神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   12 comments

体験談

 
 貴重な体験談をコメントでいただいてますので
「自分の人生は責任を持ち、選択し、生きる」

これが、真に出来た時、いろいろなことの解決はでき、そして、その先の生き方が変わるということです。





またまたこんばんは。

うがです。昨夜コメントさせていただきました。
(例)に学校へいかない子供について書かれていたので
出てきてしまいました。
私は元不登校児なんです。
そらさんが(例)に出された事に対し
勝手に不思議な気持ちを抱いています。

私は学校へいかない事により怒鳴られなじられ投げ飛ばされていました。
とても嫌でした。
が、いざ自分の子供が学校へ行きたくないと言ったとき
心臓が飛び上がりました。
このままドロップアウトしたらどうしよう
と心配になりました。
でもドロップアウトってなんでしょうね。
ここに元不登校児元引きこもり(今も少し)
が幸せに暮らしているというのに。
何を心配しそうになったのか。
今の子供の気持ちを見失っては駄目ですね。


受け入れるって大切だと思います。
遠く離れて暮らす事になっても心は寄り添いたいと
思っています。


昨夜自由にコメントして下さいと書いて下さったおかげで思いきって書きました。
今も。
ありがとうございました。
時々ブログを覗かさせて下さい。

                       (うがさん)





不登校児から学んだ母です

 今、ハタチの子が、小3の時、突然不登校になりました。

今から十二、三年前?のことです。その頃は登校拒否という名前でしたかね?
はじめは、いろいろなことをし、そして、いろいろな機関に相談したり、とにかく行かせようとしていました、、、、、が、、ある時を境に、「もういいや、行かなくても、、」と、なぜか?本気で、そう思ったのです。そして、隠れてすごしていたような生活をやめ、以前のように普通に私の友達なども、お茶飲みに今までと同じように来てもらうようになった時、今度は突然、子供の方から、「行ってみる」といいだし、今日は、外に出るだけ、次の日は、曲がり角まで、そして、保健室登校から、始まりました。

これはまさに、私の学びだったと、後になり分かりました。それ以来、沢山の不登校、会社に行けない人、社会に出れない人の母のお話を聞かせてもらいました。

そこにはやはり、その方も無条件に愛された経験(体験)がないので、同じことをしてしまうような構造になっていることがわかり、とにかく、「今の受け入れ難い状況をそのまま受け入れることで、自分自身も癒されることになるからと」働きかけましたが、そう、簡単なことではないようです。やはり、とことんどん底をみて、しょうがないところまで、こないと、いろいろな人に依存したり、その子が不憫だということで、いろいろ助けてしまうようです。

うがさんの勇気をもって書いてくださったことはきっと、そういう人の学びになると思います。

ありがとうございました。

なんでも、自由に書いてください。

幸せになるには、まず、そういう自分の内をクリアーにすることが必要になってきますので、とても参考になります。また、そういう人は世の中に沢山いらっしゃいます。

私は、子供は「可愛い子には旅をさせろ」「若いときの苦労は買ってでもせよ」このように、辛さや苦しさを若いうちに味わい、自分で解決する力をつけさせる環境を与えてやるのが、親の務めで、結局、自分の足で立っていくようにしてあげるのが、親としても苦渋の選択で見守りだと思います。

思考は、時空を越え、お子さんの心にきっと届きますので、温かく見守ってあげてください。

それを感じることだけで、生きてゆけたかもしれない、私達のだからこそ、一番よくわかります。


                        (そら)





↑まったく同感です。

うちの娘も、短期間ではありましたが、不登校→復帰→脱走→保健室登校といったルートをたどりました。(笑)そのかわり、娘が行かない分だけ、親は毎日、放課後登校しましたが…。(笑)私の場合は、若いときアガいたせいか、もちろん心配はしたものの、あまり悩みませんでした。小6の三学期だったので、タイミングもよかったのかもしれません。

その間、小6の担任の先生は、もちろん、学年主任の先生が兄ちゃん(娘は2番目)の担任だったこともあり…、いじめが原因でしたが、やっぱり同じ子のいじめが原因で来ていたお母さんと3人で“いじめてる子の家庭環境も同じくらい心配。彼女も被害者。なんとかしなくっちゃね…。”みたいなこともあり…、中学校長も“お兄ちゃん、ついこの間卒業したばっかりではないですか…。もっと気軽に相談してくださればよかったのに…。”(←教育委員会経由だったので…。)といったこともあり…。そういった状況でないとなかなか見えてこない、人の善意や温かさを身をもって知ることにもなりました。ありがたい…。

私も、学歴をつけるより、“若いうちの苦労は、買ってでもしろ”派です。


                       (kaorinさん)





心強いです

 大変貴重な経験談をいただき、ありがとうございます。

子供では、他ほかで、まだまだいろいろ学びがありました。一度、(自分で責任を持ち、人のせいにしないで、クリア)したら、あとは、お試しのように、プチ○○のように、やってきたことは、解決の感触をつかんでいるので、なんとか、なりますね。
早いうちに、、。

そして、子供だけではなく、自分や家族、いろいろはありますが、そういう心持でいきてゆけるようになれば、対処方法もずいぶんと楽になりました。そして、こういうことを苦しんだ分、やはり、目に見えない部分での生きていく上での大事なことを知ることになり、その法則のようなことにとても興味を持ち、さらに、神秘のような部分を知り、実際に使ってみて、それが、どれだけ大切で、無限の可能性を秘めているのか、知ることになりました。

地位、名誉、お金、なども、結果ついてくるものという感じで生きていますので、本当にそれを理解し、そう生きると、不思議と、豊かになってゆきます。

私は、そういう、たぶん、かつての地球はそういう風にみんながお互いを尊重し、平和に暮らしていたことを、はじめは情報としてですが、だんだん、魂的にも思い出してきたようにおもいます。


                       (そら)





このように、なんとか、頑張って、おきたことを自分のこととし、その時できることでなんとか、しよう!!と、決心し、実行した時、問題も解決し、さらに、自分の中で、何か?貴重なものを得た瞬間があります。それは自分でやり遂げたという、自信のようなものでしょうか?

そして、その自信は自分を信頼できるという力となり、その先の人生も、なんとか、なるような風に、それまで自分がいた位置よりも、少したかいところから、風景を見下ろせる、そんな感じに人生はなっているようです。



(貴重な体験談を有難うございました。)


そして、今、問題を抱えていらっしゃる方も、あなたの分しか、問題はこないようになっています。だから、あなたの今の力で、解決できないことはないようです(そういうことはこないようです)



  


(宇宙は、愛に満ちています。そして、あなたもその愛の存在です。)
スポンサーサイト

Comment

kaorin says... "続き・・・"
大切なことなので、続きをコメントさせてください。

私は娘に対して、ちょっとした懸念をもっていました。2人目の子ども、まして4月生まれの子。自信のあった子です。ともすると支配的になっているのではないか…。

彼女が何気なく発した言葉が、まだまだ自信の持てないでいるお子さんに強く響いているのではないか?知らず知らずのうちに傷つけてはいないだろうか?

折にふれて話をしてみるものの、自身のある子に自信のない子の気持ちなど、所詮わからないのです。

いじめの始まる3日前ぐらい前に保護者会があり、皆さんの前で、娘が誰かをいじめていないか聞いてみました。先生は、そんなことはありません、とおっしゃってくれましたが…。はて、さて、本当のところはどうだったんでしょう…???

いじめがきっかけで不登校が始まりましたが、ある意味当然かな…?とも思いました。そして、そういった体験は彼女にとって、むしろよい体験だったに違いないのです。もし、そういった体験がなかったとしたら、彼女は、もっと、いびつでバランスを欠いた人間になっていたかもしれないのです。

無駄なことなどありません。すべては善きに計らわれているのです。
2010.02.03 17:09 | URL | #9Y3DsLjc [edit]
(kaorinさんへ) says... "重ねてありがとうございます"
 そうですか〜〜。

私も娘がのけ者になっていた時に、担任の先生に凄く心配してもらい、有難かったです。そして、そうなるには、この子にもなんらかの理由があるのだろう?と、反対側に立って考えてみたら、そうかも?という点もあり、彼女も良い経験をしたと思います。何事も、必然的ですね。

私も、いろいろあったと言う事は、それだけ、自我が強い人間だったと思います。

いろいろありましたが、いろいろわかりました。全てはトントンな世の中ですね。

2010.02.03 23:48 | URL | #- [edit]
浜Q says... "今頃で恐縮ですが"
そらさん、kaorinさん、我が家の上の子も中学三年生のとき、ほぼ一年間、保健室登校でした。

彼女はそれなりに塾に通って勉強して一般入試を経て私立高校に入学し、楽しい高校生活を送ってきました。

でも、ドロップアウトした、っていう負い目を感じています。

でも母のわたしは「それで良いのだ♪」と、すべてを受け容れています。

私も、実は小学校4年生のときと高校1,2年生のとき、ドロップアウトしてました。
今も、多少なりともドロップアウトしてますが、
そこは年季の入った中年女、「普通のオバサン」の仮面を付けて凌いでますよ。

内面はもちろん、「変なオバサン」。あなたの常識、わたしの非常識。
裏を返せば、最先端を行く、意識(エネルギー)の遣い手(オバサン)ですね。

人生、苦あれば楽アリ。
「ま、いっか〜」の、一家全員O型です。
2010.03.02 11:51 | URL | #dWmfsbRs [edit]
(浜Qさんへ) says... "お決まりコース"
 ですね。

自我強なおばちゃんの周りは問題だらけ、、、、

私は悲劇のヒロインだ〜〜!それが、自分のことと気づくまでは、手をかえ品をかえ、問題という形で現れてきますね。

やはり、人間の進化は最終的にはこの三次元では、魂の方向へ目を向けさせるようになってるようですね。

なおも、欲望にとりつかれしまうと苦という状況で、、、


でも、苦の究極まで落ちたら、あとは上がるだけしか、、、

自分のために、苦をしっかり抱きしめ、みつめましょう。

変われるのは、あなたしかいない。(ですね)記憶の天才。。

世間でいう、O型らしさ?素晴らしい!!まっ、いいか〜で、あきらめ(執着しないで)今ここで、どうにでも変われる意識。未来型ロボット、天才バカボンのパパ(笑)


           
2010.03.02 14:13 | URL | #- [edit]
浜Q says... ""
そらさん

>自我強なおばちゃんの周りは問題だらけ、、、、

やはり、そうでしたか。昔から「自我の強さ」には自信があります。エッヘン。(苦笑)

>私は悲劇のヒロインだ〜〜!それが、自分のことと気づくまでは、手をかえ品をかえ、問題という形で現れてきますね。

転換点は、「自分以外の存在(周囲)への感謝v-238の念が湧いたとき」でした。
「愛されているv-238

これは、オホノポノの「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」に通じますね。

被害者意識から脱却です。

新興宗教の強力なマインドコントロールから脱するときにも似てますか。v-12

>やはり、人間の進化は最終的にはこの三次元では、魂の方向へ目を向けさせるようになってるようですね。

はい。v-22

もう、転換点から感謝の念(エネルギー)が増大し、昨夏に至っては、「何を見ても感謝、感謝、感謝」の嵐。

箸が転がっても、風が吹いても、「ありがとう(涙、涙)v-238」です。

が〜〜、涙腺が緩いのは、もしかしたら、体の変わり目にあるオバサンのことですから、ホルモンのアンバランスかもしれませんが。(珍しく、ちょっと冷静に分析。)
(男性諸氏、失礼しました。)

被害者意識(マインドコントロール)脱却の合言葉は、
「好きにして良いよ(他者肯定)」
「善きに計らえ(他者肯定)」
「それで良いのだ〜(自他肯定)」
「ま、いっか〜〜(現状肯定 -> 意識変換)」

(日替わり、週替わりメニュー。)

楽し〜い♪v-10
2010.03.02 14:55 | URL | #dWmfsbRs [edit]
(浜Qさんへ) says... "今日も学んだ、、"
浜ちゃん、最高e-461

はしが転げても、感謝e-415感謝感激雨嵐、

自我強なら、まかして頂戴、大魔王でした。私が正しいから、無理、我慢、、、問題が自分のことだと気づかない、問題おばさん。
落ちに落ちました。地獄の底まで、、、、 自分自身が許せなかったのですね〜
自分にあいそうを尽かし、もういいや〜と思ったら、人のこと(回りも)いいや〜と、鏡の法則でましたで〜〜〜

自分がオッケーになれば(今の自分)他者もオッケー、な〜〜んだというカラクリですがそれは頭でわかるものではなく、体感でわかるものだから、、、

感謝は愛のマスターキー?(意味通ってないか〜?)(いい加減)(プッ)

やはり、落ちるところまでおちないといけないかな〜〜!

自我って、もの凄く、強力で、でもね〜〜。いいの〜そっちいっていいの〜
って、ささやくんだよね。私もまだまだ、残骸と取り組んでますが、前のようにあたふたしないけど、人生は一生学びですだ。。

宇宙が進化してる以上、私たちも、日々進化向上目指して、、、、末は社長が大臣ではなく、自分教の教祖、それぞれの人が内なる神(仏)のエネルギーで生きる世界へ突入です。


浜ちゃん、同級生?そりゃ〜私も、おばちゃんとおじちゃんの境目で(おかしいか?)涙腺も、汗腺も、上や下への大騒ぎ状態(爆)

そして、研究したのだけれど、どうも、キリストも仏陀も人間らしくあること(悟っても喜怒哀楽をしっかりあらわす)を重視していて現にそういきていたようです。

浜ちゃん、わたし、泣いて笑って悲しんでおこって、素直に子供のように生きていますわ〜。

楽しい〜〜


2010.03.02 17:12 | URL | #- [edit]
kaorin says... "↑おぉっ…!!嵐となぁ…???"
以下、抜粋!!(全部書くとぉ…???)

♪僕はただただ黙々と DREAMと書いて「目標」と読む
 創造の向こうへ go go and go で on and on
(↑=創造 善きに計らって〜〜〜)
    −中略ー
 We can make it true! ……♪♪ 

嵐、桜井君のラップ、サクラップ!! だよ〜ん!!
2010.03.02 19:33 | URL | #9Y3DsLjc [edit]
kaorin says... "“想像”だった…。"
“想像”だった……。
2010.03.02 19:36 | URL | #9Y3DsLjc [edit]
(kaorinさんへ) says... "嵐〜嵐〜あらし、、、"
 桜井君は、zero〜〜〜〜で見てますよ。e-80

夢中なものがあると、いいですね。おばさんが、おばさんでなくなるから(笑)

kaorinさん、e-468←これだ!!



2010.03.02 21:29 | URL | #- [edit]
kaorin says... "そらさ〜ん、ありがとね…。"
夢中なものがあっても〜〜、おばさんは……オバサンだ!!

昼休み、20代のコたちに、嵐あつ〜く語る変なおばさんだ!!みんな、いいコたちでね、つき合ってくれるんですよ〜。ホントにありがとね…、みんな!!この場をお借りして、お礼しまする〜〜。
2010.03.02 23:21 | URL | #9Y3DsLjc [edit]
(kaorinさんへ) says... "私は"
 頑張ってきた人、頑張ってる人を応援しま〜〜す。

心から、喜ぶ事を、楽しんでくださいよ。。。

私たちに唯一命題があるのなら、「楽しんで喜んで生きなさい」これだけです。

感謝の嵐、嵐、嵐〜〜〜〜ぃv-410
2010.03.03 00:12 | URL | #- [edit]
kaorin says... "おぉぉ〜〜〜、嵐三連発〜!!"
今日も朝からエンギがいいぞ…。さぁ、仕事いこ〜。♪♪お仕事、お仕事、楽しくお仕事…♪♪
2010.03.03 07:13 | URL | #9Y3DsLjc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。