神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   0 comments

鏡の法則

 
 「鏡の法則」を知り、実践していったら、とてもハッピーになれるのです。


「鏡の法則は」ちゃんと科学的に証明されたものなので、私がそれを上手に説明できれば、もっと説得力があるのでしょうが、、、、、、悲しいかな^^;明確に説明できません。。


が、、、、、、、



ちゃんと、それを実践している人は、奇跡ともいえる出来事を経験して人生をハッピーに生きています。



これは、本当のことなので、是非、自分を変えてみてください。あなたが体験していることは、あなたのことなのです。


そこで、今の「鏡の法則は」なんとなく、真理的にしか書いてなく、昔から今まで長く残している本の中にフト、この鏡の法則を「カオス論」で書いてある本を見つけ、それを書いてみます。


そこには


カオス論でいう、我々の世界は非線形システムで構成されていて、フィードバックシステムというメカニズムであり、それは、自分で外界に放出した情報によっておこった外界の変化をとらえ、それを再び自分の情報系にとりいれることで、自己を創出していくシステムと定義され、決まった未来はない、無限の可能性に向けて自分を創出していくことが出来る世界、これが、いわゆるパラレルワールドで、「鏡の法則」が機能している世界ではないのかと、バカな私は結びつけてみましたが、間違ってたら、あいすみません。^^;(私の限界です)(笑)



それによると


フィードバックとは、ちょうど鏡で自分の容姿をたしかめて(自分に関する情報を得て)、身支度(自己改革)をするのに似ています。鏡に映る自分がどんなにひどい顔をしていても、それをどれだけ素直に受け止めるかで自己改革の程度が変わってきます。
「病気」や「嫌な出来事」は実はこの非線形システムの世界の「鏡」に映った、自分の姿なのです。

素直に受け止める、すなわち醜く映っている自分の姿を「自分のせい」として自分を責めたり、「人のせい、環境のせい」として人を非難することなしに、「ありのまま」、「あるがまま」に受け止めることができますか?それが出来たとき、癒しはすでに始まっているのです。


悪い実態「x」をつくってそれを排除しようとすると、カオス論的にはそれらが「生き残る道を見つける」ことになります。悪い実体と思っていた物(正確にいうならば、「悪いと思われる事象を招いたこと」)も、実は「自分の姿」を反映しているに過ぎないならば、それを強制的に排除する行動は、「自分」を破壊する行動につながるのではないでしょうか?


「鏡の法則」は、その宇宙法則をしり、素直に自分のこととして実践してゆけば、どんなことも劇的変化がおきます。


それを象徴するものに、神社などのご神体が「鏡」であるところが多いはずです。


あなたの姿こそが、神そのもので、それをよく観なさいということだと思います。


現実を変えたかったら、「自分」を観て変えてください。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。