神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   8 comments

2012年 時代の大転換

 マヤ暦でいうところの人生を一巡しました。

誕生日(2012年10月17日、満52歳)からは、親の影響を離れ新しい人生の始まりです。実は私は、もう少し前から、新しい人生を生きています。

私の人生の目的は、家庭というものがテーマではないのかと?思います。

幼い頃の私は、親子で何をしたのか?夕飯は何を食べていたのか?あまり、記憶にありません。

父がアダルトチルドレンからのDVという家庭に育ち、いつも緊張をしていた記憶があり、また、そのためか?よく熱を出したり、風邪をひいたり、身体の弱い子供でした。

物心ついた頃からは、とにかく母親の不幸を見るのが嫌で、離婚して欲しいとずっと思っていて、そう言ってもきましたが、今から思うと、母も父と共依存関係にあったり、自立できなかったりということで、そういう家庭に育ったことで、自分が子供を育てるうちに、支障がでてきたのが苦悩の始まりでした。

初めは、親、特に母親をうらみ、上手くいかなく心身共に具合が悪いのはそのためだと長年、親を恨んできました。

たしかに事実そういうことがあって、生きにくい人生中盤になったのでしょうが、中年をすぎ、そういうこともいってられない年齢に親も自分もなった頃から、これは自分の「思い」人は親といえども、それぞれの人生を懸命に生きているということに心底気づき、そこから自分の内面に入り、大掃除を始めました。

そういうことが進むと同時に、私は、結婚ということで、育ってきた環境とは正反対を経験するためのような人を選んでいることがわかり、なぜか?夫に感謝の気持が湧き上がってきました。

そういう経過を経て、今、子供時代には経験したことのない、穏やかな時間を過ごしているのだとわかると、やはり、人生は何事も無駄は無く、いつでも、どこでも自分の「思い」一つで変えられるのだという事がわかり、その頃から、人には人の事情がある、たとえ、それが親であろうととわかると冷たく固い氷を溶かすように自分の気持も変化してゆきました。

これが、実践という事ですね。

、、、、、ということで、私の中で52年満了を待たず、すでに新しい人生が始まっています。


2012年、、、、、、、

 最近、私の周りでも、転機という時期を向かえられ、新しい人生の旅へ大転換された人が多く、それはいろいろな形で変化を見させてもらっています。

2011年の東日本大震災も大きな引き金になった人もおられたしいろいろですが、やはり、今年あたりをターニングポイントとして、新しい時代は、いろいろな形でいろいろな人にも現れているようです。

私は、もともと社会を見てきたので、スピリチュアルに埋没することなく、いろいろな位置でこれからも見てゆきたいと思います。

先日のニュースで、日本列島の周りには、様々な資源がある可能性が出てきました。また、世界中から続々と古代遺跡や不思議なものも日々出現しています。そして最近私は、日本人の民族性や能力の素晴らしさを再認識しています。

やはり、2012年あたりは、古いものがいったん壊れ(体制、システムなど、、)新しい時代を迎えるのだということがいえるような気がします。

それは、個人のレベルからも、社会からも、世界からも、地球からも、、、、また、大きなこの宇宙の歴史上、稀有な時代の転換点ともいえるような気がします。

2012年は終りの始まりの年として、これから、世の中が世界が大きく変ってゆくことでしょう!!それには、それに対応できる、自分の意識の転換も必須のようです。


(バミューダトライアングルの海底深くから先日発見された遺跡)
pre-ciudad_916179109[1]

これからも、こういう古いものと新しいものが融合するように発見されていくような気がしています。




スポンサーサイト
Posted by そら   4 comments

一家に一人ヒーラーを

 私がレイキを伝授してもらった時、そこの会の方とか、ヒーラーの高塚さんとかも同じことを言われていましたが、

これからは「一家に一人ヒーラーを」という時代になる?来る?というようなことを。

たしかに、今は病気を治すという方法も、西洋医学も大切だけれど、東洋医学的なものも必要な時代に入ってきていると思います。

私は、レイキは凄く奇特な会の方に、無料で伝授を受けました。その会の方は 宇宙エネルギーはみんなのもの だからといわれていました。

たしかに、そうは思いますが、現代はそれがビジネスになっててもおかしくはないとも思います。

で、、、、、私は最近はレイキという形にこだわらず、宇宙エネルギーとして使っています。

そして、手で直接流す場合でも、遠隔に送る場合でも、これが、相手の魂レベルでふさわしいものかどうか?ということを魂レベルで会話し(相手のハイヤーセルフに語りかける感じで)むやみに相手の学びの場に侵入しないよう気をつけて施術します。その問題や痛みはその人が何かに気付く大切なことを経験されているかもしれないから、むやみに取り去ることはダメで、そのあたりは、その人のハイヤーセルフがよく知っているので、それでまず、ハイヤーセルフと会話をするということです。


(方法)

センターリングして自分(本質)と繋がります。自分と繋がるということは宇宙と繋がるということです。センターリングは私はハトホルエクササイズが自分に合っているのでそれを使います。どういう方法でも自分がいいと思うものが一番です。センターリングすると手はエネルギーのアースになっているようなので、ジリジリバチバチという感覚になります。これでセンターリング完了。

手を当てる場合は、手が凄く熱くなるのでエネルギーの通りはわかりやすいのです。

遠隔の場合は

遠隔の場合、私は、初めはちょっとどうかな?という感じで試みてみましたが、例の腰痛の母親で、自己流遠隔ヒーリングが、たしかに効果が確かめられたので、自信を持ち使いたいと思いました。
意識(エネルギー)は時空間を瞬時に超えると実感しました。
その日から鎮痛剤を飲まなくてよくなったということですから。

遠隔の場合は、相手の出来るだけ具体的なイメージを巡らします。そして、また、ハトホルエクササイズのハートチャクラ(無条件の愛)のエクササイズでエネルギーをハートチャクラに集中させそこから、相手に送ります。

ハートチャクラ活性で、いわゆる「胸がジーン」とする時の感覚になります。その胸の温かい部分をイメージしている相手へ送る方法(これも自分なりに一番いい方法で)

エネルギーワークのようなことは、決まった方法は無いと思うのです。自分が一番いいものがいいのだと思います。

あとは、自分を信じる(自信)こと、だから自分という宇宙を信じられる人ほど、ヒーリングも出来るということだと思います。

そういう意味で、自己のクリーニングは必須ですね。

(その際に、なんか、儀式的にでも音楽をと思い、なんだか好きではなく聞いてないハトホルの書についていたCDを流しながらしていますが、あとで、その版を見て、驚き!!その中でもまぁなんとか好きかな?というもの1はハートチャクラのサウンドメディテーションでした。無意識は知っていた~~^^;)ハトホル自体も怖く、泥棒よけにしているくらいだから(笑)あの表紙の本を今思えばよく買ったな~?と、、だからミーハーな顕在意識ではなく無意識はあなどれんな~~~と。。(てへぇ)
P1060954.jpg

何度、落として潰したことか~アロマディフューザー、前のものもまた落としついに壊れ、誕生日に自分で買いました(笑)

クチコミナンバーワン、凄くおまけがついてました(リップクリーム、ハンドクリーム、バスソルト、ミニハンカチ、アロマ一本)で、送料代引き手数料無料 ちなみに、La Sana という会社のものです。




Posted by そら   6 comments

新しい時代には新しい意識が必要です。

 こにゃにゃちは~~

世の中を斜め45度に面白おかしく眺めて、あれやこれや考えてみたり、実行してみたりしている毎日です。、、、


いかがおすごしでしょうか?

さて、この界隈では世紀の年、2012年もいよいよあと残りわずかとなりました。みなさん、どんな変化がおきているでしょうか??

 私がこのブログをはじめた3年前に(はじめまして)で書いている。幸せの極意は 幸せと思える心 だということ、やはり、弥勒の世は、個人的にはこれに尽きると思います。そして、そういう人達が創る世界がいつか?出来たとき、それは、まぎれもない弥勒の世だと思うのです。

そうなれば、自分の無意識下の潜在意識を使える人も多くなり人類的にも次元上昇 地球も次元上昇ということになるのだと思います。

 そういう世界ではテクノロジーも自然を破壊したり、暴利を得るためのものではない意識で使われ、創造も行われるので、それはそれは、今は想像上の世界でしか?私はない、、、シャンバラ、アガルタ、テロス、、、、、なども夢ではないのだと思います。

、、、、、みたいなことを想像しつつ、最近、現実は、町内会の年度しめに追われていたり、うちのあと3人の普通の人々と(笑)仲良く暮らしています。

みんな、割と転機を向かえている様な感じはあります。。。。2012年とは関係なく(笑)


 さて、この私、今年は町内会の会計という役を、もし、される人がいなければ、してもいいですよ、、と、なぜ?か喜んで引き受けてみました。そして、いざ、メンバーと顔を合わせてみたら、、、、なんとも、素敵な方々ばかりで、定例会も楽しみな限りです。まさに、新しい世界対応の人たちに恵まれ、あと残り少なくなった、役員の仕事も、終りたくないなんて、、、今の世の中では割と稀有な心境に至っています。

まぁ、これも、私の思いであり、あなたとは、違うということですが、、、^^;(笑)

会長は詳細は聞いてないのですが、ある企業の研究職で海外や福島に出張されてる出来る男なので、、、今度の忘年会の時、原発事故処理の未来展望について、聞いてみようと思っています。

し、しかし、これは、私の勝手な、推測(妄想)なので、仕事内容がぜ~んぜん違っているかも?(笑)です^^;


ってな感じで、関西の一年で一番いい気候かな?という天国を過ごしています。


私の嗅ぎとってきた情報が、間違っていなければ、~2012年冬至あたりまでが、自分の過去の思いグセを直したり、トラウマを解消したりする、特別期間のようですから、外の出来事で困った反応をする自分をしっかり見つめ、創造の素である自分の思考(意識)を修正していってくださいネ。



休みは、いつものハイキングコースですが、北山緑化植物園から奥に入り、ボルダーが練習している岩場まで老体にムチ打ち^^;登ってきました。

P1060926.jpg

岩の上でお弁当を食べていると、なぜか?県警ヘリが頭上を何度か旋回し近くでサイレン音もしているので、、、、「オイオイ~^^;パソコン遠隔操作で逮捕かな?」と、、本当にヒヤアセがでましたが、、練習だったのでしょうか?、、、調子に乗り手を振ったもので、、、もう一度来たのかな^^;

P1060939.jpg


(六甲山系の終点にある甲山、アークがあるといわれています)

P1060932.jpg

(北山、巨石群のある岩場から遠く大阪方面を見渡す)「プラーナの洪水でした

P1060933.jpg

 新しい時代に適応する意識の扉を開き、自らが責任を持ち自分の人生を天国のように創造できる弥勒の世は、まず個人的に始まり、そして、その人数が世界の扉も開く時、文字どうり、弥勒の世(シャンバラ)は出現します。






Posted by そら   4 comments

弥勒の世(スピリチュアルと現実生活)

 我家は4人家族、私だけいわゆるスピリチュアルから、宇宙の神秘のようなことに興味を持ち、遊んでいます(笑)

あとの3人はどちらかというと、そういうことは考えないで、普通にたぶん?幸せに暮らしています。だから、いろいろな世の中の様子がよく観えます。


世の中の大多数の人達は普通に幸せに暮らしています。そういう人達は無意識にでもスピリチュアルに生きていらっしゃるのだと思います。

 現代は、スピリチュアルがブームとなり、いろいろな施術やセミナー、物品が産業化してきました。それはそれで時代の産物だと思います。スピリチュアルというのは、本来は誰もがその側面を持っているということで、いわゆる目に見えない(生かされている)方の霊的側面だということで、あまりに、そのことを忘れて肉体(自我)に生きていると、「おいおい、ちょっと違うよ」という苦難から、改めて人間って、そういうことなのか~~と、スピリチュアルを再認識し、そういう生き方をすることにより、人間の真の幸せを取り戻すことになるようです。スピリチュアルありき、または、スピリチュルに逃げ場を求めるような生き方は、やがて、現実生活の方でお試しがやってくると思います。

だから、スピリチュアルが上だという認識ではないということで、世の中には普通に幸せに暮らしている方が大半を?占めているということだと思います。

人間が進化してゆけば、自分を超えたところに奥深い幸せがあるとわかるので、自分がまず、幸せになり、その上で、人の幸せも真に願える心境に、また、その意識を限りなく広げてゆくことで、真の世界平和、さらには宇宙の恒久平和に貢献できるということです。

私達人間は個を超えたところで、繋がりあっている霊的(スピリチュル)存在だと認識、体感した上で、現実生活を生きていくことが上手な生き方ではないのでしょうか?

そういう生き方の中からこそ、無限の可能性(神秘)を手に入れることもできるのではないのかと?日々、自分を振り返りながら、バランス感覚を養っています。

 お盆に田舎の墓でバッタに出逢い、あれからうちのプチ花壇も先日涼しくなるまで、毎日飛蝗の来訪を受け、花壇の葉もボロボロになりました。

P1060843.jpg


弥勒の世にご招待いただいた?飛蝗さん、毎日が平穏にまさに 弥勒の世 を過ごさせてもらっている2012年の秋です。そして、何かにとり憑かれたような田舎のシャーマンの だんじり詣も無事終り、帰ってから本人も夢のようだった。といっています。不思議な体験はまだまだ続いてる、弥勒の世の我家模様。。有り難い限りです。

P1060899.jpg
(西宮北口の夕暮れ)



Posted by そら   2 comments

エネルギー加速の最終章

 ある人に取れば、なんでもない時期、ある人に取れば、奇跡の25年

こちら(FC2)でブログをはじめてから、3年が過ぎました。私は、人類の数%といわれる、トンデモな世界を研究してきました。

人間というものは、2つの側面があり、人体という目に見える、意識という文字どうり、意識できる部分と、、、

もう一方の霊的という本質の部分、、この2つで人間がという完成された存在になるのです。

人は、目に見えるほう、人体(意識)の方で、行き詰まりを感じる中年過ぎあたりから、この目に見えない霊性(無意識)ということを知ることに多くの人は成るようです。

死のふちを彷徨った人が、「生かされている部分」を知るようになるのは、よく言われることです。

私はなるべく、実証性がないものは、言わないようにしてきましたが、おそらく、この辺りを巡回されている方々には、今の世の中の状況は、各分野において大変動の時代を生きていると実感されているのでは?と思います。



そうなのです。地球は、おそらく今生きている人の歴史上、もっとも稀有な時代を経験しているという特別な時期のようです。


天文学的にいえば、日の出時に地球から見た太陽と銀河面が造る角度がゼロになることです。この現象は約26000年に一回起こるものです。

2012年12月21日は、マヤ暦の最後の日でもあるので、サイクルの節目であり、新しいサイクルに向けての「出発点」でもあるようで、人類は過去にも同じ「通過点」を通って今日に至っているわけです。

私の周りでは、あらゆるレベルでのあらゆる統合作業といわれる現象が起きています。

宇宙のエネルギーはプラスとマイナスが基本になる球(円)です。個人のレベルにおいても、マンダラ現象といわれるような極まりを統合するような現象が起きているのではないでしょうか??

P1060891.jpg(2012、10、9 六甲山の夕暮れ)

奇しくも?今年は辰年、、、、は地球の上昇下降のエネルギーを象徴するといわれています。

そう思って空を見上げると、龍が、見えるということです。 意識の力はとても大きく、あなたの心を雲に顕してみて下さい。 今なら、不思議なくらい顕在化しますよ(何に見えるか?はあなたしだい^^;)



Posted by そら   6 comments

降臨(4)

 昨日、偶然?にも、買物によく行くモールの入り口で、関ジャニ∞降臨の彼女と半年ぶりくらいに会い、立ち話をしました。

「あんた、まだ、好きで行ってる?」

彼女、「行ってるよ、、えっと~8年くらいになるのかな?」

「それ、同じような現象の人いるんだけれど、あと4人くらい、、それって降臨だよね?」。。って確認

「そうだったそうだった、ある夜、フト見たテレビに彼らが出てて、これはと思い、寝ている娘を起こしてまでみたわぁ~」  

   あれから、8年、、、、

もともと彼女は霊感が強く、それも、、、、マイナスに、、、家を買ってから病気や心霊現象に悩まされていたので、私と友で、スピリチュルカウンセラーを呼んできて、家の浄霊の段取りをしたことがありました。

当時の彼女は、悲劇のヒロインのような思考だったので、こりゃ~呼ぶわ!と、思ったけれど、なかなか思いグセは治らず、次々に悲劇(彼女にしたら)を自ら呼んでる感じでした。

しかし、そのことをいっても、本人が納得し、腑に落ちるまでは、教えてあげても、返って反発になるので、この点は難しいです。

この忠告のタイミングはカウンセラーの経験や、または、新興宗教が行う手法から、ムムム、、これか~みたいな感触がなんとなくわかったので(悩み、行き詰まりから新興宗教に入り、洗脳されている知人にこっそり学ばさせてもらいました)。。。。(ちょっと余談)



この現象の共通点特徴、などを整理してみたら、、、

この降臨現象はその人の転機、または、降臨現象により、その人の転機になるような時に起こっている。

それまで、真面目で結構苦しんだ人生も送っているような人、そして、その現象はななさんも、私も他の方も同じく、今までにまったく経験したことのないような高揚感。この高揚感は、引き寄せの法則でいうところの、バシャールがいうところの、ワクワクの情熱感、おそらく、自分の本質エネルギー(愛)そのものではないのかと?思います。

無条件の愛 ちゅ~もんですね。それをエネルギーで体感。

だから、自分が無条件の愛を経験(体感)することにより、人にも優しくなれる。自分を愛すれば同じように人も愛せるということです。人は本来の目的が、喜んで楽しんでいることだと思います。しかし、今の世の中はこうあらねば、何々しなければの世界になっているので、なかなか喜んで楽しんで、、なんて、、、悠長なことではダメだとされているのですが、本当にこの気持を味わった(ている)なら、少々のことは自分のことも(人のことも)目をつむっていられるのです。

しかし、これで、すべてではなく、人間は更なる進化向上の存在なので、本源(一なるもの)に向い、更なる旅は続くようなのですが、、、、、

フト目にした、耳にした、、、、、そのものが、どう決まるのか?は、、、、おそらく、自分の世界の創造主(ハイヤーセルフ)の気まぐれくらいのことなのか?そのこと自体はあまり重要ではないように私は思いますが、、、、私に降りてきたサッカー中田は、その後、長きに渡り日本サッカーという発展を遂げてゆくものをよくチョイスできたものだと、後々になり、自分のハイヤーセルフ様、、、さすがやね~~!!先見の妙に長けていらっしゃると、、、我ながら?自分神、スゲ~~~と、自分教の教組にアッパレな感じです(笑)

そして、この降臨現象は、結構長く続くので、十分その期間を活用し、自分を愛する=人を愛することを体感で学んで、更なる進化の旅に出たいと思います。

簡単にいえば、神様(ハイヤーセルフ)の贈り物ということだと思います。そして、もしかして、人生をRPGゲームに例えたら、各場面でクリアするごとに、もらえるアイテムや新しい展開(ステージ)のようなもの、、、??(付け足し^^;)

人によれば、守護神も見るに見かねて、背中を押してくれている人もあるようです。

母は、夫の死から立直れない失意のどん底で「冬のソナタ」を聞き、始まりました。関ジャニ∞の彼女は、超マイナス思考でよくない現実の中、実父の死後、夢で犬どしのお父さんに犬を飼いなさいというようなことを言われ、犬を飼いだしてから変化がおこりました。私や心の友もなんらかの転機の時(を向かえた)でした。

気持が大きく変れば、観る世界、住む世界も大きく変ってゆきます

ななさんも、これから、東方神起が降りてきて、どのような現実の変化が起こるか?楽しみにしてクダサイネ。そうそう昨日、彼女に聞いたのですが、チケットなど、、、やはり、不思議と上手くとれるようです。


ある日、突然、、、、、何かに  はまる(夢中になる)という不思議な現象!! 降臨現象。。。

私なりの考えですが、、、ここら辺で終りにします。

あなたにも、その神が降りる日は、今日かも?しれませんよ。。。その時は寝ても覚めてもの日がくることを覚悟して下さいね


     お       わ        り









Posted by そら   4 comments

降臨?(3)

 ところで、この現象、、、、、少し冷静になった時から、何なのか?考えてみました。

そう、突然、何の前触れもなく、フト目にしたことにゾッコンになるなんて。。。。

そのうちに同じ現象になった人に今まで4人出逢ったのですが、、、共通点があるようなのです。

初めは本人が望んでいることではなく、突然、フト、目に入った、心に止まった、ものからが始まりのようなのです。

そして、それは、今までに味わったことのない、高揚感?ワクワク感?、、、、とにかくそれがあることで、毎日が充実してくるような感じ、、、、??

最近、始まった人(ここにきてくださる、ななさん^^;)で、私は、、、、このムムム現象!!を、、、をやっぱ、共通しているな~~~と再確認しました。

因みに、私は、サッカー中田 ある人は 真夜中に見た関ジャニ∞ フト耳にした冬のソナタから韓流 または、息子さんの部屋に貼ってあるディープインパクトと、目が合った瞬間から、引退後のディープ、、、、

そして、ななさんは、昨年の紅白を撒き戻し見ていて、落とされた^^;一人です。


意図しなくて、フト見た、聞いた、、、、、、というものに衝撃を受けたということのようです


その中の一人の話で、引退後のディープにはまってるのは、私の心の友で、、、昔は、私が、もぅ、めちゃくちゃサッカーにはまってるのを半ば、あきれてみていて、、「いいな~あんたは、、、」という風に会うたびに言われていましたが、それが、ある日から、、、、、、彼女もはまりました、、

そうそう、その昔、中田が長居スタジアム(大阪)に来るという時に、まだ、その頃はチケットも電話が主流、、、で、なかなか掛からないので、三方の方にお願いし、取ってもらったうちの一人にこの心の友がいて、友は、なんと、長居スタジアムの最前列をゲットしてくれました。こういうものって、自分が取るより、人のためにしてあげる行為の方が、効きますね(笑)有り難い、心の師匠でもあります。

で、、、彼女の馬の始まりは、こういうことです。

当時、ディープインパクトが全盛期の頃、彼女の息子(当時大学生?)が凄くはまってて、凱旋門賞(フランス)まで見にゆき、雑誌にも、ほんの少しだけ(観客として)のりました。凄いな~~お宅の息子も、、という話をしました。

で、、、、ある日、彼女が息子の不在の時、何かの用事で息子さんの部屋に入って、何気なくディープのポスターを見た時、目が合ったのだそうです。ディープと彼女が、、、、それが始まりで、、、落とされ(笑)

たしか、今でも、デェープ、死んだのかな?(御免)ディープの血の通った馬、、そして、今は他の馬も?わざわざ、北海道まで、飛行機で行くということ(一人でも)で、、、、、メールで、今、旭山動物園、、、とか、エ、エ~~~ッツ@@の世界です。「ちょっと、あなた、レースもうしてないんじゃ~?」と聞いたら、「うん」なんか、ファンのために、20分間とか厩舎から出て、歩く姿を見せてもらいにいくために、わざわざ、大阪から飛行機でいくそうです。こりゃ~私の上手です(笑)

「あなた、も少し早くディープインパクトに逢っていたら?」と、私は言いましたが、その時はそのタイミングではなかったのでしょうか?

、、、、、、、ということで、この話の続きはもぅ少しだけ、妄想解説者^^;がお伝えする予定です。


                                      (続く)











Posted by そら   2 comments

降臨?(2)

 さてさて、あの フト目にした中田ヒデのプレーに魅了されてから、私の毎日は全く変わってしまいました。

まず、サッカーありきの一日をかれこれ、6.7年?はみっちり送ることになります。彼が19歳の韮澤高校卒業の頃から、一途だったのは、、おそらく、海外移籍のペールージャからローマに行ったあたりまで、ゾッコンでした。

当時といえば、サッカーは日本がはじめてWC出場権を取ったこともあり、人気が出始めた頃で、私のような年齢のファンはキングカズを追ってた年齢の親世代で子供が少年サッカーやってる人くらいで、話せる人、または、一緒に見に行ける人も少なかったですね。

そんな中で、中田ヒデなのか?サッカー?なのか、、、のサッカーというものが私の毎日に入ってくる生活になりました。

そういう意識がある時は不思議なもので、新聞の片隅のちょっとした記事やテレビCMもほぼ目にするようになり、彼が出る、代表戦や、出演するもの、出版するものはほとんど情報として入ってくるようになり、その頃のものはほぼ、手に目にしていると思います。

日本代表などのサッカーの試合がある日は、朝から、テンション上がりまくりです。こんな気持は初めてです。

そして、、、ある日、彼のファンクラブが密かに(笑)あると知り、、、、当時はインターネットもそうそう、発達してないので、、、、、無謀な私は、、こういう行動にでました。。。。。。。。

まず、ベルマーレがある平塚市役所に電話し、「あの~場違いな問い合わせかと思いますが、中田英寿さんのファンクラブって、どう調べたらわかりますか~?」みたいな問い合わせだったかと?思い出されます。

当時は、まだまだ、平和な世の中(笑)で、ちょっとの沈黙の後、、、次々に電話の先でいろいろ聞いてくれてるような気配がしました。

そして、、、、、、、折り返し電話してもいいですか?ということで、、、その問い合わせは終りました。

私は、掛かってこなくても普通、取り合ってもらえたことに感謝しました。

、、、、と、、しばらくたってから、、、、、ベルが鳴り、

「あの~~中田英寿のファンクラブについて、お問い合わせされた〇〇さんですか~?」と、掛かってきたのです。

「ハイ!」 (内心、え~~~!) 掛かってくるとは思わなかったから、、、、

その方も中田ですといわれたので、、、、ちょっと驚いていると、、、、中田の親戚のようなものです。という話、実は中田ヒデのファンクラブは、大々的なものではなく、非公式のようなもので、内々にやってる程度のものなので、、、ということでという話でした。

でも、ないわけではないので、、、ということで、その時は無料だったのでしょうか?後に、それを機に?年2000円程度になったのかな?    なにしろ、、、大昔のことなので、、、わすれました^^;

そして、、、その方々と、長居スタジアムで合流しましょうか?的な話にも途中なったのですが、、、こちらからは私一人なので、なんぼなんでも(笑)恥ずかしくて、、、、、だいぶ考えたのですが、それはやめました。

その頃、彼がNHKの「クローズアップ現代」に出たときの私の感想が、ファンクラブの会報誌に載りました。

今、見れば、顔から火が出るようなコメントです。。

それを先日から探しているのですが、、、この間片付けた時にどこへやったのか?

そして、いろいろなことに都度つど、ダンシャリよろしく、綺麗サッパリにする私、、、ほとんどあった中田の本とか処分してしまい。今となれば、、、、ちょっと、後悔です。

が、、、その会報誌に載った分(家のどこかにある?)と、ペールージャ時代のユニは取っています。そして、雑誌一冊。。。彼の公式HPにも何度か投稿し載りましたしね^^生中田も最前列でみました。

p1010410_2.jpg  P1060865.jpg

中田英寿さんのプレーはもとより、頭の良さ、有限実行なところ、または、未来を見据えられる洞察力、社会に対する意識の高さ。あの頃、表面的には、中田英寿さんというと、クールで、愛想が悪い、、、という評判でしたが、それも、マスコミのあまりにも失礼なやり方に反抗していた彼の本性をなんとなく見抜いていたので、、、、
                         
     (過去記事より)

と、まぁ、なんだか、降臨現象というより今回は過去の自慢大会、また別の見方をすれば、私のミーハーキチガイ(爆)ぶりをご披露ということになりました。

次回は他の方と類いすることを書きたいと思っています。

<中田英寿が何がどう?すごかったのか、スーパープレイ集>


                            (続く)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。