神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   0 comments

魔法のレシピ

 楽ちゃん♪ご提供の「魔法のレシピ」です。


伴侶も家族も人間関係も様々な加減で、美味しくもマズクもなります。

   imagesCAQKG27M.jpg
         

★良き人生の調理法

   (材料)
   愛情・・・・・・・・・・・カップ1
   やさしさ・・・・・・・・・カップ1/2
   感謝の気持ち・・・・・カップ1
   楽しい仲間・・・・・・・カップ3
   賞賛・・・・・・・・・・・・小さじ3
   厳選された忠告・・・小さじ1
   喜び・・・・・・・・・・・・カップ1
   悲しみ・・・・・・・・・・・ひとつまみ

   [作り方]
   1 まず カップ1杯の愛情と カップ1/2杯のやさしさを 混ぜ合わせる。
   2 そこへ カップ1杯の感謝の気持ちと カップ3杯の楽しい仲間を
     少しずつ交互に加える。
   3 ふるいにかけた小さじ3杯の賞賛を入れる。
   4 小さじ1杯の 厳選された忠告で 味を調える。
   5 ひとつまみの 悲しみを 加えておいた ほがらかさカップ1杯を そこに
     いれて軽くぜ合わせる。
   6 これらを そっと小さな清潔なハートに流し込み、よく熟成するまで焼く。
   7 焼きあがったら、社会に出す。
   8 謙虚に 神の恵みを仰げば、全ての人々に尽くす人になるでしょう。



   ★夫の調理法


   [材料の選び方]
   魚屋で、さばやサーモンを買うときのように、
   表面の色つやなどのみかけだけで判断しないで、
それぞれの持ち味を考えて選ぶこと。
人まかせにせず よく吟味すること。

   [作り方]
   1 材料を「安楽」と呼ばれる強い絹糸で縛り 鍋に入れる。
     このとき、「義務」と呼ばれる弱い糸で縛ると、生き物なので、
     動いたら 糸がゆるんで鍋から飛び出して 火で焼けてしまうこともある
     ので 気をつけること。
   2 1の鍋を 清らかで落ち着いた「愛の火」にかけて、清々し
     ほがらかに煮る。
     たとえ ブツブツ、グツグツ言っても気にせず 静かに見守ること。
   3 「キス」という砂糖を少々入れる。もしもスパイス類を 入れる必要が
     あると思ったら その量は あなたのさじ加減が決め手となる。
     煮えたかどうか、つっついたりせず、やさしくかき混ぜ、見つめて
     あげること。
   4 せっかく選んだ良い材料も、イライラした動作や言葉でシチューのように
     煮込んでしまったり、ローストしたり、新鮮なままピクルスにしてしまうと
     もったいないので、必ず料理法を守って、材料を生かすようにすること。
   5 使用する鍋は 磁器のものに こしたことはないが、安物の土器しか
     なかったら、手入れを行き届かせること。

    このレシピに忠実に従って料理をして、そして、出来上がった料理を
    冷たい所に ほおっておいたりしなければ、
あなたやあなたのお子さんの口に合ったおいしいものとなることでしょう。

    『アーミッシュの贈り物』(ジョセフ・リー・ダンクル著)から…☆



        images[6]
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。