神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   3 comments

弥勒の世からの使者?

 お盆に馬追い(バッタ)さんに遭遇してから、母の家では、、、まだまだ、あの話の続きがありまして、、、

あの記事(8月16日付け、お盆、あの世からのご挨拶)の追記として、後日、後々日談として付加えていますが、昨日、また母から「あんたにいっても信じられないと思うけれど、、、、、」と、普段なら私がいうようなことを、、、「実は、あれから、今度は小さな馬追いが家の中に入ってきて、ほうきにつけて逃がしたと、、、、、」

私「ふ~~ん、それにしても何か?いいたいのかな、、、、」と、、、、、気にしながら過ごしていたところ、

プレアデス繋がりで時々見に行くメグミンさんのブログの数日前の過去記事の題目にフト目がいったところ、そこに、バッタ、、、とあり、、、あれ~?と、記事を読んでみたら、メグミンさんところにも、お盆の頃「こんにちわ~」と、いわんばかりにバッタさんが、窓に張り付いている写真がありました。。。。??

<プレアデスからのスピリチュアルメッセージ>

偶然だな~~と、、気になりながらその夜、PCをしまおうとした時、やはり、何なんだろう?という気がしてきてバッタの霊的意味という検索をかけてみたら、、、、、、、

出ました~~
師匠(kagari親分)の記事が出てきました。

そこにじゃじゃぁ~~~ん「弥勒の世」という新しい時代に到達した方々は、誰もが、彼ら彼女らに遭遇することになります。
とあり。(正直なところ、小躍り)(笑)

<シリウス文明がやってくる>

私は、アセションや弥勒の世などは最近はすっかり通り過ぎ、どちらかというと?現実生活や現実社会に関心がいっていたけれど、、、、、素直に嬉しい~~!!なんだか、今はいずこへの?アセンション師匠(笑)がどこからか?声をかけてくれたような気がしてここは、謙虚にさらに直感、閃きを磨き、

ご指摘の
自分自身の中心軸に留まりながら、もっと、朗らかで、楽観的でいる必要があります。

これに努めたいと思いました。

2012年冬至まで残すところ117です。




スポンサーサイト
Posted by そら   0 comments

三大ガン治療マフィア

 私の感覚があたっていれば、ガンに対して長年のハテナ???な感覚がやっと、こういうことだったのかと思います。

二年前、結局はしたのですが、母親が放射線治療をするということになった時も、凄い拒否反応を私が示したのも、自分の感覚(勘)によるものだったのかと?

この話の中にあるように、ガンに対しても(意識)というものが凄く作用していると思うので、運よくガン治療をしても沢山の人が治られているということもあると思います。信仰と同じで信じるものは救われるということがあるのですから。

それにしても、いろいろなものがベールを脱ぎ始めました。 

信じ切っている常識は良しとしても、何か?疑問を感じているものは、自分の感覚がおしえてくれているのかも?しれません。

選択権はあなたにあります。これからは自分の内なるセンサーを働かせて自分にとりより良い人生を生きて下さい。

それにしても、このおじさん、、、、、、下手な芸人よりおもしろい。こういう話には救われるキャラクターの持ち主ですね。


   





Posted by そら   0 comments

クリエーティブ家事(笑)ライフ

 以前よりも私の中では時間がなくなり、前と同じことをしていたら到底事は終わらない状態になってきました。

そこで、自分なりに時短家事に取組んでいます。もともと、コツコツやることが苦手、瞬発力的なことの方が得意なタイプなので、家事をあらかじめ頭の中でデザインし(今日は何時までに、あれとあれとを完了させる)時間配分をしてゆきます。

そして、不思議なことに出来るという感覚が持てるほど、そのことは出来上がりが完璧なのです。

逆をいえば、あまり自信ない感覚だと、途中でやれないことがわかってきて、後回し(今日は出来ない)になります。


その際、家事完了の時間とイメージ(何と何が出来るだけ具体的に出来ているか?、、、)を先にしてしまい、ことにかかります。

料理なら、肉じゃがとみそ汁と焼き魚、三品を何時までに、(完成図)を頭に思い浮かべてから取り掛かります。

感触いい時ほど、完璧に出来るんです。調子のいいときは、どうしたんだ?という風に手順がお見事です。やりながら一方で片付け&次の動作とか、、、、

あと、掃除、今日はどこをどのように(具体的な用具や出来上がり)、、、、、、、、、

買物、どこへ何と何、、、、道順、、、、、、、

あと、洗濯など、、、最近は凄い気温なので、脱衣所窓全開で、十分乾きますが、太陽消毒望むの人には少々怠けモードですね。。。   私流、、、我家流、、、ということで^^;

、、、、、、、という風にな本当はお怠け家事を クリエーティブ家事ライフと命名しました(笑)

よくいえば右脳的な生活です。

右脳といえば、記憶するのに右脳的な記憶方は、忘れないという利点があります。

例えば、駐車場の位置を記憶するのに、、、、、

東館 〇〇、、、、、、、、
東館(日の出に)西館(日の入り) G-8(先進国首脳会議)F-1(F1レース)J-2(サッカー上目ざしたい)C-4(スーホーの馬)、、、、、、限りなくこじつけギャグは続きます(^^;)

東(日の出)と、、その光景を一回頭の中に思い浮かべるのです(東館、G-8、日の出に先進国首脳会議をしている光景)これがめんどくさいですが、テストの時の暗記方に娘もやってきたのですが、覚える時間は多少かかっても忘れないということで、教えてあげた友達に好評だったそうです。

、、、、、、という、変人による変人のためのクリエーティブ家事(笑)講座でした^^;


時は金なり~



Posted by そら   0 comments

意識の大転換(常識・非常識)

 私が意識変換をしてから(半ば突然に)20年くらいたちますが、その時から私の中では常識とは反対の社会の非常識が常識になってしまっていることも多く、凄く生きにくく、なかなかそれを話す人も機会もなく、悶々と生きてきました。

それというのは、ただ、なんとなくというような感覚的なことなので、これこれこうだからと、理論的にいえるものではないところが、私の中での歯がゆいところです。

しかし、徐々にいろいろなことは、それまでの常識を覆され、世の中もしだいに変わりつつあるようだと最近特に思います。

先日、近所の方に、「あなたの思いどうりになるね」と、立話で言われ、、、、、、、

帰ってから考えると、そうなんだよね~、その時は、変なおばさん(笑)と思われていた非常識も全てではないけれど、少しは理解されてきているのだな?と、、、、、^^;

という前置きから、、、、、、、

 様々なことで、この私にとれば不思議な20年のうちにたしかに違和感や不自然さ、、などを感じたものは、それを先見的に観る人達の意識の集合を経て、世の中にもそれが浸透してくるようになってくることも少なくありません。

その一つに、現代医療ということがあり、ことガンについては、検診から治療~考え方について、最近、ネット内から今までの常識を覆すような情報が出てきました。

 私の両親を観ていても、昭和前半生まれ、閉鎖的な過疎地で情報も少ない中、本人達の心の拠りどころがお医者様様と言う考え方になっているので、母の場合もそうそうその意識をかえるということは難しく、、、、しかし、先日帰ってみて、二年前初めて受けた放射線治療の半面が腰痛の悪化(骨を衰えさせたのかな?)という気がしています。

そうはいっても、最終的にはその人の意識が強く思うこと(信念)の力が私はその人の心身に大きく作用していると思うので、何をどう思い、生きるか?ということはその人の選択にかかっていると思います。

ガンは生活習慣病の一つにいわれているように、本人の生き方(考え方)を変えたら私は治ると思うのです。そして、死ぬまでにはほとんどの人が気づかないまでもガンという本当は有り難いものになっていると思います。

 ここ数年、帰省の度に村中のあの人もこの人もというようにガンにかかり、治療中、亡くなったということを非常に沢山聞きます。(高齢者)

私の田舎は、がん検診は強制的で少しでも見つかろうものなら、今でも?おそらく、、、段階的に検査~治療が、有無を言わさずおこなわれるので、気の弱い人は(私も^^;)それだけで、進行してしまうと思います。

しかし、最近は医療界も患者の意識も進化しているので、都会から順に別の方法も日進月歩で出てはきていますね。

そして、宗教ということも最近、特に違和感を感じていますが、、、もう少し明らかになってきた頃、話しますね(笑)

まぁ、何事についても私の考え方のスタンスでありますが、これもあくまで私はこういう考え方を選択するということで、自分がこれがいいと強く思うものが自分の一番の考えになると思います。

 
 リンク記事(るいネットより)    「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢

   





Posted by そら   2 comments

お盆(あの世からのご挨拶)

 今年も不思議なお盆が終りました。
今年は義父の初盆でした。そして実父は来年13回忌です。


実父はこのところ毎年お盆で帰省の際は、「帰ったど~~」といわんばかりに、父らしい登場の仕方(ユーモアたっぷりに)で出てくれていて、、、、、、それ自体は怖くはないけれど、、、いつでるか?いつでるか?と、思ったら、それが怖くて、、、、

恥ずかしながら、、いつも、夫が先に帰っても、誰かは居る(娘が)ので、数日は実家で長居をするのですが、今年は誰も仕事やらバイトやらなので、、、、私も一緒に帰る事にしました

それでも、今年もお願いだから脅かさないでね!!と、お願いしときました

それは、たしか?初日の夕食時でした。皆で食べて居る時に、テレビがチラチラ~~消えてついて、2回位したので、これで、皆にも、理解いただき、いつも、私だけが騒ぐこともウソではないということを、証明、、、「帰ったど~~」の合図でしょう。

そして、、、お墓参り、、、、、、

車を駐車場に止めた時、一匹のバッタ(馬追い)が車に来ました(フロントガラス?)私がこわごわ手で払いのけると、、ブ~~~ンと回って、また、車に返ってきました。(この時点で私は、あれ??)まぁ、、いいや~~と、墓参りをしました。

そして、次の日、何かの用で私が車を出すときに、フロントガラスに、また馬追いが、、昨日のかどうかは?定かではないけれど、ど真ん中にくっついているのです。数居るバッタの中で、また、馬追いがですよ~~

もぅ、これは、父の化身だな!と気がつき、その話を家族にしたら、それはそうだねということになりました。その後、夫がガソリンを入れに(馬追いさんをつけたまま)スタンドまで普通の運転でいったそうですが、帰って見てみると、まだ、くっついています

そして、私が、では、触ってみてといい、夫が馬追いを手でつかもうとしたら、ブ~~~~ンとはるか遠くへ行ってしまいました。ありがとう、バイバイ!!ということだなと、、、思いました。

しかし、、、、、後から思うと、なぜ?私がそれを見た時に、知らなかった馬追いという名前が出たのかが不思議です。あの~~私、馬追いというのは言葉では知ってる(虫の声の歌詞で)けれど、、、これが馬追いだとは知らないのですけれど、、、、後から、検索したら、たしかに馬追いでした。。。

母は作年より、腰痛が酷くなり、一人暮らしには何かと不便な面があり、、それを夫が、家の修理や便利になるようにホームセンターに行ってくれ、いろいろ直したりできました。

素晴らしい夫だと思いますが、何か?馬追いさんご登場のあたりから、率先してやっくれるようになった風に少々うがった見方をしては申し訳ないけれど、私には、そう思えて仕方ないのです。そして、いろいろしてくれてありがと~~!!また来るね、、、バイバイ~~と、、、、、、父は生前、母にたいそう迷惑をかけた人で、申し訳なく思っていること山の如し(笑)のような人で、年とってからは、おまえが〇〇←母の名前、めんどうをみてやってくれと頼まれていました。

こういう話はこじつけかも知らないのですが?私には、そう感じることが今まで度々あったので、姿は前のように見えなくても、なにかしら?大切な家族を見守ってくれているように特に私たちが意識するお盆には感じることが多いです。これは、意識の世界は永遠だということで、そういう風に意識している人にはより、そういう風にわかるものだと思います。

また、義父は、葬式の時も49日もそして、この初盆も、墓参りの時に突然、天気が急変します。
49日の時など、4月7日に墓参りしようとしたら吹雪ですよ~~

今年は、止み間に合わせて墓参りにいったのに、途中、スコールほどの大雨に2回合い、ずぶ濡れになりました。

霊も個性がある
 ということを江原さんが前、言っていたけれど、生前の性格からご挨拶などもあっ!!と、わかるようになるのでは?と、思ったりもします。

そういえば、義父は戦争から帰った、生き方にも厳しい人だったので、もっと、しっかりせよ!!という風に私には感じられました。

この世の身体は無くなっても、意識は永遠に時空を超えて、また、いつでも出逢えるようになっているのですね
この世で別れを告げても、大切な家族を思い、風になり、時に化身として、私達の行く末を見守ってくれているようです


今年のヒーロー馬追いさんです(実写) そういえば父、顔が長かった(笑)

P1060771.jpg


私のお墓の前で、泣かないで下さい。そこに私は居ません、眠ってなんかいません。千の風に 千の風になって あの大きな空を 吹きわたっています。
秋には光になって 畑にふりそそぐ 冬にはダイヤのように きらめく雪になる 朝は鳥になって あなたを目覚めさせる。 夜は星になって あなたを見守る



後日談
 今日、8月18日母から珍しく電話があり、あれからも馬追いさん、玄関横の植木の中やまた、勝手口に張り付いてたり、まだ、名残惜しげに居るそうです。母は私のようなことを大袈裟にいうような人ではないです。(笑)


後々日談
 その後、玄関脇の馬追いさんは、ついに力尽き、死んでいて、母は水葬にしたそうです。この話を聞いて、やっぱり、あの馬追いさん、同じのだったのかな?と、、、

                               お  わ  り
               
Posted by そら   4 comments

エネルギーは意識に従う

 結局、人は自分が信じてる道を生きています。

世の中にどんなに定説があっても、どうやら、独自の信じる力(信念)というものが、その人のいろいろに関与していて最強のものではないのかと?思います。意識が現実を創るのですから。。。。。

例えば、牛乳神話あれこれ、、、、、、、

昔は、牛乳は骨を作る物といわれ、戦後、子供たちを始め国民総飲料というほど飲まれ始めました。たしかに、それで日本人の体格がよくなったような??
しかし、ここにきて、ネット内などからは、牛乳は飲まない方がいい、特に骨そしょう症によくないと間逆なことが言われています。私はもともと牛乳は嫌いなので、ちょうどいいや~と思いましたから、都合よく今までの思い込みを180度転換させ牛乳は飲まなくなりました。

そこで、骨そしょう症の母親にそれを一度はいってみましたが、医者からは牛乳を飲みなさいと言われているし長年の常識にしてきたし、また、人一倍頑固なので、そんな、バカな~と言う感じなので、ではでは、今さら無理しなくて、このまま、牛乳で骨強化をしてもらうことにしました(笑)

また、私のエピソードも変わってて、頭痛薬を飲むのに何か食べてから飲むより、空き腹に飲むほうが胃が調子いいという定説とは間逆な感覚を自分に見つけ、偏頭痛の時は食べられないので無理に食べず空腹で薬投入です。無理やり何か食べないとと食べていた時には胃の不調もあったのに、すっきりしています。そして頭痛回復後は、断食も出来て、体の中が生まれ変わった感じになります。

、、、、、、、、というようなことがいろいろな人でいろいろあると思うのです。

ガンなどの病気も、いろいろなもの(西洋医学、民間療法、サプリ、、、etc)で治ったりするように、人の意識の力、さらに、信じて、思い込んで、その力を強いものにすることで、人は独自の定説を作り出し生きているのではないのかと?思います。

また、意識の力は、悪い方にも作用するので、悪いことばかりの毎日という人は、自分のものの見方について変更時期ではないのだろうか?ということで、自分をよく観て、柔軟に変更していってください。ものの見方は一方向では決してないので、、

あのことで、あの人のせいで、、、、自分は~~~~というような発想はいたずらに事態を長引かせるだけです。
なぜなら、あなたのその摩擦はあなた自身のものであり、あのことやあの人のものではないからです。

これからは、自分が生き方の選択(決心)をし責任を持ってゆく時代です(一人ひとりが自立して)

自分で決心(心を決めれば)すれば、また、自分の責任のもと、変更も自由自在です。
自分を信じて自分なりの良い思い込みで輝くような日々が送れますように。



0829pink[1]




それと、、、密かに私の予感を書き上げておくと、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

これから、天候はまずます厳しいものになってくるでしょう。四季が限りなく二季になり、夏は高温多湿、冬は寒冷化降雪、世の中の状況も政治経済教育、、、、あらゆることで今までにはないような荒廃が起こり、もはや以前の価値観では生きられなくなるような状況がやってくるのかも?しれません。人々は心身共にストレスを伴うことになります。

そんな時がきても、外の世界に憂えてばかりいることにならないように、自分はどう生きるのか?何を大切に考え、世の中に、人に流されなく、一人ひとりが、活き活きとできる思考、環境、心の準備をしといたほうがいいと思います。

これは、滅亡とかいうことではなく、これから新しい時代に向かうにあたり、一旦古いものが壊れていくという法則で、私が長年世の中と人の意識を観てきて、当たらずとも遠からずという現状になってきています。

気候変動は今少し研究してみたいところですが、徐々にどの気候も私が今まで生きてきた中では、大きなものになってきているようです。世界を見回したら、洪水と干ばつという二極化の天候も特徴的です。

2012年、マヤ暦が新しい時代の分かれ目を告げています。こういう風な日付のものは、ドンピシャ的に考えるのではなく、大きな流れとして自分の感覚で感じ取っていって下さい。












Posted by そら   4 comments

意識というもの(時空間超越)

 昨晩は見るつもりはなかったのに、寝ながら、内村君を、、途中何度か意識を失いながらも^^;最後まで見てしまい、金メダルの瞬間をLIVEで見ました。

そして、今日、時間すぎるの早いね~~という話なんぞをしながら、、、、、、

そういえば、内村君のイメージトレーニングは、脳科学で調べたら、普通の人は三人称でイメージトレーニングするけれど内村君はそれを一人称で出来る高度な脳使いをしているということを先日テレビで見て、感動したので、それをネットで調べようとしたところ、どういう経緯でそういうところへヒットしたのか?

臨死体験の動画が出てきました。

うっ?! この人の臨死体験の動画は過去、何度も偶然?に遭遇するのだけれど、見たことないな~~!!と、では、見てみよう!!ということになり、20分間、とうとう最後まで見てみました。

私が一番人間宇宙の中で不思議に思っている「意識」について、そして、朝から話題に上っている時空間について、ドンピシャ的な波動でキャッチしてのチャンネルかな??と、、、、、、

意識については、私は夢の中で(明晰夢)やはり、そう思うと、そのとうりになるので、肉体がなくなると瞬時に思考から創造の世界を体験するのだということを体験しているので、木内さんの体験は本当だと思います。

最近はだんだんと地球の波動(周波数)が上がっているので、それに対応している人は、創造(思考→実現)が早くなっているし、時間経過も一日24時間から感覚人間の人ほど、または、自分自身を忠実に生きている人ほど、時間経過が早く感じて24時間のように長くないようです。ちなみに私の場合、睡眠除き平均5時間感覚です。

私は「意識」というものが人間の肉体ともう一つの重要なもので、それは三次元世界を超え過去、未来へも時間旅行できるものだと思っています。

では、木内さんの臨死体験動画と、私が長年探していたこの世界へ入った当時夢中で見ていた「ワンダーゾーン」を~~~~~~ 

          



          








Posted by そら   0 comments

絶対に笑ってはいけない柔道代表記者会見

 これ見て、腹抱え、涙流して笑う私って、、、、、、

しかし、強化委員長、、、たのんまっせ~
 


         


の人間界を心から楽しんでいます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。