

もしかして、どこかの製薬会社がそういうことを嗅ぎつけて、岡崎先生のご厚意の治療でまた、儲けるようなことになっていくような悲しい社会になっているのでは?と、ちょっと悲しく嫌なことも考えてしまいました。

また、ガンに効くものは、別にもあるようですが、、、、、全てはお金儲けに繋がる社会構造があるようで、最近はネットで裏事情をいろいろ知り(様々な分野で)表に出てきているものは原発事業など、、、、人の命などお構いなしで儲け(お金)ありきのようなので、安価で簡単なものは排除されてるようです。

cocoさんのブログも少しだけ見させて頂きましたが、母と同じようなお考えのようなので、きっと、共存できる方だと思います。

ガンを病院ではたたいてしまいましょうといういい方をされますが、ガンも自分の一部です。ガンによって、何か?に気付いたり、または、生き方の変更などをおしえてくれているのではないのかと?または、たとえそれで命を落とすことになっても、そうでなければ得られなかったものを体験し、私達は肉体だけではない永遠の命を生きる旅を続けてゆくのかな~?と、思います。

本当に、超長文になりました。

ガンや老化、病気、命、、、、など、としをとるごとに思うことも多くなり、日々学んでいる毎日です。

ガン治療も、本当は安価で苦しむこと無しに行なわれる社会構造になればと願わずにはいられません☆ その封印が解ければ、ほかにもいろいろなものが出ると思います。

2012.04.14 22:08 | URL | #- [edit]
BOSS says... "シンクロでしょうか"
またまたコメントしてしまいます。
今までは携帯版で書いていました。
おかしいなぁ、と再検索したら元ブログがあったんですねぇ。
で、開いた場所がココ=ガンの特効薬でした。

実は今日、ソレを教えてあげた方からお礼を戴きました。
その詳細をお話しします。

その方の知人が、3大治療を受け、背骨までに転移してしまい、余命はわからないとまで言われたそうです。
くしゃみをすれば背骨が折れるという状態でした。
そんな折りに、探し当てたのかガンが治る薬を処方してくれるという病院だそうです。
そんなタイミングで、私が教えてあげた特効薬の情報がご本人さんへ伝わりました。
以来、この5ヶ月間にわたって ビタミンB1誘導体 を処方して戴いてきたとのこと。

最近では自宅療養に移られるほどになりました。
抗がん治療をされた病院での検査結果では、ガンの進行が止まったままで、不思議なことだ!と先生が驚かれてみえるそうです。

おそらくは、プラシーボ効果も重なっての効果とも思います。
でも、確かに見放された状態からの復帰を果たされつつあります。

他にも類似のご報告を聞いています。
なかなか信じてもらえないですが、広くこの情報を教えてあげてきてよかったと思います。

それと
ビタミンB1誘導体ですが、私の住まう所の大病院でも置いていません。
ならば、処方薬局ならばと調べましたが、どこも扱っていません。
なにかウラがあるのかな?と疑ってしまいましたが・・・。

また、サプリメントでは脂溶性でないモノが多いとの情報を聞いています。
そこで、薬の製造について調べましたら、ありました!
富士薬品の「フジミンEX」の中に、なんと138.3mgも入っているのです。
眼精疲労・肩こり・腰痛のサプリなんですけどね、ハイ。
専門の薬メーカーですから、品質には間違いがないと思っています。

それと、生のアーモンド。
amazonにて1kg1200円~980円で扱われています。
私の周りでは多くの方が利用されています。もちろん私も家内も・・。
1日2粒で数ヶ月もってしまいますね。
ビタミン類ですから、熱を加えたら破壊されてしまいますので、生!です。
ミネラル分も豊富ですから、そちらの面でもイイですよね。

果実ですから、生でもおいしいですよ!
栗の生ならもっと甘いですけどね。
でも、ちょっとあの皮が口に残ります。

あの岡崎先生のお弟子さん?が各地におみえのようです。
大病院ではなくて、町医者として開業されているようです。
そんなお医者さんならば、ビタミンB1誘導体は処方してもらえるでしょう。


本を読まれて、ご存じかと思いますが
このガンへの取り組みは、未だかつて無い視点だとビックリしました。
普通は、予防か治療の処方ばかりです。
がん細胞へと変化していく過程にメスを入れられているのは、私の知る限り初めてのことではなかったでしょうか。

いまや、末期ガンの治癒率が60%に達したとか!?
でも、既に100%の治療方法も数十年前に見つかり、発表されていたのですが、
残念ながら今なお闇の中に隠されたままのようです。
詳細はここでは書けないのですが。
でも、そう遠くない時に表に出てくるのではないでしょうかね。

ちなみに、先の方のその後へのアドバイスとして
オキシトシン=幸せホルモンを出すコツをお教えしました。
きっとこれからは回復へと向かわれるでしょう。

まだ小さなお子さんと素晴らしい人生が送れますようにと祈っています。

2012.04.17 18:38 | URL | #- [edit]
そら says... "やっぱり・・・・"
 BOSSさん

シンクロですね。。。やはり、なんらかで縁ある方々、ソウルフルな方々はどういう形でも出逢えるようになっているのでしょうね☆

BOSSsann,さすが、長く研究されているだけありますね。

この文章も有り難くお借りしますe-466

あの記事(ガンの特効薬は発見済みだ!)では沢山の人が検索してよくこられていました。

私の両親は両親共リンパガンですが、父は予定どうりに亡くなり(三代治療をし)母は、十数年共存しているという不思議な両親を持っていることもあり、ガンの研究もこわごわ(笑)しています。

がん治療も本当は大麻?とか、あるようですが、それこそ闇の中です。

岡崎先生の本は、本当に手にとらされたという感じで買い、もしかして、亡き父やハイヤーセルフがとらしてくれたのかと?思います。

そうなのですか、、、岡崎先生のお弟子さんや、フジミンexという薬。。。。。

つい最近、そのことでここにこられたcocoさんへ、良い報告ができますね。

世はまさに、様々なことが白日の下にさらされ、真実の扉も開き始めました。さらに自分を研究し、直感や閃きで持ち、本物を嗅ぎ分けてゆきたいものです。

今後とも、よろしくお願いします。

2012.04.17 21:48 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。