神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   10 comments

原発事故、ここから何を学ぶ

 私は「意識変換」後、約20年くらい社会の動きと人の意識をみてきた、自称(笑)社会派スピリチュアリストです。

このままではいけないということは大体わかるようになりました。原発は、あきまへんね(笑)今となれば誰も、やめよう!という意識が働いていると思います。

こういう悪しき仕組み、または慣習はいくところまでいき、わかり、変換してゆく意思を多くの人が持ち、世論は動き世の中は変わっていくということです。


新しい時代には、サスティナブル(持続可能)でエコ(自然に優しい)なエネルギーが必要です。今すぐにはフリーエネルギーは無理でも、風力、太陽エネルギー、、、、、等、開発を進めることが必須です。


世の中は利権もからみ、リスクを無視し、原発をエネルギー事業のもっとも有用なものとして今まできました。太陽、風力エネルギー、、開発は大変なコストがかかるようにしてきた経緯があることが、一般化は無理とされてきたことのようです。

しかし、世界の賢い国々は今回の日本の事故を見て、原発推進を考え直すという動きも出てきました。もちろん、わが国も、国家対策として、早急に考えないといけないことです。

独占してお金を儲けるという競争社会の世の中から、共にみなが、必要なだけ豊かになり助け合うという共生の世の中にシフトしてゆかないと、地球は傷だらけ、その中の人の心もさらにすさんでいくことになります。

世の中は、世界は、このようなことが山ほどあります。今回の原発問題を機に、一人ひとりがそういうことも考えてゆかないといけないと思います。

地球が進化していますから、もはや、自分さえよければと思い行動するような人はうまくいかないことになります。




本日は、やはり、見えない世界の(スピリチュアル)を現実生活に社会に上手く生かしてゆきたいとネットを通じて共に学んでいるルナ☆さんが、勉強会にいき、学んでこられたことを紹介したいと思います。




先日の日曜日『今、わたしたちにできること』という震災イベントへ行って来ました。

地域の反原発運動から環境問題等多岐にわたり、さまざまなNGO活動に関わり、
環境・経済・平和において持続可能な社会を目指して活動されている田中優さんが
講演されたお話の一部が、ブログにアップされていました。

田中優 “持続する志”
 http://tanakayu.blogspot.com/

少し怖い話もありますが、知らないことの方が怖いので転載します。
長くなりますが、お許しください。

**********************

「2011年3月15日、今日から空気は危険になる?」


●東京に来るかもしれない放射能

(前略)
あわてなくていい。東京までの距離は約220キロメートル。
風速3メートル程度であったなら、届くまでに18 時間かかるのだから。


●放射性ヨウ素131を避ける

核爆発は起こしていない現時点では、福島原発周辺の風も弱かったので気体以外は
ほとんど飛んでこないだろう。
中でも気にしなければならないのはヨウ素131だ。
これは甲状腺に貯められてガンなどを引き起こす。吸い込むだけで吸収する。
もともと大事な元素で自然界には「放射性」のヨウ素なんかなかったから、
生物は無警戒に体内に集めてしまうのだ。
特に子ども、胎児に影響するので採らせたくない。
そのためには、先に甲状腺を放射性でないフツウのヨウ素で満たしておきたい。
そうすれば排泄される確率が高くなるからだ。
 
本当は「安定ヨウ素剤」がいい。
人々が入手できずにいるのに『専門家』なる人たちはこう言う。
「医師が処方するものです。原子力災害などの緊急時に、
指定された避難所などで服用指示があった場合のみ、服用してください」と。

東京に流れてくる可能性があるのに、それだけの備蓄があるのかと聞きたい。
『専門家』なるものは、見殺しにする専門家なんだろうか。
でも、他のもので代替しようとすると副作用もある。
40を超える年齢には効果がないとも。
だから『医食同源』で考えるしかない。
病院で甲状腺の検査をするときには、その前一週間は海藻類を食べないように指導するそうだ。
つまりその分が影響する。ならばそれで防ぐしかないだろう。
食べすぎれば問題だが・・・。


●いつまで気にしなければならない?

しかしヨウ素131が分解して放射線を出して安定し、
半分に減るまでの期間は8日だ(これを半減期という)。
8日ごとに半分に減っていくから、もし一日で放射能が届かなくなるなら80日間経てば千分の一以下に減る。
つまり80日間だけ、放射能の入っていないヨウ素の入った自然のものを、
食べ過ぎない程度に、子どもたちには多めに食べさせるようにしよう。
その間に周囲は千分の一以下の放射性ヨウ素に下がっているはずだからだ。

しかし核爆発が起きたら、しかも風向きがこちらに向くなら、
たくさんの長寿命の放射性物質に囲まれることになってしまう。
今回排出されたひとつは放射性セシウムだった。
これは半減期が30年を超える。
子宮や筋肉に集まる。放射性ストロンチウムでは骨に集まる。
そこでガンなどを引き起こすのだ。
しかし千分の一以下に減るには300年以上かかってしまうのだ。
半減期は厄介な問題だ。
福島第一発電所の三号機のプルサーマル燃料として使われているプルトニウムでは、
半減期が2万4千年もある。
だから放射能と生命は共存できないと主張してきたのだ。

今朝のニュースの第一、二号炉の爆発はまだ核爆発ではない。
これまで破られていなかった格納容器内での爆発だから、
放射能を多く含んだ煙を排出しているものの、それは核爆発ではない。
「絶対安全」と言い切ってきた推進派、電力会社に責任を取ってもらおう。


●みんなで被害も分かち合う

「だから東北産の食品は食べない」というのは正しくない。
降り注いだだけなら水で洗い流すことができるからだ。
しかし約一カ月経つと食品の中に栄養素として入り込み始める。
だから当面は変わりなく洗って食べていればいい。
その後は濃縮される率が問題になる。
植物は濃縮度が低く、食物連鎖の上位(例えば肉や卵)にいけばいくほど高くなりやすい。

しかしそれ以前に、東北の人たちにだけこの被害を押しつけるのはおかしくないか。
ぼく自身を含めて現実に止められなかったのだ。
だからもし被害を受けるなら(原発をこれまで推進してきた人は相応の責任取るべきだが)
人々全員で等しく引き受けるべき被害ではないか。
ましてや海外の貧しい国に送ってはいけない。
過去に貧しい国に輸出されてしまった例もたくさんあるのだ。

しかし子どもたちだけは守らなければいけない。
親が汚染したものを食べて、子どもたちにだけはなるべく安全なものを届けるべきだ。


●生きなおすために

原発内部の燃料が冷えるには約三カ月かかると言われている。
そうならあと三ヶ月間は心配しなければならない。
それまでは爆発やメルトダウンの危険性があるのだから。
そして空に飛散した放射性物質は、雨とともに降り注ぐ。
だから風向きと雨次第で放射能が土地に濃く残ったり、ほとんど残らなかったりする。
しかしその被害を受けているのは私たちだけではない。
ボスニア、イラク、アフガニスタンに、たくさんの放射性物質「劣化ウラン弾」を浴びせてきた。
原子力の開発のために放射能汚染された大地は、 世界中に数え切れないほどだ。
私たちはこれほど地球を生きられない場所に変えてきたのだ。

明日から変わろう。
汚染するのではなく生かせるように、
壊すためではなく新たなものを作るために、生きよう。
この悲劇が、あの時点から変わったと言える変換の時にできるように。
今日からは徹底してほしい。

外から帰ったら、家に入る前にマスクをした まま埃を落とそう。

もし風で届くなら、昨日までとは違う世界に生きなければならないのだ。





翠さんより、原子力のスペシャリスト 大前研一氏の動画です。 どうが~~~!(笑)まいったか~~^^

             
      




地震も放射能も誰でも、マジ、怖いっすよ~~~~~~!

「今を生きる」とは、そんな素直な気持ちを隠さないで、こぇえええええええよぉおおおおおおおおお と、叫びましょう!!

わしは、少し前、おっか~~の放射線治療で、こぉぇよぉおおおおおおおおおおおおおお と、予行練習しましたぜ!

そんなおっか~も、今日が最後の治療、、、、18日退院どす

彼女はやはり、若きイケメン医師(溝端淳平 似)のお蔭で(笑)ほとんど快調な入院ライフのようでした(笑)

がちょ~~~ん。一番騒いだのは、オイラでした。。。 

ツイッターの中で、誰かが、関西人は、どんな現実も受け止め、それを最後は笑いにまでもって行くハイテクニックを持っているといってくれました。


笑えよ~~  皆の衆(笑)   お   わ   り 

スポンサーサイト

Comment

翠(みどり) says... "大前研一博士の原発事故解説"
そらちゃん、おはようございます。

マサチューセッツ工科大で原子力の博士号を取得された、大前研一博士が、今回の原発事故について詳しく判りやすく解説した模様が、YouTubeにアップされてます。
東電、原発について気持ちいいくらいばっさり切っています。

長時間ですが、非常に参考になりました。

よかったらご覧ください。

わたしの師匠・八雲先生のウェブ・ページ「大前研一ライブ」
http://oyashima.way-nifty.com/blog/2011/03/bbt-6ccd.html

YouTubeはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ&feature=player_embedded

2011.03.16 09:32 | URL | #dWmfsbRs [edit]
めーやん says... "こえぇぇと叫び‥"
ども!!原発もそうですが、それより私は異様に地震の揺れが怖く、それがマックスになり、夜中の震度3の余震で「おか〜ぁ〜ちゃーーーん、こぇぇぇーーよぉぉぉ」と叫び、泣いて、その翌日会社にいき、「今日から休みます」と宣言!! で、ただいま関西への帰途です。
周囲への迷惑とか、業務の滞りとか、色々考えて、私って身勝手‥っておもったんやけど、怖いし、寝られんし、そんなもん仕方ない‥。これでクビでもえぇわって決心してきました。とにかく帰って爆睡したい(p_-)
2011.03.17 09:47 | URL | #- [edit]
そら says... "関西は今んとこ"
 ほとんど揺れてません。

ゆっくり休んでね。関東の方は感情を表に出すことがヘタなかんじがあるので、こもるのでしょうね。でも人に迷惑はかからない?

関西は感情を出すことをするので、発散、人に迷惑がかかる?

何事もトントンか〜〜〜^^;

2011.03.17 10:13 | URL | #- [edit]
楽ちゃん♪ says... "ポカポカ"
お〜い 
そらちゃん & めーやん

聞いて♪ 聞いて♪
今朝、近所のコンビニに寄ったら
こんな張り紙!@@

「私達は停電しても 
 お店から商品が全て無くなっても 
 24時間お店を開けています。
 暗くて怖かったり
 一人で淋しかったりしたら
 いつでも此処にいらして下さいね。
 日本は大丈夫!
 また 復興して 
 みんなで がんばろう
 地域の皆様へ 
 日頃の感謝を込めて 店長」 

店長の温かい言葉が嬉しくて
楽ちゃん♪ポカポカになりました。
ポカポカのお裾分け届くといいなぁ。。^^v  
2011.03.17 13:57 | URL | #.uCT1OVw [edit]
ルナ☆ says... "めーやん、丸ごと届きました♪"
神戸経由で乗り換えの時間まで、うちのお店に寄ってくれました。

今は少し疲れてると思うけど、ゆっくり睡眠をとって、
田舎の山を見てキレイな空気の中深呼吸したら、
また新しい力が湧いてくるよ☆

聡明で、たくましいめーやんは大丈夫^^



2011.03.17 16:47 | URL | #- [edit]
楽ちゃん♪ says... "神風&祈り"
阪神大震災等の災害を経験された方達は。。
リアルにその記憶を思い出されて。。
本当にお辛いですね。
ルナ☆ポンがめーやんと一緒で好かった。^^

★JOYヒーリングの会★
〜 メルマガ 〜(^^)v
2011年3月17日(木)配信の一部を紹介します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは。
「JOYヒーリングの会」事務局の林谷です。
今!被災していない、私たちはどうすれば良いのでしょうか?
ケビンは今!、「どうか自分の内側を見つめて下さい」
と、おっしゃっています。

福岡の会員さんからの情報です。

バガバァンが、自然が、ありとあらゆる手を使って助けてくれてるんだ!
なぜ今、急に日本が異常にさむいのか?
何で風は海にしか吹いてないのか?

そう思っていたら、他の福岡の会員さんがtwitterで、
こんなつぶやきを見つけてくれました。

----------------------

福島第一原発における、放射能流出状況が改善されていないのに
首都圏の放射能値が低い理由は、

非情に強い西高東低冬型気圧配置が神風として作用し、
季節風が放射能気団を太平洋に押し流しているせいだと考えています。

----------------------

自然も日本を守ってくれています。
バガヴァンも日本を守って下さっています。

どうぞ!落ち着いて下さい。

ディバインに感謝して、被災地域、原発に平和なエネルギーを送りましょう。


【JOYヒーリングの会の会員のお医者様からの、放射能対策アドバイス】

会員のお医者様から、放射能対策のアドバイスをいただきました。
可能な方は参考になさってください。
こんな時だからこそ、ご自身の直感を大事にしてくださいね。

詳しくは以下をご覧下さい。
PCの方
http://blog.joy-healing.jp/archives/2011/03/17_934.html
携帯の方
http://blog.joy-healing.jp/k/index.cgi?mode=individual&eid=424

他にも 神風について書いていらっしゃる方がいます。

http://www.arkworld.co.jp//cgi-bin/eveheart/spiritual/text.cgi


2011.03.17 19:44 | URL | #.uCT1OVw [edit]
めーやん says... "まるごと無事到着。"
そら姉、楽ちゃん、ルナ☆っち、ありがと〜!無事に真っ白な但馬に到着しました。
まずは私自身を休め、リチャージしま〜す。
ほんまにあったかいみんなの心に感謝!\(^ー^)/
2011.03.17 21:23 | URL | #- [edit]
そら says... "うっ?バカボン"
 楽ちゃん♪ ルナしゃん 

 ついに、バカボンも神になったのか〜〜(笑)

私の今の神は現在、こんにちは(こんにちワン)のあのcmに洗脳され(笑)頭の中に鎮座しました。ac神です(笑)

まだ、西日本には大魔王はこないので、ヘラヘラしています。(内緒)

めーやん、そうなんだ^^

そして、思ったんだけど、放射線、おっかぁは(私の)直接人体に結構毎日あててたんだけど、、、、、と、思うと、そんなに騒ぐこともないかな〜〜!と、不謹慎かもだけど、、、^^;

でも、その放射線当てるとき、ドヤドヤ医者はやってきて、いざ、照射の時は、医者はみ〜〜んな逃げて、私一人が残されると、、、大笑いしてました。。。。

明日、出所し(笑)シャバへ出てきます。

大魔王は、まだまだ、お怒りでしょうか〜?
2011.03.17 22:19 | URL | #- [edit]
ルナ☆ says... "大魔王は少し沈静化?^^"
先日行って来た講演会のすぐ翌日、主催者の中の動ける人達が、
トラックに義援金や支援物資を詰め込んで大阪から被災地に向われました。

てんつくマンという方が宮城県石巻あたりから
被災地の様子をレポートしてくれています。

いろいろな情報が飛び交っていて、何が真実かわからなくて不安が募っています。
何か支援をしたいけど、どう動いていいのかわからない方も多いです。
本当の、リアルな情報を知ってください。

 http://www.tentsuku.com/nikki/index.cgi


*********

被災地に行ってきたけどね、ほんまに街が飲み込まれるって感じやった。

3、40メートルもある防風林が次々に倒れ、田んぼが一面水で、
たんぼにカモメが飛んでいるという不思議な光景やったわ。

とにかく、ツイッターで流れてる内容や、
いろんな人から来るメールの情報がガセネタが多いことが現場に来たら分かる。

ガセネタをいくつか紹介するな。

●『今は災害地に来ない方がいい!』

と良く言われるがそんなことはない!

とにかく物資が足りてる所と足りてない所の差が大きい。
来るなら体だけじゃなく、トラックに食べ物や飲み物をいっぱい積んで来てあげると喜ばれる。
腐らないパックの物や缶づめやお餅などは喜ばれると思う。

身一つでは今のところ、行政の人も忙しいから対応に困られる。
よく、行政に任したらいいと言うが、
今、俺らがやるのは行政の手が回らなくて支援が届いてないところ。

とにかく現場に立つと、被害の大きいところに支援が来てないねん。
ここに自衛隊を送り込んで、車をどけていたら、
どれだけの支援がはいるかっていう場所がいっぱいある。

●『注意点』

? とにかく大事なんはガソリンの確保。

ガソリン缶にガソリンをたっぷり入れてから来ることが大事!
仙台市ではガソリン待ちの人が2キロも並んでいたりした。
仙台の街は地盤が固いのか少しの建物しか壊れていなかった。
こっちでガソリンを入れるのは非常に厳しい。
ガスけつになってる車が多い。


? 道はずたずたで災害地に来たくても来れないという嘘!

道は悪いが来れる。


? 証明書がないと入れないという嘘!

なんの証明書もいらず入れる!


こういうガセネタによって今、立ち止まっている人が多いと思う。
とにかく困っている人がいっぱいいる。
福島原発の風向きを考えながら、ぜひ、助けに行ってあげてほしい。

トラックに物資を積んでくる人は、まず、名取市増田児童センターに行って、
黒澤さんという方がいらっしゃるので、どこに持っていけば聞いたらいいと思う。

放射能以外、危険なことはほとんどない!

だから今、困っている人がいっぱいいるから、ぜひ、助けに来てあげてほしい。
2011.03.17 23:08 | URL | #- [edit]
そら says... "ありがとうございます"
 ルナ☆さん 
ありがとうございます。(忙しいのに、、、)^^

そうですね。阪神大震災の時は、そうであったことでも、今回はそうでもないとか、、、いろいろな相違点もあるでしょうね。

そして、情報は明らかにおかしな分はおいといて、人の思いの違いによる思いやりにおいてのものでしょう。

が、私達は、まず、動揺せず普通の生活を普通にすることが自分のすることで、それが出来てこそ、その先の真のボランティア精神へと繋がると思います。



2011.03.18 12:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。