神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   0 comments

パラレルワールド

 

 「パラレルワールド」を研究していて、前々から書こうとおもっていますが、なかなか左脳的にはわからなく、でも、とても興味があり、、、、、、、時々、思いにふけっていました。



で、、、、私風?(笑)のパラレルワールドを考えてみました。(というか、夕べ、お風呂の中でフッ、と浮かんだことです。)


       

パラレルワールド=並行宇宙  これは、量子力学では「シュレディンガーの猫」でおなじみの、いまだ、真相をつかめてない推論ですが、、、、、



私は、これは、もしかして?物事を人が見る(思う)時、人により様々な見方(思い方)があるので、その意識の仕方により、違う現象が起こるということではないのかと?考えました。



ある出来事をAさん~Zさんまで、見たとします。当然、26とおりの物の見方になり、そのある出来事は、26の出来事になります。世界が26に分かれるのです。



その可能性が一人の人間の中でも、同じ出来事が、解釈の仕方無数の世界になる可能性があるのです。



「意識」の違いというのでしょうか?



なんか、パラレルワールドというと、いかにも科学科学しているようですが、、、本当はこういう「意識」が絡んだような概念で、だからこそ、混沌としていてはっきりとした答えがなかなか導き出せないのでは?と思うのです。



以前   「鏡の法則」  で書いたようなカオス論的なもので、無限の可能性を秘めているような世界だからこそ、一般的な科学では割り出せないのだと思うのです。



私達は、一瞬一瞬の選択により、どの世界を体験するか?無限に道は分かれていく分岐点に、いつも立っているのではないのでしょうか?



あなたの前に、その一瞬先の世界への分かれ道があり、どの世界を体験したいか?決められるのはあなたの「意識」そのものによっての選択にかかっているようです。。。。



(パラレルワールドというより、分岐点でしたね





以前、モナカ寅次郎さんの記事でとても面白いものをみつけ、貸してくだ~~いと、お借りしているものがあります。

パラレルワールドのことを書かれた  記事 です。そして、奇しくも今日のモナカ寅次郎さんの記事もパラレルワールドです


私とは文字どうり?次元が違いますが、、、、、、モナカ先生、これからも勉強させて下さい



宇宙創造    初めに言葉(意思)ありき    
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。