神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   2 comments

一人一宇宙

 昨日、また、本屋で何か?に導かれ、いつも行かない自己啓発コーナーにゆき、こんな本を買いました。



     
「生」と「死」の取り扱い説明書「生」と「死」の取り扱い説明書
(2010/06/26)
苫米地 英人

商品詳細を見る



 そして、面白かったのか?どうか、ちょっとわからないのですが、気がつけば、45分で読み終えていました。

この方は、真理(宗教)と科学の両面からの方で、かなり天才的な方なので、最近注目していました。

内容は、詳しくは見てくださいといった方がわかりやすいのですが^^;(笑)

ちらっといえば、、、、、、、

宗教は死の専門家であり、宗教に本気で洗脳された人は死を怖れない。ただし、自分は宗教に洗脳されていることがわかってないうといけない。と、したうえで、宗教は妄想であるといっています。

そして「空」という概念
私たちの存在の素でもある素粒子は確率でしかその場に存在しなく、あるともないとも言えるし、あるともないとも言えない、というのが、空という概念です。

従って、存在そのものは空であっても、その空である存在に役割があるのだからその役割を積極的にみてゆこうとするものの見方が我々の生きる力になると、、、

生も死もあるようなないようなものだから、宗教という妄想でもって、死という恐怖を明るく生きられたら、その妄想に乗ってしまおうと、、、(あくまで妄想と自覚した上で、、)

めちゃくちゃ、混乱しますね。「空」さん(笑)は、、、^^;(解釈が間違ってる可能性があります、鵜呑みにしないでクダサイネ)(難)


そして、覚醒状態ということは、常に自分を自我の外側から見ることのようです。


このネット上のスピリチュアル系な様々なブログで、みなさんが集われる時代になった背景には、死やこれからの不安といった不確かなものへの恐怖心が根底にあるようですが、この本は、真理や科学を多少なりともかじってないと難しいのですが、そういうことへの答えを、今の科学の範囲ではこういうものですと教えてくれ、ではどのように考えたらよいのかといってくれています。

私は、頭を多少クラクラさせながら読みました(笑)


興味ある方は読んで見てください。苫米地さんの本の中では割とわかりやすいと思います。






明日から、お盆の帰省で田舎に帰ってきます。

田舎は、ネット環境が皆無なので、ゆったりとした時間の中で自然の空気に触れてきます。

そうはいっても、退屈しないように、とても興味深い本を持って帰ります。

どこまで、読めるかわからないのですが、自分の中心軸に戻る方法、アカシックレコード(宇宙図書館)へのアクセス方法から次のステージ、宇宙の幾何学的な秘密から、人類が個人の覚醒を超え、宇宙創造への参加など、

「22を超えてゆけ」シリーズの久しぶりの新刊がでました。「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」から読まれるほうがいいかと思いますが、「フラワーオブライフ」で、ノックアウトされた方(笑)には、ファンタジーとしても面白く、「小さな宇宙人アミ」に似た雰囲気があります。


     
宇宙の羅針盤<上> (22を超えてゆけ・3)宇宙の羅針盤<上> (22を超えてゆけ・3)
(2010/07/31)
辻 麻里子

商品詳細を見る



     
宇宙の羅針盤<下> (22を超えてゆけ・3)宇宙の羅針盤<下> (22を超えてゆけ・3)
(2010/08/09)
辻 麻里子

商品詳細を見る






あらゆることが、めまぐるしく、何か?大きな変化の時のような毎日で、自分のことで精一杯な感じの毎日ではないのでしょうか?体調管理、感情コントロールにどうぞ、お気をつけて下さい。


私はある時点で、こういう世の中がやがてくるだろうと、予測はしていました。


そして、上記、苫米地さんの本の帯に書いてある、「一人一宇宙」を自覚する時代になりました。

あなたは、あなたの「思い」で、あなただけの宇宙を経験するために生きているようです。


あなたの宇宙ではあなたが主人公なので、他の人の宇宙を生きるのではなく、自分が今生きてることの価値ある役割を見つけ、世の中とも繋がってゆきたいものです。

自分と宇宙を見つめ、自分の考えをしっかり持っていれば、世の中の情報にも振り回されることは無いと考えます。

それでは、良いお盆をお迎え下さい。images[2]

               しばし、「バイバイキ~~~~~ン」(笑)

スポンサーサイト

Comment

ピンクのぶた says... "初盆に向けて?"
v-16はじめまして!
ずーっと前に 加納眞人さんの本を読んだのを思い出し・・・そこら辺から なんか不思議な世界観に興味を持ちまして、今日その方のブログを探していたら そらさんのところに来ていました。

ふだん感じている事 なかなか友人とは語り会えない想いが満載で、ひととき 時間を忘れて共感させていただきました。
昨年、父を亡くし初盆にむけて 今朝、仏前で手をあわし、心をこめて?暗記したあやしい般若心境を読み終えて・・・このページにめぐり合ったのも 何かのご縁。ありがたい気持ちになりました。
また、来させていただきます。
2010.08.12 16:46 | URL | #- [edit]
(ピンクのぶたさん) says... "はじめまして"
 ピンクのブタv-16さん 遅くなりました。

私も田舎に帰り、父(あの世十年)に手を合わせて、会話して来ました。ユーモアタップリの父でしたから、今年も、わかるようないたずらを仕掛けてきました(笑)ピンクのぶたさんも、怪しい般若心経、心を込めて、しかも、暗記で唱えられたなら、お父様さぞや、お喜びだと思います。初盆でしたか、、、

こういう話、なかなか、他では話せませんが、ここは、そういう人達が集まってくれますので、どうか、お気軽に、話してって下さい。また、私も今年の不思議体験や、未来のわかったことを書いてゆきます。

こちらこそ、何かのご縁です、よろしくお願いしますe-466

2010.08.16 10:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。