神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   8 comments

光と影

 
私のブログは、大体、三部構成になっていて、クライシス(危機)から自分探しの旅に出て、気付き、そして、新しい生き方に至り、最近は、そこから先の、進化向上した(アセンション)クリエイティブな生き方まで、書いています。



そこで、今日は、人生の「光と影」について書いてみます。



私自身も、最近は、クリエイティブなことばかり追い求めて、人間本来の姿ということを忘れがちになっていましたが、生きるということは「光」と「影」があり、光りだけを求めて影を拒絶すると、ものはみえなくなるようです。



そういう生き方の末、人生の中盤以降に「中年クライシス」ということを経験し、人生の生き直しをせざるをえなくなる人にしばしば出会います。


実は、私自身もそういう経過をたどり、今に至っています。


今のスピリチュアルブーム、または、目覚め(悟り)ブームを私は、時代的に、ポ~~ンと受け入れていいものか、どうか?今でもハッキリはわかりません。


全ては光の存在だということを安に自覚するだけで、今の時代ではいいのか、どうか?わからないのです。


それで、いいものなら、苦しいことはしなくていいに決まっているので、そういう方法を薦めますが、どうも、いろいろ見ていたら、目覚め(悟り)の指導者は、自らはそういう過程(自己統合)(光りと影)をしているからこその平安さであり、その過程抜きで、いろいろな人に、悟り後の生き方を説いていくのは、どうかな?という疑問が、いつもあり、いまだ、私もわかりません。



、、、、、、というのも、目覚めたい人の話を聴いていたら、その奥底には、そうなりたいに至った、苦悩が見え隠れするようになるからです。(それは統合作業しなくていいのか?正直、わかりません)



で、昔の心理学の本ですが



      
新しく生きる―今の自分でいい、そのままでいい新しく生きる―今の自分でいい、そのままでいい
(2001/08)
高橋 和巳

商品詳細を見る




だれしも、人生の光りをいつも経験していたいものですが、影の存在を知り、生き方の中で、中庸意識を持てて、実行できたのなら、それが、アセンションな生き方で、自分と、自分をとりまく世界も平和になれるのだと思います。



わざわざ何もない時に自分の影を意識することはないとは思いますが、全ては自分というのなら、苦しい時は、自分の内を見ることを(影の正体を知ること)しないことには本当の幸せはこないと思いますが、、、


簡単にこしたことは無いので、本当はどうなのか?  実際のところ、、ハテナを探る毎日です。


スポンサーサイト

Comment

浜Q says... "焦らず淡々とのんびり行きましょう"
今、下の子と一緒に「旅立つ日」を観て、2人で泣きそうになりました。

残された家族三人がずいぶん淡々としているように見えて不思議な後味が残ります。

自分が若い頃、激情の女(情熱系)だったせいでしょうね。

素敵な動画をご紹介いただき、ありがとうございます。

「悟り」にしても、「第三の目覚醒」、「クンダリニー昇華体験」も、本人が今生に転生する前、あらかじめ決めてるらしいです。
自分がクンダリニー昇華をした後、気になっていろいろ調べてみたら、どうもそうらしいです。

そうであれば、そらちゃんのご指摘どおり、「今生で悟る」と決めた人はそれなりに人生の前半「影」の人生を歩んで、「光」に向かうでしょうが、そうでない方はそれなりの人生を歩んで、また三次元に転生して。。。いつかは「悟る」のでしょうね。

自分で決めたシナリオなら、焦らずのんびり行きましょう。って、いつも焦ってないO型でした。v-14
2010.06.06 19:00 | URL | #dWmfsbRs [edit]
セフィル says... "No title"
 そうなんですよね〜。
少し前、日記にもちょこちょこっと書いたのですが「自分の中の影」を感じました。
それを処分しよう!なくしてしまおう!と思っていたうちは重くて仕方なかっがのですが「あるんだからしょうがない」とその存在を認めた瞬間、スーッと軽くなったんです。

 私の好きな言葉に、マーク・トゥエインの「全てのユーモアの源泉は哀しみである」というものがあります。チャップリンも自伝で同様のことを言っています。

 光と影、両方の存在を知って、その上でバランスを取るのがいいのかもしれませんね。
難しそうですが〜v-388

 あ、エハン・デラヴィさんの7月3日の講演は、別の予定が入っていていけなくなってしまいましたv-393
2010.06.06 19:38 | URL | #- [edit]
(浜Qさんへ) says... "なるほど、、、"
 Qちゃんちの見た「旅立つ日」って、どんな映画だろう?と、検索してみたら、像が出てきて、なんだ、あれか〜v-408 相変わらずバカなそらちゃんでした。。

Qちゃん、ありがとうe-466ここのところの謎が解けて、、、、なんだか、力が抜けました。。。(笑)

やっぱり、ある程度は決まってることはわかってますが、なんだか私も昔の情熱女が出てくるのでしょうね(笑)今も、ある面では熱いですv-42が、、、

感性に従い生きたら、とてつもなく非難されそうですが、、
それもいいかも??人は人、自分は自分ですね。

私もとしなのか?どうなのか?歯グキは前から、おかしいです。。
自分の決めたシナリオ?今年は自分がためにいろいろ迷う年のよう?です。2011年どうなるのやら?

v-17異次元で待つわぁ?(笑)
2010.06.06 20:44 | URL | #- [edit]
(セフィルさんへ) says... "そうですか〜"
 最近、私はよく思いますが、予定とかも、本当に必要なら必ず、行くことになるし、必用ないなら、そういうことになるように感じます。

私も大きく気付いてからも、残骸のような影の小出し状態が数年おきくらいにやってきますが、セフィルさんのように逃げないで、認めることで消失?縮小?するように思います。

光と影のバランスはたんに、いいときに調子に乗らないこと、悪い時には見方をかえる、、、こんな風に生きています。ある程度自分を客観視できたら、こちらの方は簡単ですが、影がヌボ〜〜っとe-286(笑)出てきた日にゃ〜〜あんた(笑)ビックラこくというか、、、うろたえます
v-404
2010.06.06 21:08 | URL | #- [edit]
おにぎり says... "おひさしぶりです!"
ごぶさたしております。。
先日はいろいろと、ありがとうございましたm( _ _ )m

ちょっと思うところを書かせていただきますね。。
目覚め、覚醒とかいうと何か神秘的な匂いが漂ってしまい大げさになっちゃいますよね。。^^ 

思うに心の贅肉部分を落とせば、それだけでシンプルな意識で生きられるように思います。。
人によく思われようとか、妙なプライドやらをそぎ落とす。

ただ、これがなかなか大変なことではあるかと思いますが・・・自分の場合は追い込まれるたびに
「生きるか死ぬか」と自分に問うと常に「生きる」を選択してきました。

死ぬくらい怖い思いするくらいなら、恥かくのも怖くないし破産も社会からのドロップアウトする
ことも大したことではないと思え、目の前の問題に裸の心で体当たりできる!と。。

心の余分なものの落とし方は人それぞれで、ただ大きな慈愛で落とされた方も多いようですね。。


裸の心になれると芯のところで人に、やさしくなれる。これは「いのち」の本質なのだろうと思う
このごろです。

先日ある人から「ひとへ向ける愛情」を木々や山や鳥やら自然のものにも向ける。。
ということを教えていただきました。。それも胸いっぱいの思いで。。


「胸いっぱいの思い」が胸に収まりきれず体から、はじけだしたときに、すべてが同じ「いのち」で
できてることを感じる。。そんな風に思っています。

ようは、ただただシンプルになる!あたり前に生きる!だけですよね。。

なんか語りすぎてますね^^;悪い癖ですね。。
2010.06.07 15:15 | URL | #- [edit]
(おにぎりさんへ) says... "こちらこそ"
 ありがとうございました。
さすが、おにぎりさん、深いといえば叱られそう(笑)なので、、、、、シンプル、ナチュラルですね。。私、そうだと思ってました。
究極、そうですね。人間本来で生きること、これに尽きます。

そう生きることが出来れば、みんな幸せにい生きられると思っています。

私は数回、死にたかったですね。。。生きることがとても苦しいことが数回ありました。その度、死んで出なおすことをしてきたのかと?思います。

わかってしまえば、あっ、そうなのか?の世界ですね。自分がそういうものだということが感覚的にわかれば、全てが愛おしい世界です。

ルナさんには、本当にお世話になりました。今こうして、おにぎりさんと巡りあえたのも、ルナさんが一度リセットしたネット世界を、ブログいつか、再開してくださいといわれることがなければ、なかったと思います。

嫁さんによろしくお伝えください。毎日毎日、喜んで楽しく生きてくださいと。。。

私は私の分を迷走しながら(笑)頑張ってますと、、、、、
2010.06.07 18:13 | URL | #- [edit]
おにぎり says... "大げさな表現ですみません^^;"
あ、すみません、
「生きる死ぬ」は自殺を考えたとかではないです^^;
追い込まれたときに「どの道生きていくんだから!」
という割り切りの為の手段として「死ぬこと」を考えて
みる。。という程度なんで。。

重すぎる表現となってしまいました。。
でも死を考えることで「生」がはっきりすることも確か
だとは思います。。軽く生きたいですもんね(^^)
2010.06.07 21:14 | URL | #- [edit]
(おにぎりさんへ) says... "なんでもありですから"
 気にしないでください。それくらいのことで、、v-397
いやぁ〜〜〜死んでみて下さい(象徴的に)もっと軽く体重もなりますよ(笑)

軽くも重くも大好きな編隊(笑)オバサンです。。
だって、夜露死苦ですものぉv-16v-17

本当に死ぬと、もう一度同じ課題を持った人生、歩むなんて、めんどくさ〜〜v-388ですから、象徴的に死ぬほど頑張ったら、生まれ変わりますよ〜
2010.06.07 21:54 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。