神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   9 comments

「ハトホルの書」

 おはようございます。

昨日、「ハトホルの書」の抜粋をつぶやいたところ、ある方から詳しく教えて下さいと質問があり、では、長くなるのでこちらで書きますということで。続きです。
 


自分自身の無意識は避けて通ることが出来ない、高次の霊的神秘を見出そうとする前に、自分自身の無意識に降りていかなければならない(ハトホル)


これは結構難しい「ハトホルの書」からの抜粋ですが、古代エジプトでは高次意識を獲得するために神秘学派に入門し、秘儀参入者(イニシエート)達は神殿に赴き教を受け難問に取組んでいました。しかし、ハトホルは今日ではあなた方は肉体を持ちながら人間関係や仕事や精神的・霊的探求でぶつかる試練こそ高次意識にいたるための試験つまり、現代版イニシエーションにほかならないといっています。
人生の苦難は自分の人生の展開には自分の意識も一役買っていることがみえないからです。(ここは、よく私がいう意識が現実を創るということです)



長いので中略、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


ここは支点ということが「シーソー」の働きを引用して書いてあり、二元性の極性の特徴(何かが上昇すれば何かが下降するというようなこと、シーソーの両端が上下運動を始めると支点は摩擦や活動の増加を体験します

そのシーソーの支点こそが、あなたの「イニシエーションの入り口」であり、高次意識への道です。
(シーソーがつりあった状態というのは支点は摩擦がなく、活動も激化してないはずです)

中略、、、、、、、、、
  

(、、、、、、で、全ての自分におこる出来事は自分の意識が関わっているということが納得理解ができた?なら、、、なぜ?そうはおもえないことも生じているのか?ということから、これは、無意識という普段では分からない領域からのものがそうさせている可能性があるので、その自分ではなかなか分からない未分化なところからの意識があることに気付き、バランスのとれた意識を維持するために特に高次に行けば行くほど一方ではそれだけ深く掘り下げる必要があるようです。主に中年期に生じる危機的状況から、地道な作業をやっていくのは辛いけれど、中年以降の大事な仕事「個性化」が、自分がじぶんらしく生きる道に至るのではないのでしょうか?

「個性化」は、ユング心理学の代表ともいえます。人が(意識と無意識=自我と自己を)統合した時自分の「心全体」を体感し、これが自分なんだと確認できた時、人は真の幸せに至るという壮大な中年期のストーリーがあります。その試練が中年クライシス(危機)というような時期だと思います。また、これは、クリエイティブイルネス(創造の病)ともいわれ、小説家などがそういう病気の後クリエーティブなものを創り出すというようなことが現代は一般化しているようです。


最近、シンクロで質問があったことを無理やり繋げてみましたが、実は、私も明確には説明できないという点はあるものの、今まで、リアルでカウンセラーしてきたことは、ほぼ、こういうことが多かったです。それは、カウンセラーの経験に基づきクライエントさんはこられるようになっているようで(私自身が経験したこと)必然なのです。

正直いえば、それは私自身もかなり深い世界へ入るので、非常に疲れますが、そこは、やはり縁がある世界ということで、自分の心身の状態を観ながら、この問題にも取組んでいきたいと思います。


自分の人生は自分の意識で創るという能動姿勢になり、責任を持てたなら、自由意志が与えられているということが実感できます。人生の後半は、自分がより自分らしく、人とは違うけれど自分はこうしたいという意思を持ち決断実行してみたら、それにより、失うものもあるかもしれませんが?そちらの自分がより自分らしく、流れる感情も摩擦がないということも実感できます。

「ハトホルの書」から「中年クライシス」「個性化」「クリエーティブイルネス」まで、むりやり繋げてみました。


  
ハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージハトホルの書―アセンションした文明からのメッセージ
(2003/03)
トム・ケニオンヴァージニア・エッセン

商品詳細を見る


  
手にとるようにユング心理学がわかる本―「自分の心の正体」はどこにあるのか?手にとるようにユング心理学がわかる本―「自分の心の正体」はどこにあるのか?
(2004/01)
長尾 剛

商品詳細を見る


  
こころと人生こころと人生
(1999/06)
河合 隼雄

商品詳細を見る


 などなどを参考にしました、、、、、。

自分でいうのもなんなのですが、、、、、、心理学のカテゴリーに結構いい事書いてます。(ボリボリ)(笑)




チカレタビ~~~~~~


今日のご褒美、、「サッカーキリンチャレンジカップ」テレビ観戦 わぁああああぃ
スポンサーサイト

Comment

オスマンサンコン says... "ビチクリ〜"
あれれ? 文字がバグったのかな? ごめんなさい。上のコメントは削除して下さいましぇ〜

また 出直して参ります〜。
2010.10.08 19:00 | URL | #mQop/nM. [edit]
まみこ says... "No title"
思えば私もクリエイティブイルネスを経験していたように思えます。
ここ数カ月の、宗教団体を離れ、仕事も辞め、金銭的にも精神的にも長年追い詰められていることをはっきりと両親に打ち明けた結果、10年間書くことができなかった小説が再び書けるようになりました。ブログなどではちょくちょく書いたり、文章力が必要な仕事で褒められたりもしましたが、どうしても小説を書くまで発展させることができないでいました。こういったクリエイティブな活動ができるのとできないのとでは、自分で思っていたよりも全く気分が違うと実感しました。
「自分の人生は自分の意識で創るという能動姿勢になり、責任を持てたなら、自由意志が与えられているということが実感できます。」この部分はまだまだ勇気のいるところとなりますが、少なくとも責任を他になすりつけるのはやめにするというところから努力していきたいと思います。
2010.10.09 01:05 | URL | #- [edit]
くま says... "誰だ、七面倒臭い質問したのは?(笑)"
人はそれぞれ、一緒に生活していようと観ている、感じている物は違います。
それぞれ違う次元に存在してるかのように。
人生が合せ鏡のように自分が創造しているのが解ったと思っていたのですが・・・解っているだけでそれを
コントロールすることは出来ないでいました。

でも、今回の空さんの記事を観てなんとなくそれを
コントロールできそうな感じになってきました。

現実は100%思い通りという風にはならないのかもしれませんが、すくなくとも、
意図した状況なんだと感じる事ができるかも・・・。
このところ、起こる出来事を斜め後ろから眺めているもう一人の自分を感じるようになり、
それはそのことに
一喜一憂しながらも、覚めているもうひとりです
なんとなく、寂しいような感じではありました
だって、次の瞬間には、いや同時にその出来事を冷静に判断しているのですから、この人のこの感情に対して
起きたこの自分の感情はどこから来たのかとか・・・
ん〜〜 文にするとまどろっこしいv-15

この状況なら、将来身内に不幸が起きても、もちろん泣きながらも、この状況はと分析しているのでは
ないかと・・・妙な気分。
なんか、うまく表現できないなぁ・・

だれだ 本当に面倒な質問して!
2010.10.09 09:23 | URL | #- [edit]
(まみこさん) says... "人生トントンです"
 こんにちは〜
いろいろな人(テレビの世界も含め)をみていると、人生はトントンだな〜!と、つくづく思います。苦労した分は、その人がそれをちゃんと受け入れれば、それに答えは付いてきてますから収穫はありますが、、、いつまでも、あいつが悪い、あれのせいだといいながら、一生を送る人もいます。

芸術家肌(クリエイティブ)の人は、よけい、成功(成長)の前に、苦しまれることは多いです。その苦しみは、決して無駄ではなく、のちのち、有り難かったということになります。

それに気付くか?いつまでも、逆らうか、大きな違いです。

まみこさんは、若いうちに大きな転換をされたのですから、それを自信に、無理せず、分をだんだんひろげるという風にしっかり生きていって下さい。




2010.10.09 11:27 | URL | #- [edit]
(くまさん) says... "昨日は充実の一日でした〜"
 くまさん  こんにちは〜

昨日はたぶん、ツイッターで狂ったほどつぶやいてまして(サッカー)うるさく、どうもe-466

そうですか〜No2は出現しましたか〜〜v-424
では、そこからは自由ですよ、、、、好きな道選んで下さい。なぜ?寂しいのでしょうかね〜〜??

これからは、二人の自分も意識しようと思えばできるし、そうでなければ、おもいっきり喜怒哀楽、、、、ど真ん中でいられますよ〜〜
だって、、、、昨日の私(サッカー狂のつぶやき)、、それを見ているもう一人の自分なんて、、、ひっこんどいてもらいましたから、、、、、(笑)

自分自身に自由になれるということで、主にNo2にはヤバイこととか、相談ごとの時、出てきてもらいます。

あとは、はちゃめちゃおばさん(笑)ぜんか〜〜〜いv-408[v-221

2010.10.09 11:40 | URL | #- [edit]
くま says... "寂しいとかんじたのは〜"
楽しいのに、冷静にそれを眺めている
冷酷かのような自分が居ることは
心からそれを楽しんではいないのではないかと
感じたのです・・・。
計算づくで楽しんでいる感じで
違和感です。

鼻のボタンを押したら出てくる No2は考えてみたら
かなり幼い頃から僕には居たな・・・
今 思い出した。それで良いんだ、勝手に自分は根暗だと思っていただけだ、
本当に根暗が結婚して高三の受験生が居るわけがないv-218
2010.10.09 22:32 | URL | #- [edit]
(くまさん) says... "私もいました、、、^^;"
v-390 私は反対にみんな、そういうものだと思っていました(笑)
一人っ子だから、よけいに仲良しなセルフさんがいました。
根暗なんて、、、、、かなり、根明ですよ。。。(私の場合)

それがいけないなんて、、思っても見なかったv-390 解釈の仕方で、こうも変わるのなら、自分のいいようにいろいろこれからしてゆきましょう!!自分の創造主は自分だから、、、、、聞いてみるものですね。。

私はヘラヘラしすぎだから、ちょっこし、根暗も足しますかぁ(笑)

*鼻のボタン?v-408 私はどこのボタンかな?
え〜〜〜と、、、、
ボタンというより、思考チェンジで、
脳?心?のスクリーンを思い浮かべるみたいなやり方かな? だんだん秘密のベールが、、、、
2010.10.09 23:05 | URL | #- [edit]
オスマンサンコン says... "奇跡は現実のものとなる どすえ〜(笑)"
こんにちは〜 

日本vsアルゼンチン戦見事に奇跡を起こしましたね。念じれば花開く〜

これからの日本人は楽しみですね〜。ノーベル賞も受賞しましたし、世界を驚かす準備がある〜ですね(笑)

心の旅人として体切な気持ちを育てながら、内側の旅を楽しみたいですね〜。v-221
辛い時は内側と照し合わせながら、これあげる〜の精神で心の旅人を進めたらいいな〜と思っています〜。 

でも良くみると私達の周りに広がっている世界は実に素晴らしい〜!! どすえ〜ですね!(笑)

マインドの扉の解除こそ、決め付けない生き方こそ〜v-266ですね。
2010.10.10 13:36 | URL | #lg.23LCc [edit]
(オスマンサンコンさん) says... "京都からお越しの?"
 オスマンサンコンさん、どもぉぉ〜〜〜〜

夕べは、宇宙からの手紙、有難うございました。解読不能でした。。サッカーも世の中も面白くなりましたね〜〜

シナリオはどう進展しているのやら?

私の宇宙は平和なので、外界も平和どすえ〜〜!!

みなが、早く多くそれに気付いて欲しいですね。。

それぞの宇宙の創造者は自分だと、、、
2010.10.10 21:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。