神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   2 comments

 わたくし、生まれは田舎の山寺(曹洞宗)しかし、(大きな声ではいえないのですが、、)父が寺を継がなかったため、一人っ子の私に、その継承が及ぶことなく、喜んでいます。

だって、、お寺は、怖いんですもの、、、、、、おばけは見たことはないのですが、音や気配はしょっちゅうしていました。

お寺っていうことで、ということでもないようですが、親戚が多かったりなのか?私は結構、葬式というものに出席してまして、その時、死体を見たりさわったりするわけですが、、、、なんとなく、勘で、(うっ?これは、抜け殻だな、人間、こんなもんじゃ~ないな。)と、思うようになりました。、、、なぜか??


人が死ぬ瞬間を記憶では、三度見ましたが、(二人はガンでこん睡状態での死、これは、意識が朦朧状態なので、いつが、生と死の境目かが、わかりませんでした。波打っていた機械が、---------------------と、なった時、医者が何時何分、ご臨終です。というやつです。


もう一人は、そのお寺の僧侶、私の祖父の死でしたが、祖父は老衰?での死だったようです。その日、少し離れたところに住んでいた両親と私は、休日だから祖父に会いにいくということで、普通に行っていたところ、朝の食事を済ませ、タバコまで吸い、さぁ、では、一休みするか、という感じでベットに立った時、祖父がフラッと、したので、息子(私の父)が、抱きかかえ、ベットまで連れて行くという感じでした。そうしているうちに、なんだか、意識が少しおかしい?ということで、(声をかけても返事がうつろ)近所の知り合いの看護婦さんに来てもらい、診てもらいました、そして、医者をよぶヒマもなく、、、、、、、声かけにも、まったく返答しなくなり、まもなく、苦しむこともなく、最後に、2回、大きく息を吸い、、、、、亡くなりました。森さんの動画によれば、あれは、あの世に行く、気合?だったのでしょうか??

祖父は、結構徳の高い、僧侶だったので、そういう死を迎えられたのかな?と、思います。

後々から考えたら、その日、父は、村の旅行に行くはずだったのに、なんか?虫の知らせで、旅行をやめ、そして、家族で、祖父に会いに行ったという数時間後の出来事でした。

私は、こういう不思議な体験は数限りなくあるのですが、もしかして、みなさんもそういうことを意識していないだけで、誰にも、あっていることではないのかと思います。


親せき縁者にはどういうわけか?僧侶、宮司が多いのですが、私はそういうわけで、お寺を継承しなくてよくなりました。

私は今まで、人間というものを研究してきて、思うようになりましたが、神や仏を崇める対象としているのは、人間の作ったよりどころで、それ自体(神、仏)はあまり意味を持たないのではないのかと思うようになりました。誤解を招かないようにいえば、神や仏を畏敬する自分の気持が大切だということで、それは、森羅万象、あまねく存在の繋がりを大切に考えるということではないのかと思っています。

世界中が異常気象、日本では猛暑の毎日ですが、楽ちゃん♪提供の、この動画で、笑って、凍り付いて下さい(笑)

   森公美子 完全なおばけに会った話
   

お化けも、その人の創ったイメージを感じることになるようなので、楽しいものを想像していたら、そんなものをみるというものだと私も思います。

それは、毎度まいど、いうように、この現実も同じです。(楽しく、嬉しい毎日をイメージ出来るようになれば、そういう毎日になります。。。お金はなくとも、病気でも、問題ありでも、、、、)(笑)


それには、自分の中をお掃除するしか、ないですね、答えは全て自分の中です。


<追記>
量子物理の本にかいてあったのですが、生命エネルギーがなくなると「死」と呼ばれる状態になり、その時、21グラムの重さを失うそうです。それは「魂」の重さではないのかといわれています
        
スポンサーサイト

Comment

きゅ〜ちゃん says... "はじめまして♪"
そらさん、はじめまして♪
翠さんのご紹介で時折、拝見しております。

>神や仏を崇める対象としているのは、人間の作ったよりどころで、それ自体(神、仏)はあまり意味を持たないのではないのかと思うようになりました。誤解を招かないようにいえば、神や仏を畏敬する自分の気持が大切だということで、それは、森羅万象、あまねく存在の繋がりを大切に考えるということではないのかと思っています。

宗教心の厚い家で、神仏等の祀りごとが何かと多い地域に嫁いだ私ですが、そこからの経験で私も同様のことを感じてきました。

手を合わせることも、なんだかよく分からないけど昔からそうしてきたからという儀礼や儀式も、人の心の拠り所なんですよね・・・。

法事も故人のためというより、遺された者のためにあるのだと感じるようになりました。

>毎度まいど、いうように、この現実も同じです。(楽しく、嬉しい毎日をイメージ出来るようになれば、そういう毎日になります。。。お金はなくとも、病気でも、問題ありでも、、、、)(笑)


>それには、自分の中をお掃除するしか、ないですね、答えは全て自分の中です。

胸がズキュ〜〜ンとなりました。


ある人の裏切り行為を受けて、今、精神的に辛いさなかにいます。
でもこの辛い現実も自分が引き寄せたのだとどこかで知っていて、だからこそ相手のみならず自分を責めたり、本当に苦しいです。

今もまだ精神的に葛藤中なので波がありますが、自分をクリーニングすることでしか、答えはないとあらためて感じました。

何度もこけたり、失敗したり、凹みやすくなっている私ですが、森公美子さんの動画を見ていて、そして、そらさんの「楽しいものを想像していたら、そんなものをみるというもの」という言葉を胸に頑張って生きていこうと思いました。

これからもブログの更新たのしみにしています。
ありがとうございました。
2010.07.23 14:56 | URL | #- [edit]
(きゅ〜ちゃん) says... "はじめまして きゅ〜ちゃん"
 私は、葬式法事各種行事がめんどくさ〜〜い(笑)田舎出身です。ほんと、向こう三軒両隣、昔は必要なことだったかもしれませんが、大切なのは形ではなく、気持ですから、、、とかく、年寄りは慣習を続けようとしますが、若い人が仕事まで休み行事ごとに参加しないといけない時代になり、現代の忙しい時代には考え直さないといけなくなっていますね。お察しします。

 きゅ〜ちゃん、そうですか、、
それは、チャンスでもありますよ、自分のことを考えてみる。人の心はわからないもので、もしかして?相手の方は裏切ったという気持は、きゅ〜ちゃんとは、少しだけ?多く?違うのかもしれません。そういう現象は沢山の人で見てきました。裏切られたという自分の気持が今、確かなものですね。だとしたら、それは、相手のために許すのではなく、自分のために許して下さい。自分が裏切られたといいうネガティブな気持を持ち続けていることは、相手というより、自分によくないのです。許すということは、あくまで、まずは、自分のためです。結果、相手にも影響しますが、、

そういう気持を持つことに至った自分もせめていることだから、そういう自分を許るすということです。だって、自分が感じている裏切られた気持は相手からみたらまったく同じものとは限らないのです。

そういうカラクリがわかれば、な〜〜んだ、そうなんだ、、と、摩擦が限りなくなくなります。

しか〜〜し、無理は禁物v-219
無理やりなことは覆い隠してしまう可能性があるので、自分が心から自然にそうなるまで、マイペースで、自分をみつめて、ボチボチやってみてください。

世界は自分が見て感じたようになっています。周りを変えたければ、その見ている自分の何か?を変えないといけないようです。

、、、、という、私も人間なのでv-390ことあるごとに、そのことも忘れて生きています^^;学びの毎日です。

今後ともヨロシクお願いしますネv-398

2010.07.23 16:54 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。