神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   2 comments

「アバター」

 昨日は話題の映画「アバター」を見ました。

(初めての3D映画だったので、はじめ、ちょっと、映画酔いしました^^;)


「アバター」は、いろいろ縁があり、是非見るようになっていたようです????????内容とかは、別段あまり、どういうことはなかったのですが、、、、、


妙な感覚になりました。


それは、わたしだけ?かもしれないのですが、、、、、、、、


「タイタニック」を手がけたジェームズ・キャメロン監督は、モナカ寅次郎さんも書かれていましたが、目覚めている人です。そして、映画というものを使い、私達人類に目覚めを加速させてくれるミッションを持っている方だと思いました。


この映画は今までのパターン(エイリアンが地球に攻めてくるの)とは反対に、地球人がエイリアンとなり、他星を侵略するというもので、私達がいわゆる悪役になっているのです。


今までのものとは立場逆転のように、、、、、


これを見ているうちに、なんだか、自分がその他星の住人になり、地球人に立ち向かっているのです。


そこで、ハタと、自分はどちら側の人間なのかと、錯覚に陥り、人類がしてきたことの過ちに気づき、本性である自然(宇宙)との繋がりに目覚めるような集団催眠的な要素があるのではないのかと?思いました。


上映三十分前にゆき、空いてるところは最前列だったので、やむなくそこで、しかも、初めての3D映画に若干酔いながら(笑)こんなことを考えた私は、今日も、なんだか、浮いてます。。。。


テレビも3D元年になるようなことが言われています。


オスマンサンコンさんも書かれていますが、「光」の技術はこれから、どんどん進歩してゆき、この世もホログラフィー(たたみ込まれている)ということが、いづれ、分かる日も近いと思います。


   


映画はそれほど、見ないのですが、この「アバター」の臨場感は凄いものがありました。一見の価値があります。
スポンサーサイト

Comment

ルナ☆ says... "一見の価値ありました"
うわぁ〜ちょろちょろv-14来て見るとアバターの記事!

実は今日主人と前から観ることになってたので観てきたとこなんです。

確かに不思議な感覚になるストーリーv-17

通常なら地球にエイリアンが攻めてきたら、物凄く恐怖で力には力で対抗しようと必死になり、破壊も致し方ないと思ってしまいますが、逆に攻めていく方の立場になると、そんな無茶したらアカンとだんだん哀しくなってしまいました。

自然とのネットワークを大切にし自分たちの祖先だと心から信じ、神聖な場所としてみんなで守りながら生きている素敵な星、最後主人公はその星の住人に生まれ変わって生きていくところで終わります。

そして、ジェームズ・キャメロン監督は地球にもそんな希望を持って、この映画を作ったのかなと思いましたv-219
久々に見ごたえのある映画でした(^^)

2010.01.11 22:57 | URL | #- [edit]
(ルナ☆さんへ) says... "見〜〜た〜〜な〜〜"
v-39(笑)

映画やテレビなど、これから、目覚めた、クリエーターはどんどん、メッセージを出してきますよ。

闇の勢力も弱くなってるようだから、加速的にこの世は変わってくる模様です。

いつの間にか?あれ?、、、というように。

私がはまってみている、あおねいさん、もしかして?同じような感じ?って不思議です。
他に、前、ミクシイにいるとき、同時期に、数人にお友達になってください。

私は「アバターマスターしてます」ということがあり、@@@でした。

アバターって、あまり知られてない意味で、創造的に生きるメソッドということもあるようです。

アバターと神との対話、何か?どこか?で繋がってるという記事よんだような〜〜??
2010.01.12 08:27 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。