神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   0 comments

家庭はスイッチオフの場

 昔、くれない族の反乱という言葉が、あるドラマの中で流行りました。

主に、妻が夫に対して、~~してくれない、くれないと、不満を言うものです。

で、最近、テレビを見てて、占い師が相談を受けるというものがありました。


ある、子育て中の妻の相談が、「夫が子育てに参加してくれない、それどころか、本当に子供がかわいいのか?というくらい、会社から帰ってきたら、無関心で、すぐに、疲れたと寝てしまう」という訴えでした。。。。


そこで、占い師は、

あなたは、どういうお金で子育てをしていますか?と、、、、ご主人は、外で一生懸命働いて、お金を稼いで家族を養うということで子育てに参加しているのです。人間、いつもいつも一生懸命だとやっていけません。ご主人は家という場で、スイッチをオフにしているのです。また、それが出来るからこそ、家で、気が抜けて、また、仕事に頑張れるのですよ。

たしかに子育てなどの家事はエンドレスで大変です。しかし、子供が成長したらその姿から必ず、苦しかったけれど宝物を与えられる瞬間がきます。

今の世の中は一歩外へ出れば、会社も、学校も戦場のようなものです。せめても、家では気を抜き、ホッとできる空間を作ってあげてください。それが、出来る時間と空間を許してあげてください。

あなたのそういう苦労は必ず報われます。



そういわれると、相談者は顔さえでてなかったのですが、口調が穏やかになり涙を流し始めました。

反対から考えたら、世のお父さんは、大変な仕事を家族のためによく頑張ってくれていると私もつくずく思います。(正直言ったら、意識変革してからですが)(^^;)

お昼はワンコインで、最近は飲み会もほとんどなく、家ではうるさい妻がいて(笑)どこでストレス発散どころか、休息をとるというのですか。

サラリーマンも、自営の人も、いろいろと大変な世の中です。

最近は共稼ぎしないとやっていけない時代のようで、世の中はもっと大変になったと若い方には頭が下がります。

私達世代の専業主婦が出来た時代の妻は、せめても帰りたい家を用意してあげ、スイッチオフになっても、しかたないということを心にとめて接してあげていたら、いずれ、その余裕が返ってきて、夫や子供から温かい気持ちを感じることが出来るようになりました。(そうしてくれていたことをちゃんとわかっていてくれています)


何事に対しても、被害者意識を持つことはよくないですね。


ちなみに、ここだけのぶっちゃけ話

若いときの夫は時間的余裕もなく家に寝に帰る様なものだったから気づかなかったのですが、最近、帰宅時間が早くなってみたら、けっこう、テレビを見ながら、自分が嫌いな政治家などに、ぼやいたり、酒飲んで女性キャスターの品定めして、これは前からですが、リビングでそのままzzzz~~~~

長女は要領悪いので、外でめいっぱい頑張るようで、家に帰るなり、めちゃくちゃ不機嫌でたまに暴力団と化(爆)します。。

私とて、人のこといえないめっちゃおバカさんです。

家はそういう癒しの場。。。。。。。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。