神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   10 comments

子育て(自己実現)

 夕べ、夕飯つくりつつ、テレビみつつ、呟きつつ、、、、、

いつものように、ながら族をしていた時、テレビで精神科?心療内科?医が自分もわが子で経験し、また、患者さんから得た統計的なことで、理想の子育てということをいっていました。

フムフム、これは興味ぶかいぞ!!耳をダンボにして(今なら枝野さんかな?)聞きながらチラ見していましたが、子供の問題を持って相談に来られる多くのお母さんの話しから、そういう方達はきっちり、しつける、厳しい人(家庭)がほとんどだと統計的にわかったそうです。

それで、その先生は自分のうちのことも考えてみたら、同じようなことがいえると

小言を言わないでしつけないで子供を育てると物凄い確立で子供は元気になります。厳しい親に子供の問題が起こる確立が多いと、、、(不登校、イジメ、、、、  言われてました。

だから、試行錯誤の親の方もノンビリ気楽に構えている と子供は自然に考える力を養い生きる力を付けて行くことになると・・・

それ が、なかなか難しいのよね~~

、、、、、なことをアウトプットのつもりでボソボソ呟きながら、、、、、夕飯づくり、、、

その後、二人のお母さんが、素晴らしい呟き(返信)をしてくれ、とても勉強になりました。

そらさんこんばんは!ここはひとつ、「信じて」を加えていただきたいところです^^。「しつけず、信じて、見守る」理想です。ホントに。

成長の種は既に蒔かれていて、子どもはその花を見つめて努力を重ねる。けれどそれは親からは見えず、どのように育つのかもわからない。子どもの中にあるそれを透かし見る想像力が大切と肝に命じています。

ウ~~~n、マンダムww 

河合隼雄さんが、子育てほどおもしろい「自己実現」はないと言っておられます。
                ・
                ・
                ・
「どうしてこんな子なの」じゃなくて、「こんな子とどう生きるか」と考えるのが自己実現です。思うようにならない子供を受け容れるのが自己実現だといっていいです。


私が子育て(実は自分のこと)で悩んだとき、日本のユング心理学の第一人者の河合隼雄さんの本から、そして、ユング心理学に出逢い、またその繋がりから心の友に出逢い、現在でもユング心理学が心の支柱になっているのはたしかです。

人にはそれぞれ自分に合ったものがあるので、最近はオススメ本ということではなく、私の愛読書としてこんなの読んでますということでご紹介の一冊です。考え方も好みがあるので、自分に合ってるな!!というものが一番ですネ。

   
Q&A こころの子育て―誕生から思春期までの48章Q&A こころの子育て―誕生から思春期までの48章
(1999/03)
河合 隼雄

商品詳細を見る


  
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
(2001/09)
河合 隼雄

商品詳細を見る







スポンサーサイト
Posted by そら   2 comments

価値転換

 
 最近見ること(情報)が多くて、今はこれを見る集中力も理解する頭も無い状態ですが(笑)なんだか、そうだ!!そうだ!!もっともだという私、、、、、

そろそろ、あらゆるところを見直し価値転換していった方が、身(自分)のためではないのでしょうか?

 世の中は一気には旧体制は崩れませんが、いろいろなことの本当が出てきはじめました。そして、今やネットが世界中を網羅していますから、隠されていたことも露呈し、ねずみ講式に(笑)広まる模様です。圧倒多数の被支配側が真実を知れば、世の中は反動する意識により180度の転換をする日が近い将来くるでしょう?


楽しみですね~~~~ワックワク ドキドキ

  
  




Posted by そら   4 comments

宇宙(自分)と繋がろう

 先日、この動画がいいよ!と勧めてくれた人がいました。
ではでは、と、、、えっ120分と、ためらっていたところ、、、、


[広告 ] VPS



 では、こっちの3分版は?と、、、

私はこれで、たばこをやめました(笑)ではないですが、私はこれで、運が良くなり恵まれました。。。。








Posted by そら   2 comments

遠隔ヒーリングの結果と科学的見地

 腰が痛くて病院で薬をもらい飲んでるいるという田舎の母親に、本人にはいつものごとく、頭おかしいものが^^;(爆)こんなん一応やってるけど、、、と、電話でヒーリングのことを軽く言い、自分の気休め程度に遠隔ヒーリングを5日くらいやっていますが、、あくまで、かる~いノリで(笑)

それが、な、な、んと、あの頭ガッチガチの母親から電話があり、3日くらい薬を飲まずに済んでいるので、お礼の電話だとかかってきて、、、

やっぱり、届いているのだな~?と、自分でも驚いています。

母親は、前記事でも書いたとうり、目に見えない世界は、胡散臭いと、夫同様、こういうことはまったく信じない人なので、今までもする機会もないままきましたが、本人に施術するより、こういう遠隔ヒーリングのように、相手のハイヤーセルフとの話の方が(笑)いいのかもと?思います。

で、、、、、やっと私も狂人扱いされ40年あまりの年月も、多少は信心されるかも?(笑)と、、、。頑固が信じ始めたら、反対におもしろいかも?程度にやってあげようかと思います。

さてさて、前記事を書いてからBOSSさんという、こういう世界にも(目に見えない)また、科学にも詳しい方がテレパシー、遠隔ヒーリングを科学で説明して下さり、毎回、凄い話しを教えて下さるので、これはもったいないので、、、今開店休業のフェースブックの方も整えようかな?と、悪戦苦闘しています。が、まずは、ここにまた、掲載させてもらいます。

シンクロ奇跡シンクロ奇跡が当たり前になる幕開けの予感も感じています。

今日は、また、寄寓にも金環日食の日、太陽と月が融合するということは古代錬金術のシンボルであり、男性原理と女性原理の聖なる神秘の融合を示しています。

以下、遠隔ヒーリングを科学でバッサリ切っていただいたBOSSさんのコメントが凄く貴重なので、再掲させてもらいます。


「遠隔ヒーリング・・・スピ的な表現をするならば、そらさんと同じですね。
今日は科学チックにそれを説明したいと思いました。

私たち人間は「エネルギー体」と言われています。
そう、実は私たち人間は「超高性能な無線機=送受信機」かも知れません。
受信機=ラジオやテレビはチャンネルやダイヤルを回して飛び交っている電波に合わせて聴いたり観たりしますね。

レイキの能力を覚えると(実は思い出す!ですが)、人から発せられている信号に合わせて心のダイヤル・チャンネルを合わせると、自分がそれを受信できる=その人のオーラやチャクラなどのエネルギー状態がわかるのですね。

送信機という考え方は、
誰かが無意識に合わせているチャンネルと同じ周波数を心が発してやれば、その人へ「思い」という信号が届きますね。
以心伝心というものかな。

ただ
直接の手のひらのエネルギーだけならば、暖かいとかピリピリするとかモワッとするとかになりますが・・。

送信機も受信機も、周波数を決める心というダイヤル(チューナー)が機能します。 人間が発する・受信する周波数は、
声であれば7000Hzから、「思い」という ギガHzという赤外線や紫外線よりもズッと高い高い=波動というレベルまであるようです。
「光」よりも高い周波数かも知れない。
だから、瞬時に遠く離れた所へも思いが届くのかな

人間ってホントに超高性能な無線機=エネルギー体です!

ところで、無線機というからにはアンテナが必要ですね。
アンテナをエネルギーで振動させてやらないと、強い電波=波動は飛びません。
そのアンテナの原理が、そらさんがいわれる「ハトホルエクササイズ」です。

テレビのアンテナを思い出してください。FMラジオでもいいです。
テレビ本体からは2本の線がでていますね。
屋根の上のアンテナには左右に一対で分かれて繋がっています。
それ以外のたくさん付いているエレメントは、受信方向や電波を強くするためのもので、テレビとは繋がっていません。

ラジオの場合は、1本は本体から伸ばしています。
もう1本は、電池のアースと一緒に繋がって 仮想のアンテナとしています。

ここまでいえばおわかりですか?
そう、人間という無線機のアンテナの1本は 空=宇宙へ向かって伸ばさないといけません。
もう1本の線はアースですから大地へと向かって伸ばします。

ハイ、電波の周波数を決める ダイヤル=心=ハートを中心に・・・です。
これが「グラウンディング」というものですね


弓矢を思いだしてください。
矢を止めるところが一番膨らんでいますね、上下を見ると。
電波が振動で飛び出す原理もそれと同じです。
矢を止める場所に居るのが、人間というエネルギー体です。

心=ハート=人間を中心に、天地をつないでこそ、エネルギーは波打って四方八方に広がっていくのです
これを 一目で見ると「オーラ」になるのです。
オーラが身体の回りへと膨らんでいるように表現されるのは、このためです。

遠隔ヒーリングの理屈といわれるモノ、おわかりでしょうか。
相手様を思うだけで、心の中のダイヤルが相手の周波数を察知して同調(チューニング)するのです。

相手とチャンネル=周波数が合いさえすれば、あとは強く念じて(実はこの強くが難しい・・・)、念波を送信するだけです。
そこから先は、「音叉」の原理で「共振・共鳴」をはかるのですが・・・。
アチューンメントとは、チューナー、チューニングからきている「同調=共振・共鳴」をはかることです。
伝授って、そんなコツを覚えてもらうことに他ならないと思うのですが・・。


心の受信機の周波数をヘンなものにしていると、次々に嫌な事ばかりを受けて実現してしまうし、心の在り方を違うダイヤル周波数にしておけばそんなものは受信しません。
はい、これが引き寄せの原理でしょうか。

送信機でも同じことがいえますね。
思いをイイことへダイヤルを合わせておけば、応答してくれる相手もイイ人ばかりでしょう。
これ、シンクロの原理でしょうか。

スピリチュアル・・・・
少し見方を変えれば、身近な科学の切り口と共通していますよね。


このレイキエネルギーの原理が理解できると、パワーストーンのエネルギーも感じることができるようになります。

誰かに水晶などを身体のどこかに隠し持ってもらって、手のひらでその場所を当てる実験などをやってみてください。

いろいろな種類の石がありますが、それぞれ手のひらに感じるエネルギーが違いますので、慣れてくれば数種の石を手のひらでみつけることも可能ですよ。

レイキもいろいろな楽しみ方ができますね。」

転載終り

脳波などもお詳しいBOSSさんですが、ある本からの情報ですが、ヒーラー、シャーマン、サイキッカー、、、などそうした人々から出るエネルギーは全てにほぼ同一の正弦波(サイン)シグネチャーが認められるということで、それは、3つの高波と1つの低波のパターンが継続的に繰返されていて、そのパターンの出所は普遍的ハートチャクラのようです。そして、ヒーラーなどは、肋骨のすぐ上にあるキリストチャクラに意識を集中しているようです。



奇跡の日に、有り難き幸せです






Posted by そら   10 comments

遠隔ヒーリング

 骨こっそしょう(←何度聞いても覚えられないのでこれでいいのだ^^;)で腰痛が酷いという田舎の母に数日前から遠隔ヒーリングを試みています。

母は頭ガッチガチで、特に心や見えない世界の話は嫌い、「あんたの話しを聞くと頭がおかしくなりそう@@」と、失礼なことをいうくらいに、そういう世界が嫌いな人です。そのわりに、病気と共生してたり、UFO見たり、幽体離脱したり、、、、なんか、おかしな人ですが、、、、(笑)まぁ、それはおいといて・・

私は、レイキをその昔伝授してもらい(かなりその道に詳しい密教、キリスト教、仏教などにも精通した人に)始めはマントラ、シンボルもめんどくさ~と思いながらも、使っていましたが、ある時から、あれ?これって、なくてもよくない?って感じがしてきて、今は大光明も通り越し、宇宙エネルギーとして使っています。

こういう目に見えない世界は怪しさプンプンですが、、、私は手当てをすれば、手がホッカイロのように熱くなり、私自身も、火達磨のようにまっ赤な顔(体中熱く)になるので、きっと、作用していると思うのです。

伝授を受けた方はいわゆる江原さんのように霊視が出来るので、伝授後、私の霊道(脊椎から上へ伸びる道)がしっかり太くなったのを確認してくれています。

それで、そういうヒーリングは遠隔ヒーリングというのもあり、エネルギーは時空を超えて作用するのでイメージにより、空間を超えて一瞬で遠くの人にも作用するのです。

最近、私はこれに入る時の宇宙(自分)と繋がる方法を、<ハトホルエクササイズ>を使っています。そして、ハートチャクラに意識を集中すると、感動したときに胸が熱くなるという感じの強いのを感じ、これでハートチャクラが活性しているのがわかります。

ヒーラーはヒーリング中、肋骨のすぐ上にあるキリストチャクラに意識を集中しているようです。そこはまさに普遍的な無条件の愛の本源的なチャクラです。

真の癒しはヒーラーからクライアントに流される愛によって生まれるのです。よってヒーリング技法というものは、さほど重要ではないようです。

また、ヒーリングで大事なことは、癒したい人を誰でも癒していい権利はないということです。人は必要がありそれを体験して学んでいるので、むやみにヒーリングするのではなく、相手のハイヤーセルフに許可を得ることが大切のようです。


、、、、ということで、せっかくのヒーリングも家族にはおかしな人扱いだけれど、たまには使ってみようかな?と、しばらくやってみます。

          (参考) ハトホルの書 フラワーオブライフ、、、


P1060612.jpg







Posted by そら   4 comments

意識の流れと世の中の変化

 ネットでいろいろな情報がわかるようになり、私達はパンドラの箱をあけてしまったように、世の中のエ~~ッ! ウッソ~~~!な情報を知り、その理不尽さに驚いている人も多くなったのではないでしょうか?

その最も懸念される原発問題も、毎日毎日、理不尽極まりない対応に怒り、しかし、どうにもならないことに最近は焦燥感を通り越し、開き直り状態の私でしたが、ここに来て、やっとマスコミも世論の逆風を感じたのか?どうか?問題として取り上げるようになりました。

東電はここ数日、常務のお客様係り?の役者並み(笑)のおっさんのテレビ局まわりに、半ば、あきれ気味です。が、関西はエネルギー戦略会議で主要知事が意志を貫いてくれていることや、飯田さん古賀さん始め、関電につっこみをするどく入れてくれている結果、昨日は、どうやら、原発無しの供給見通しをだんだんだんだん下げ、、結果、当初16%不足といっていた数値を5%に変えたり、挙句は、もっと努力すれば、限りなく不足を補えるかも、なんていうニュアンスに変わりました。

おかしい原発裏事情も、表に出るようになり、これは、いろいろなことが、崩壊してゆく序章かも?と、見ています。

それは、多くの人が、なんか、おかしい?という意識から、それがまかり通っていることに、怒り、マグマを溜めていった結果だと思います。意識変換の集合で世の中は変わります。

   




Posted by そら   6 comments

世界を変える

 世界を変える

          Z42p3mwB[1]


大きな意味での世界を変えるということではなく、自分の生きている世界を変えるということですが、これは、「ものの見方、考え方」を変えることで世界は変わります。

人は何かといろいろな問題、悩みなどが生じてきますが、その時、あ~~困った、あ~~ヤバイ、嫌だ~~、、、、、、
ということになった時、その時に起こった感情(落胆、失望、不安、心配、焦燥、不満、、、、)を引きずりそのままだから、悩むということになると思うのです。

それは同じように思っていても、解決とは程遠いこと(堂々巡り)で、それまでの自分のものの見方、考え方をベースに感情が反応しているエゴによる考え方ということです。

そういう時には、まず、そのことが実際に起こったと受け入れ(良い悪いではなく、自分の身に起こったという事実を)ます。

この時点で、プラス、マイナスの真ん中ゼロです。これをスピリチュアルは愛といいます。

しかし、感情はマイナスのまま残っていると思うのですが、それを、あなたの世界を創っている主(あなた)が心地よい感情になるように、そのことに対する、ものの見方、考え方を、変えてゆくことで、世界は変わってきます。

物事は様々に考えられるのですが、年をとればとるほど、頭は硬く、頑固になっていく傾向があるので、何度も同じ認識をして意固地になっていくようです。

年をとればとるほど、頭を柔軟にと意識しとかないと、頑固ジジイやババア(爆)になってしまいます。

あなたが、経験する世界は、あなたが主なので、あなたにしか変えられないし、世界を心地よくするのも悪くするのもあなたしだいということです。

自由意志が与えれれているということは、あなたの世界の責任者はあなただということです。これが、真の自由(みずからのほうほう)ということです。






Posted by そら   2 comments

越木岩神社へ

 連休中に巨石が祀られている神社へいってきました。

このあたりはいろいろウロウロしているけれど、一度もいったことなかったので、一度見てみたいと思ってて、いってきました。

            
       
   P1060555_convert_20120507104159.jpg
   P1060556_convert_20120507104310.jpg
P1060557_convert_20120507104409.jpg
   P1060560_convert_20120507104613.jpg


説明はHPに詳しくのってるようなので、興味ある方は、そちらを見てくださいネ。

この日は、きつねの嫁入りか?というくらい、お天気なのに、時々小雨な一日でした。

巨石に触っていいですよと書いてあったので、さわった途端に、雨、、、、、、、そういえば、雨乞いに効くとも書いてあるしな~~、信じるものは救われる?だまされる?


        <越木岩神社>←HP
   
  


Posted by そら   2 comments

自分探し

 GWの最後は、竜巻、落雷、雹という気候に見舞われたところもあり、やっぱり、2012年は凄い年かも?と、思わざるをえない感じですね。

私自身はなんだか、体中が痛くて、おかしいな?歳のせいかと思ってみたりしましたが、もしかして、そういう天候の前だったり、スーパームーンの時だったり神社周りのあとだったりで、波動の法則的にいえば、周波数が上がっている状態なのか、まぁ、よくわからないですが、無理せず調整していこうと思います。

で、この先、どんなことが起ころうと、起こらまいと、毎日の生活で自分の心を整えることをしておけば、何があっても今日を充実して生きるスタンスで気楽に生きてゆけると思うのです。

いわゆる自分探しは、自分が目標を持ち、まい進してゆくものを探すということもそうかもしれませんが、私は、自分というものを良く知り(内観し)自我の私(意識できる)と、自己(本質)が自分を支えている心全体なのだと体感すること、いうなれば、自分の奥底に安心できるもう一人の自分を持ちながら生きてゆくことだとユング心理学より学びました。

無意識の自己(本質)はもちろん誰にでもあるし、誰もが自分が体験する世界の創造神です。その神の部分と実生活の自我が協力し合い、時に相談しながら(心の中で、、、でないと、おかしな人に見られますから 笑)生きられれば、安心感もあるのではないでしょうか?

これがよくいわれる「幸せの青い鳥は自分の中にいる」ということなのだと思います。

幸せは実体ではなく「そう思える心」ですね。何事がおきても、おきなくても、幸せを感じる心を実感することが自分探しの奥義だと思います。

ユング心理学では、錬金術の賢者の石という言葉で言われています。

(参)意識出来る自分=自我=肉体の自分  意識できない無意識の自分=自己=本質(エネルギー)

20090628081739[1]






Posted by そら   2 comments

恐るべし(有り難き)大坂のおじちゃんおばちゃん

  ”トントン”   「ここに座り~」

娘が就活に行く途中、電車の中で我慢できない睡魔にコクリコクリと立ったまま船をこいでいた時、中高年?どちらかというとおばあさんに近い年齢の人に、後ろから肩を叩かれ、席を譲られた日の話です。

娘は、立場が逆なので、「いえいえ、よろしいです。ありがとうございます」と、断ると、なおも、「私は次で降りるから」と、、、せっかくのご好意をあまりにお断りするのも悪いと思い、それではと、、なんとなくバツ悪いながら、座らせてもらったそうです。

娘は現在テレビで超氷河期といわれている就活真っ只中の学生です。全身黒ずくめ、髪もおとなしくカラスのぬれば色を一つに束ね、街のあちこちで見かけるザ・就活生!!おばちゃんの目には毎日大変やね~!に見えたのか?見えないのか?たしかにお疲れな彼女に少しでも休みなさいということでしょう。日程がつんでるときは、徹夜のままいくことが多いのに加え、娘は特に大学でも居眠りが得意というか?睡眠病ではないか?というくらい居眠り娘らしく、橋下市長に見つかれば、即刻クビのような娘です(笑)

、、、で、バツ悪いまま、大阪まで座らせてもらったということです。

そして、その日は大阪のビジネス街にある会社めざして、地図を片手にウロウロしていると、まず、そのビジネス街に行く途中で、おっちゃんが、「どこや?」と、、、頼みもしないのに地図を見てくれ、ここからこういって、あそこで、こう曲がってと、説明してくれ、挙句の果てには、その場所まで連れてってくれたそうです。

そして今度はビルの谷間で彼女は私似の(笑)方向音痴、どのビルだろうと見回していたら、今度はまた別のおじさんがやってきて、どこや、どこやというので、躊躇していたら、「あ~~別に悪いことはせんから心配せんでいい、金なんかとりゃ~せん」^^;とまで言われ、〇〇ビルの22階です。といったら、あ~~〇〇会社か。と、よく知ってられる様子。  前、探していた子は結局間に合わんかったし、、、と、道案内も何度もしていて、それを生きがいにしているようだった(笑)と娘はいっていました。

その日はそんなことが立て続けにあったというので、私が、そんなに娘が田舎からでも出てきたようで頼りなさそうに見えるのかと?改めてみてみましたが、そうでもないな??、、と。

しかし、大阪のおじちゃん、おばちゃん気質はこういう子達が困ってる風なら、ほおっておけなくなるのだろうな~~!!ありがたや、ありがたや、、、、

なんか、今時の大学生は頼りないという印象でしょうが、、、、それは、会社が一社や二社ならそうでもないのでしょうが、今日は、明日は、、、またそれにはエントリーシート提出からWEBテスト、セミナー、、、、、ネットでエントリーということになってから、なぜだか?大変なことになってるようです。今のリクルートスタイル、いつからはじまったのか?私にいわせれば、ちょっと異常な世界、、、受験もそうでしたが、その当事者でしかわからない異常な世界があちこちで繰り広げられているのが現代社会の病的現象です。

ここ数年は、黒ずくめのまるで、宗教団体(笑)のようないでたちの彼、彼女ら。私はこういう社会も長くは続かないだろうし、社会もだんだん変わらないと行き詰まってるようなきがするので、娘にはテキトーにしときなさいねと、大会社がいいとは限らないし、給料がいいところは、それなりのことはあるし、お金儲けということではなく、やりがいを持ち自分がこれなら一生懸命やれるというところを求めたほうがいいよ!!と、軽く助言しています(笑)

おかしなことが多い現代社会ですが、私の中で、就活生はそのルック(全身黒づくめ)から、システム(誰が得をしてお金儲けしてるのか?)を私らしくちょっと意地悪く(笑)見ています。

社会の風潮とはいえ、なんか、いろいろなところで知らぬことをいいことに、世の中は誰か?のために動いているようにも思えます。

世知辛い世の中でも大阪のおじちゃんやおばちゃんにありがたく助けられたという話でした。


imagesCAPV57BU.jpg
                                               (写真はお借りしました)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。