神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   6 comments

意識変革について(プロボノ)

  先日NHKの クローズアップ現代 をみました。 


「プロボノ」
という社会貢献が今、静かな広がりをみせているそうです。



プロボノとは、従来のボランティアとは少し違い、自分が身につけた技術(専門性)を無償で世の中に提供することで、<会社(仕事)では得られない、手ごたえを感じて、人の役に立つということの喜びを感じるというものが、若い人達の間で近年はやっているそうです。>


番組ではIBMの取り組みが取り上げられていました。

社内に「社会貢献部」という部署があり、プロボノに参加した人が後に、本職のほうでもモチベーションを上げてゆくことに注目し、企業がプロボノを支援するようになったそうです。この背景には若い世代が今の会社の有り方に疑問を投げかけている背景があるようです。

後日、友人と話したとき、この話題を話したのですが、友人の子供は有名大学で今、学んでいますが、その学生の間で、就職の話になるとIBMは敬遠されるようなのです。


なぜなら、自殺者が多く、過酷な労働を強いられているということが学生の間でも評判になっているからのようです。


私はここ約20年の社会の動きを意識とともにみてきましたが、仕事ということに生きがいや、やりがいを感じられるような社会ではなくなってきて、会社も社会もかなり病んでいるように思います。


世の中に、規制緩和が広がりを見せてきた頃より
業績重視が第一目的で、人間らしい社会ではなくなてきている中、会社も過酷な労働条件を強いられ、または、人間らしい血のかよった仕事が出来なくなっているような感じを受けます。

そういうことはいずれ破綻を帰すので、IBMもなんとかせねばという危機感から、こういうことがプロボノということに注目してきたのだと思います。


企業も大きく変革していく曲がり角に差し掛かっていることは間違いないようです。


企業そのものが、本来、働き甲斐があり、また、その中の人も幸福でなくては、よいものを提供できないはずです。

日本は外国に追い付け、追い越せということばかりに目を奪われ、その根底にある一番大切なことを見落してきた20年があります。これは、会社だけではなく家庭や環境、、、、、様々なところの社会に影を落としてきました。

いろいろなところで、底が見えはじめた現象が起こってきています。


ここで、社会を動かしているのは、血の通った人間のすることだという本質に返り、「意識変革」の波を波紋として広げてゆかなければいけないと痛感しました。


企業変革、文化の変革は、トップダウンではダメだといわれています。一般目線、一般的感覚で物事が考えられるボトムアップが必要だといわれています。


これから、このプロボノという形式の社会貢献を通して、「本当の幸福」を再び思い起こし、企業の考え方も大きく変革して、社会への変化の大きな足がかりになれば、、、、、そして、そういう気運が様々な分野で広がりを見せてくれることに期待します。



個人も家族も社会も世界も、大きなピンチにより、本当のことが見えてきます、今回のワールドカップの日本代表でもそのことを示唆していましたが、大きなピンチは大きなチャンスでもあります。どん底の中でも、「前を向き、上を向いたとき」本当のことが見え、それまで以上の大きなものを得られる大きな転換点でもあります。
スポンサーサイト

Comment

安理 says... "おもしろい!"
プロボノという社会貢献の形態、はじめて知りました。また、企業や社会について、とても鋭い切り口で書かれていて、「まさにそうだな。」と納得です。多くの人が進むべき方向を見失っている今だからこそ、そういった新たな変化の兆しが人々の間に現れてきていますね。希望を感じます。
2010.07.03 15:21 | URL | #- [edit]
(安理さん) says... "こんばんは"
 安理さん 
 実は私も初めて知りました。

 私は、十七年くらい前、自分の危機から、意識変革しました。その時から、不思議なことに、世の中、世界の今の危機を予知のように知らされ(インスピレーションで)将来「意識変革」しなければいけないという思いで、いろいろんなことをみてきました。

案理さんも身をもってそういう過程を経験されているようですので、お互い、なんらか?自分のその経験を変化の方向へと生かしてゆきたいと思います。ツイッターのほうでのつぶやきに(案理さんの)いつも、そうそうと見させてもらっていました。
世界は確かに変化してきています。変わるということは案理さんも経験されていますが、かなりの苦痛を伴います。しかし、それだけ、真実の扉は開かれたということでもあります。希望を持って、見てゆきたいですね。これからの様々なレベルでの変化を、、、、v-353
2010.07.03 19:40 | URL | #- [edit]
オスマンサンコン says... "No title"
こんばんは〜

僕もきっとその形は、国境を越えて繋がり出すだろうと思っています〜。心の反映が社会のエネルギー源になっていると思いますので、見えないものを重視した転換期だと、それに乗れない場合は摩擦が起こるかもしれないですね。波動社会にいよいよ突入のようですね〜。

思った事が瞬時に起こるような出来事が良くも悪くも起きる予感の世ですよね〜。

心のバランスを見ながら進んでいきたいと思っています〜。

より高い波動を作り出すには?の社会になれば、心の見直しが授業になるでしょうし、物を作り出すのも、心で感じ取って、その反応を確かめるようになるのでは?が近未来かもしれないですよね。

気が付くように生きるのは意識であって、個人にとっても全体にとっても重要な鍵だと思っています〜。 ある意味個人を捨てるぐらいの方が全体が見えてきて、全体が見えると個人の立ち位置が見えてくるそんな感じがしますね。
2010.07.04 22:56 | URL | #lg.23LCc [edit]
(オスマンサンコンさん) says... "こんばんは"
 エハンさん いかれたのですね〜

?気になりますね。たぶん、無意識ではわかってると思います。?の社会、、、、、おそらく、すでに始めている人もいると思います。20年くらい前より(もっと前?)ファンタジーとして、クリエイターが表現してきた世界が、確実に目の前、すでに、、、きているように思います。全て、誰かの何かの意思を通して。インターネット社会の広がり、今回のWCの日本の姿など、その断片が繋がり、広がり、これから、とてつもない変化の波が広がりを見せると思います。が、それを選び取るかどうか?もその人の意思によると思うので、世界は必ずしも、一つではなく、これから、無数に分かれると思います。
>ある意味個人を捨てるぐらいの方が全体が見えてきて、全体が見えると個人の立ち位置が見えてくるそんな感じがしますね。
エハンさんのいわれていたことですね?

自分の「意識」する方向への加速度は、もはや、幾何級数的です。速度も「意識」する速度、、、、

何を、どのように、どれくらい、全ての領域にその意識は反映されるので、自分の心と現実をチェックしてゆきたいです。
2010.07.05 00:21 | URL | #- [edit]
オスマンサンコン says... "リアルな出会いと創造という世界"
こんばんは〜

エハンさんのラスト公演行ってきました〜。わたしさんともリアルにお会いさせて頂きました〜(笑)

いえいえ、エハンさんの言葉ではなく感覚での僕の言葉です〜。 僕の予想ですが、全てが溶け合っているそんな感覚の空気になっていくと思うんですね。

なので瞬間理解、何を考えているのかを直に分かってしまったり、どこで何が起こるとかも分かってしまったり、心のインターネットみたいに、初めて会う相手でもその人の事がなんとなく伝わってきたり、そんな感覚が伝わっていきています〜。エハンさんが仰っていた事は、開いた口が塞がらないぐらい凄い体験だったそうです。先週カナダの森の中で数日間連続でUFOとの体験があったとの事でした。

信じなくても良いと話されていまして、時間のスパイラルが短くなるとどうなるのか?一気に色んな事がしかも加速しながら起きてくるので、心を良く確認しておく事がバラスンスを保つ事だと言われていました。

そしていらない心配をするよりも、明日どうなるのか?なんて誰も分からないのだから、今出来ている事や出来る事に意識を向けて下さいとの事ですね。

そして時間がゼロになると多次元的に私達は生きている事をハッキリ見るらしいです。高次元のあなたは、あの映画のアバターのように、実際にリアルに別の星でも活動しているかもしれないですよ〜との事でした。宇宙人だと思われていたら、実は違う次元の自分との出会いだったり、平行宇宙の向こう側から、出会うかもしれないですねとの事でした。ここの所は良く分からなかったのですが(笑)なんとなく分かるような気もするというレベルです〜。

そして時間の終わりになると、死ぬ必要は無くなるそうです。超寿命という生き方になっていくそうですが、今科学者達は遺伝子の信号を変える事で1000歳とか2000歳にまで、寿命を延ばす事は夢物語ではないそうです。今世紀中には可能だとの事です。だからといってそれが幸せとも限らないですよ〜とか笑いながら話されいましたね。 エハンさんの活動は今後は影の政府の活動について書いて、日本人の本当の使命に気がつくように、日本の文化の秘めた本当の日本の素晴らしさを世界に広めていく仕事に切り替わるそうです。世界ではまだ日本の事は謎に近いそうです〜 日本民族はとても世界からみても特種だそうです〜(笑)私達は更に?特種のO型特種?(笑)

最後に国家という時代は終わって、良い物を共有しあう時代だと話されていました。 全部が全部同じ思いではなかったですが、なるほど〜と確認する事も多く出来ました。

2010.07.06 01:12 | URL | #lg.23LCc [edit]
(オスマンサンコンさん) says... "大作(長文)"
 ありがとうございました。
エハンさんの言われていること、私が今まで研究してきたこととほとんど一致します(直感的に)。それが、実現するか、どうか?わからなかったところですが、、、、
〜2012年限定にこだわらなければ、地球は今までの常識をはるかに超え、まったく新しい世界へと向かう気がします。

並行宇宙ということ、なんとなくわかるような気がします。
ケネディー事件の時の宇宙人は、並行宇宙からの、、、、、??ちょっと、忘れましたが、、、、
私自身、時間間隔が自分がどういう状態か?で、かなりの違いを感じることが有ります。これも、そういうことの一部の体験だと考えます。
私はどちらかというと、外宇宙より、内宇宙を追求する方向で外宇宙を知っていくということの方が得意なので、今後もそちらから攻めて(笑)行きたいと思います。
日本という国は、もしかして?創世の時より、そういう役割をするように仕組まれていたような気がします。
今まで、ネット内でもいろいろなところで、そのことがいわれ、天皇、ユダヤ、日の本、六亡星、雛形、、、、、、暗号的にも謎の多い国ですし、私がパラレルワールドへ移行した時、強烈に日本というキーワードが残っています。

怪しげな?研究は(爆)後半へ続きます。。。。

凄く、社会(世界)がきな臭いのですが、、エハンさん、無事に活動されますように、、勢力は弱まったと聞きますが、それにしてもおかしなことがみえみえで多すぎるし、今やすぐわかる時代ですね。ネットが人類を進化させる道具だということは、間違いないですね。
怪しさ全開モードでいきましょう(笑)

今や、これしき、ちょろいものです。。。
ありがとうございました。

とはいえ、本分は全うしながら、パラレルしましょうv-16v-17


2010.07.06 09:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。