神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   4 comments

疳の虫封じ

 
 私は曹洞宗のお寺で生まれ、祖父は住職でした。長男の父が寺を継がなかったので、今は他の人がしています。なぜか?父方、母方、親戚縁者に、神社仏閣が多く、やはり、私はこういう世界は研究することにDNA的になっているのかな?と、思います。




そこで、子供の頃から、私は祖父に特にかわいがられ、お寺でのことを子供ながら、よく見ていて、今になり、あれって、こういうこと~~~?と、思い、ちょっと、ネタバレになってしまうかも?と、思いますが、もはや、なんでもオープンな世の中なので、、、、、思い出してみます。





「疳の虫封じ」というお寺でよくしている、おまじない、、、、、、、、、、




夜泣きをしたり、かんしゃくもちという赤ちゃん、または、小さな子がこのおまじないをしてもらえば、あら?不思議、夜泣きもかんしゃくも、ピタリと止まるという、お寺の和尚さんとかがよくしているというおまじないです。






  私は、小さい頃、両親共働きなので、祖父母に育てられたようなものでした。一日のほとんどをお寺で過ごしていました。そのおまじないも、おじいちゃんのそばでよく見ていました。




(そのおまじないは、手の指から白い毛のような糸(虫)が出て、夜泣き、かんしゃくが治まるというものです)




    その過程で、その子に手を洗わし、タオルで拭くということをはじめにするのですが、その時、おじいちゃんが妙に、「よく手をふきなさい」ということを、毎回、強調していってるようなことを今、考えたら、それが、不自然な感じで、、、、、、



 
   まてよ、、、、、、ということは、手にあらかじめ、タオルの毛(繊維)をつけ、それを、まじないの時、これ、また、妙に手をこするようなことをするので、まじないの経が終わり、手を明かりに照らしたときにゃ~、それは静電気で毛羽立ちますわよ@@(笑)




これが、、、、、、、何十年後、私が出した結論です。



 
 そして、おじいちゃん(一応助けを求められて施術している信頼主(笑)その人に、「お母さん、ほ~~~~ら、ここ見て、疳の虫は出ましたよ、これで、今夜から、治まるでしょう、よかったですね」的ことをいわれたら、目の前の、トリッキーな現象を、その時、ゆだねた徳の高い??僧侶にいわれたら、、、、、、





お母さんは、安心感で、子供と接するようになれ、子供はそんな、母の安心の波動を受け、めでたく、疳の虫さんは治まったのでした、、、、、、、、、と、推察します。





  あくまで、これは、私の推察なので、本当かどうか?はわかりませんが、子供のアトピーとかのアレルギー系はよく新興宗教などで、治るとか?いわれているということは、ここにもやはり、人の意識=思い方が関係してくるのか?詳細にいえば、波動=周波数  ですね。。。。。




宗教は、実は、この宇宙の自然の法則を解き、悩める人の心理療法だと、私は常々考えています。





 しかし、これまでの宗教は(特に新興宗教)信頼するのは自分ではなく、他の誰かにドップリ依存してしまうので、どうか、これからは、自分という厚い信頼をつくり、宇宙の法則の元、自分が自分教の教組として(笑)しっかり、自立してほしいですね。




また、それが、宇宙(自然)の法則に沿っているということでもあると思います。




*ここだけの話(小さな声で、、)将来、人類が自分が本当は何者か?思い出せば、もはや、それぞれが、自立した存在になるので、近い将来、宗教はなくなると予言されています。



スポンサーサイト

Comment

セフィル says... ""
すごく納得しながら読みました。
人の意識と身体は密接に関係していますよね。
かくいう私も、かかりつけのお医者さんの顔を見た途端「もう大丈夫だぁ」と安心して治ったような気分になったことが何度もあります。
(ええ、すごく単純なんです)

自分を信頼すれば、宇宙を信頼すれば、色々な問題はたちどころに消えると思います。

*ここだけの話(小さな声で、、)宗教がなくなれば、世界中で起こっている戦争のほとんどがなくなるような・・・
2010.03.31 19:07 | URL | #- [edit]
(セフィルさんへ) says... "その生き証人"
 (笑)の母が今日も、一時間かけ電車で行く、大学病院での定期受診があり、、、、、、

電話で聞いたところ、主治医の先生が今日も、「○○さんの腹のすわり具合は凄いですね。。」、、、と、、、

そして、父の思いで話に、、、、父は、同じ病気で一気に、死まで、まっしぐらなほど、強く、ガンを意識していたね!と、、、、

普通の人は後者だわ^^;

しかし、母がどうして、こうも、このガンを恐れないのか?本人もわからないそうです??

よかった、新たな不思議トリオの私も身内だけど、不思議紹介出来て??(苦笑)
2010.03.31 20:26 | URL | #- [edit]
おにぎり says... "なるほど!"
そらさんの不思議系を呼び寄せる力はその生い立ち
にあったんですね!

宗教そのものの根っこは多分、間違っちゃいないの
でしょうが組織になると組織存続のためになんでも
やっちゃうみたになりますね。

僕も同じような疑問を持って10年くらい前に阿刀田高?
の「新約聖書を知ってますか」「旧約聖書を・・」とか
「大乗仏教の・・」みたいな本読み漁ったことありました。

本に書いてあったことはPRの上手なお弟子さんがいた
宗教が残ったようなことだったと思います。

記憶違いかも(@_@;)なんせ昔のことで。

自分が思うに宗教も科学も学問も本質は「真実とは?」
を求めるもので真理を違う角度から追及してるだけでは
とも思ったりしてますです。はい。
2010.03.31 23:40 | URL | #- [edit]
(おにぎりさんへ) says... "そうなんですよ川崎さん(笑)"
 生まれも育ちもはじめは嫌ながら(せんこう臭いので)も、その後も友人の超能力を見つけたり(ユリゲラーと競演しました)数々の不思議体験があります。母は今、リンパガンに十数年びくともしません?

宗教もおおまかなものは、ガジリくらいはかじりました。大元は一緒ですが、のち、継承の間にいろいろなことになり、今後は、おにぎりさんも愛読書?「聖なる予言」どうり、内なる神聖で生きる時代になり、すたれていくという予感があります。何か?どこか?の情報では早ければ今年2010年あたりとありました。

私で、お寺も、そして、名前も終わります。

父が生きていたときは、それはうるさくいろいろ後を継ぐことをなんとかしようとやられましたが、、(自分がやめたくせに)^^;死んでから、それでいいのだ(笑)時代は変わる的メッセージを受け取り、私は終わりの初めの血脈者のようです。

世の中の移り変わりも(物、心)ここ20年くらいは意識してみていますが、大パラダイムシフトの中にあります。

あにぎりさんも、いろいろ研究されているようですね。
また、いろいろおしえて下さい。

キリストもブッダ?釈迦?も伝えたいこととちょっと違って今の宗教は有るようですね。

私は、深く、軽く抱き合わせで人生楽しんでいます。

>PRの上手なお弟子さんがいた
宗教が残ったようなことだったと思います。

宗教も科学も学問も本質は「真実とは?」
を求めるもので真理を違う角度から追及してるだけでは とも思ったりしてますです。

(私もそのように理解しています)
2010.04.01 08:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。