神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   0 comments

あるがまま(無条件の愛)

      
      so_249.jpg




  「あるがままを受け入れる」


最近、これについて、いろいろと考えています。 あるがままを受け入れて生きることができる人は

ある意味、目覚めています。神(仏)聖を生きています。


(例)大きな病気をあるがままに受け入れている人は、病気が治ったり、元気に共存できたりする、奇跡をおこしている例が少なくありません。



同じように、問題を抱えている人が、ある時、悩んで悩んで、ケセラセラな気分(なるようになるさという心境)になった時、なぜか?問題解決ということも多く聞きます。実際、私自身も、また他の人でも見て、経験済みです。




 これは、在ることをあるがままに観た、または、受け入れたということで、そこには感情が停止していて、事実だけを捉える自分がいるのではないのかと思うのです。



その中立なポイントになれること、それが、あるがままにものごとを観る(受け入れる)ことで、気功とかも、このポイント、ゼロポイントで一番作用するといわれています。



そして、あるがままは愛といわれています。愛といっても、無条件の愛です。私達が在るがままになる時は無条件の愛なのです。



自分をあるがままに受け入れましょう!! は、自分を無条件に愛しましょうということで、今がどんなに嫌で理想でない自分でも、存在していることに変わりはないので、(今)無条件に受け入れましょうということです。


その、無条件の愛がない限り、自分が救われないので、人を救うことは無理なのです。


自分にないものは、人には出来ない。


まずは、自分を在るがまま受け入れる(無条件に愛する)このことを先にして下さい。


この、無条件の愛=あるがまま=宇宙の根源=プラスマイナスゼロ、、、、、、、など、



つなぎつなぎで、学んできたのですが、悲しいかな(汗)なかなか、言葉に出来なく、自分の体験談やいろいろな人の体験を聞いてきたことをまた記事にしてゆきたいと思っています。




最終的には、思いやる大きな愛に発展させてゆくのが、宇宙の進化なのですが、とにかく、なにはともあれ、三次元でいわれているような愛の概念をいったんおいといて、受け入れがたいことを乗り越える時、それを、自分の感情を静かにさせ、風景のように見れるようになること、あることをそのまま観て



しょうがないか~~^^(笑)と受け入れることから、トライしてみてください。

(だって、デブな私はたしかに今存在しているのだから、それを否定していては、自分を生かしてないのも同然です。よって、何も変わらないから、デブからスマートになることも出来ないのです。)(変なたとえですが、、)(笑)




あるがままを受け入れるは知識で得ることは簡単でも、その先の実行に移すときに、このようなちょっと、勘違いしてしまうような盲点(愛と無条件の愛の違い)があるので、是非、実践を踏まえて、経験していかれるといいと思います。



*こんがらがりましたね(






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。