神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   2 comments

浄霊

      img10b71ad3zik2zj[1]



 毎日、拝見しているブログで、邪気邪霊は「アルミ缶」の音を嫌うと書いてありました。


私は、たぶん、生霊(ネガティブな思い)に好かれるような感じがあり、右肩がよく痛くなります。


そこで、今日、そのことを試してみよう!!と、アルミ缶(缶ビール)の缶をつぶしてみたら、


          「なんということでしょう」(笑)


スッ~ッと、肩が軽くなるではありませんか???



それにマントラもくわえるとさらにいい書いてあったので、知ってる、密教の「マントラ」も加え、アルミ缶バキバキです。



いいことをおそわりました。


私自身意識向上に努めてますので、、たぶん、死霊などには嫌われると思うのですが、、、、

「今、あなたに聞いて欲しかった、嫌なことを、、」という電話の前にそうなることからして、友人知人の愚痴、悩みが先にきたのだな!!と感じることがよくあったので、、、、、生霊には、好かれるのかな?と、、、、


今後の課題は、そういうネガティブな波動の輪から、外れる自分を創らないといけないということです。


見えない世界では、そういうエネルギーのやり取りが行われているので、くれぐれも、お気をつけ下さい。気の弱い(優しい)方は、右肩にドンときたら、心あたりがあると思います。


できるだけ、自分の意識を調和し、同調しないように自分を保ってください。


拍手もいいと書いてあり、神社では、そういう意味でのあの拍手なのかと思いました。



「音」には不思議な力があるものだと、改めて思いました。 



死んだ方の霊より、生霊がの方が怖いとよく言われています。霊とは「思い」です。



生きていても、ネガティブなことばかり思っていると、霊(思い)が一人歩きしてしまうことがあります。



そして、いずれ、それは自分のところへ帰ってくるので、帰ってくるものが良いものであるように、何事

も、自分が気持ちよい思いで暮らせるように、自分をよく知り、コントロールしてゆきたいものです。  
スポンサーサイト
Posted by そら   2 comments

私達はどこへ向かうのか?

 
 私達はどこへ向かうのか???  なんて、哲学的なこと考えてみました。


私達は、生まれてから死ぬまでに、本能的なものから社会的なものへ、そして最終的には魂的な欲求に到達するように遺伝子にプログラミングされているようです。


自己超越の世界です。


心理学の、 マズローの5段階的欲求 によれば、



各段階の欲求は満たされればブレーキがかかるようになっていて、上へ上へと向かうようになっているようです。



しかし、人間の本来そなわっている感覚に従わず、思考ばかりに従うようになると、繰り返し繰り返し一つのところでとどまるようになり、さらに強い刺激を求め、囚われの状態になるようです。



中年クライシスをかんがえてみるのに、人生の後半に、世俗的(物質欲、名誉欲、、、など)な欲求を満たした後、なおも、そういう位置での欲求を持ち続けていたら、内なる自己により警告ともとれるメッセージとして、中年クライシスが訪れるのではないのかと?私は考えます。



それは、自分を含めた家族や社会からの問題という形で出ることが多いようです。



心理学も最終的には トランスパーソナル心理学 という段階に入ります。


私達は何者であり、どこへ向かうのか?といった問いかけのなかにこそ、真に幸せになる答えがみつかるように思います。







あの、時に悪名高き、日本最大掲示板 「2ちゃんねる」 の各ジャンルのオタク的人達による、選りすぐりの、ちょっとシュールだけれど、さすがの名言?です。


  
Posted by そら   0 comments

2012年 アセンション

atmo01n.jpg


 いや~~~!  ビックリです。

久しぶりに、「2012年 アセンション」で、ググッテみましたら、もう、アセンションセミナーみたいなのや、沢山のサイトが、、、、、


私がまだ、見始めた頃は、本当に少なく、私って、いったい?って、自分はどうなったのだろう?と、


スピリチュアルという言葉さえ、使うのをはばかられるような、以前でした。から、、、


別にこれを商売にしているわけではなく、興味の域なので、いつでもやめようと思っていたのに、私の興味はいっこうに尽きず、深まるばかりです。



やはり、進化の方向なのですね。


とはいえ、まだまだ変人全開モードな感じではありますが、みなさんがいわれるように、いつしか?浸透して、それが、当たり前になるのでしょうか?


波動(意識レベル)を上げないと、このままでは地球は大変なことになりますよ~~~~!!


と、いう、インスピレーションを受けてから、たしかに、地球は今も危うい状況にはあり、人々は、そういう現象を真剣に考え始め、世の中、社会のあり方を考えるという、まずは、個人意識の変革からはじまったようです。


そして、個人意識が一定の数を越えた時、まとまった形での変革が起こり、新しい世界(社会)が形成されるのです。
たしかに、政治、エコ、環境、価値観の、、、個人を超えた動きも始まりました。


私が受け取った情報によれば、2012までの残り5年間は特にそういう人が増える、急速に変革の波が訪れるとされています。


感覚人間の人ならば、わが身で、感じることがあると思います。



時間の経過が早い

顕在化が早い

直観力が増した

夢と現実の境目がわからなくなるような感じ

パラレルワールド的感覚を味わう

シンクロニシティーが頻繁になる

奇跡のようなことが起こる

                、、、、、、、、、、、、、、、、、、、など等


面白い時代に突入です。


私は欲が少なくなってきて、毎日が幸福になりました。  それは人間ですから、時には辛い日も、苦しい日もありますが、昔のように、思い煩う自分はもういません。


たしかに、2007年あたりから、次元上昇の加速力が増している感じはします。あと、3年、、、、、、


どんな世界を私は創れるのか?、、、、楽しみです。


2012年、映画のように地球がなったとしても、今は、もう、どう、逃れようか、、、なんて、思いません。


なるようになる。  その時は、祈りの中ですね。  たぶん?(笑)



Posted by そら   4 comments

高次元意識を持つ


0710052[1]



高次元意識を持てば(三次元を上から観る視点)

楽に生きられる。       これって???????


三次元に生きている私達は、この世がどうなっているのか?三次元以上の視点を持たないと、この世がどうなっているのか?わかりません。

それで、私は、いろいろなものを見て研究しました。。。。。。。


三次元は二元でなりたっています。  例) プラス⇔マイナス 光⇔闇 明るい⇔暗い 生⇔死  男⇔女 健康⇔病気、、、、、、、、、、、


ところが、これを高次元の視点でみたら、セットになっているそうです。三次元では良い悪いのジャッジをしますが、高次元では良いも悪いもなくセットなのです。もれなくセットとなっています(笑)



三次元にいながら、高次元の意識を持つとは、自分という肉体、心が感じたことを、ただ、逆らわずに、「あっ、そうか」と、ちょっと、肉体から離れた感覚で(第三者的視点から)受け取ると何事もスムーズにゆくようです。


辛い、苦しい出来事を受け入れようとするから難しい修行になってしまうようですが、ただ、「あっ、そうか!」 と、気づくだけで、エネルギーが変わり、現実も変容するようなのです。


この世界は鏡像になっているようなので、目の前の相手で感じることは無意識も含めた自分の事という風に考え


例)目の前に、自分がとても冷たいな~~!!と思う人が現れたとします。そして、そういう人は嫌いだ、ということにその人はなるとします。

この人は、「冷たい」ことがいけないことという観念をもっています。しかし、現に冷たい(クール)な人は沢山いますし、温かい(ウェット)人を嫌いな人もいます。

そこで、自分は(冷たい人⇔温かい人)のセットが温かいに傾いているのだと、いうことに気づけば、それでいいのです。別に、冷たくしなくても(受け入れなくても)ただ、「あっ、そうか!」と気づけばいいのです。

自分は、温かい人⇔冷たい人 のセットの、温かい側に多く傾いているという気づきで、バランスをとっていくのです。そうすると、そこで、エネルギーが中庸(中心、ゼロ)に動き、相手が、奇跡のように、変わってみえるということを経験します。


これは、私が大小、いろいろな気づきにより、たしかに、エネルギーが変化し、現実が変わるという体験をしてきています。


経験によると、自分にとり、その問題の大小で、気づきも大小になり、その結果、成長も大小になります。


ということで、


自分に起こる全ての出来事は、自分のこととし、「自分の内側をみて、バランスを整えることにより」全ての問題は解決します。


これが、三次元ではとてもわかりにくい神秘です。


☆ 少しはわかったでしょうか?

これからも、この神秘の世界をできるだけわかりやすく説明してゆきたいと思います。








Posted by そら   2 comments

映画 2012

 映画 「2012」 が公開になりました。 そこで、22日に夫婦割引を使い、見てきました。


   

                                (予告編 より)


2012年は、私がいろいろ調べてゆくうちに、その正確な期日は限定されないにしろ、宇宙の中の地球の歴史は、いつか、こういうこともあるかもしれないということを知りました。それが、2012年12月21日なのか?どうか、は本当にところ、わかりません。


いろいろ研究されている人達も、実際わからないというのが本当のところだと思います。



この映画は、この時期出るだけあり、少し期待してゆきましたが、内容はあまりお勧めなものではないように私は思います。


CGと特撮が多く、映画酔いするような方、地震のトラウマがあるような方は、ちょっと、キツイかもしれません。


この題名になっている2012年は、マヤ暦が終わっていることや、数々の予言がこのくらいの時期を?いっていることからいわれています。



私は、それが本当かどうか?その日になってみないとわかりませんが、~2012年の25年間の変容については、自分でもインスピレーションを受け、たしかに、エネルギー加速の日々を今も過ごしているような感覚を受けます。


過去の歴史からみても、地球が宇宙律の中で大きな変容を向かえる日も来ると思いますが、それがいつなのか?


だから、私達は「今日、一日」を大切に生きる。というように生きたいです。


過去の過ちに、未来の不安に、こだわる思いを抱くことなく、「今日」という永遠の日に自分を心から表現してゆきたいものです。


今日という日が喜んで楽しいものになりますように、そして、それは明日へも未来へも続きますように

Posted by そら   2 comments

美男 美女

   先日、世界で一番セクシーな男が発表されました。


やはり、今年も「ジョニーデップ」でした。どういうところが選ぶのか、詳しくはみていないのですが、、


ジョニーデップは娘が大ファンで、「パイレーツ、オブ、カリビアン」は繰り返しみています。

「どこが、いい?」  「う~~ん、顔というよりも、演技、人間性、、、、」  ???


わからない魅力をかもし出す、ところが、世界一セクシーという称号に輝くのでしょうか??


バラエティー番組の男性MCが、「どこがいいのかな? ケントデリカットみたい、、」と、ちょっと、ひねくれて、ワーキャーゆう、女性j陣にいっていました。


たしかに~(笑)  な、感じもありますが、こうして年代とともに、PVをみると、それぞれの年代に、いい味出してますね。


意外にも?子煩悩なところも、ギャップを感じるところかも? 


               現在、46歳



     



 そして、美女だな~!と思う女性を発見!!

昔、どこかの(生命保険会社?)CMで流れていた唄が好きで、そのレコードを昔もってて、なんだったっけ?と探しましたが、見つからずいたところ、、、、、、、


先日、井上揚水とデュエットを組んだという女性の名前、「ジェーン・バーキン」で思い出し、PVを探しました。


現在は、62歳だそうですが、若い頃の、この美貌と、歌声、、、、、素敵だとおもませんか?


   
Posted by そら   2 comments

創造主

 

自分が自分の創造主であるということを クリス さんという方のブログで見つけました。


大変共感し、読ませてもらいました。


それに対するコメント、コメントレスも一緒に読んでみてください。

私達が、いかに、囚われているのか(きたのか)よくわかります。



    自分が創造主であることに気付く事


    
Posted by そら   5 comments

癒し

      20090628081739[1]


 毎日の生活の中で、何か?辛い、苦しい、心配、困る、嫌、、、、、、、など、


マイナスに心が身体が感じる状態の人がいらっしゃれば、それは               自分を癒すときです


同じ状態を長く続けていれば、いずれ、破綻することになります。身体も心も未病のうちに気がつけば、軽いうちに、快方へ向けて動き出します。



そういう状態の時は、バランスが崩れていることがよくあります。



人間は、中庸の生き物というように、「ほどほど」で上手く生きられるようです。



しすぎること、しなさすぎること、、、、、、、、、どちらか、一方に傾いた時、身体や心はメッセージとして、苦痛という警告を出してきます。



そんな時、そのメッセージがどういうものなのか?身体や心の声に耳を傾けて下さい。



自分がこうしなければいけないと思っている信念のようなものが、今、それが、本当にそうなのか?考え直す時期に来ているのかもしれません。



人生の後半に差し掛かる中年期には、しばしば、そういう形で、大きくメッセージが出てくるものです。



忙しい世の中ですが、たまには自分だけの時間もつくり、ゆるりとしてみてはいかがですか?


    
Posted by そら   4 comments

ライトワーカー

 自称ライトワーカーの私ですが、、、、


日頃は、ちょっと変わってるね、と思われ、言われながらも、なんとなく、あわせないといけないのかな?と思い、友人や世の中の価値観にもあわせたフリをして生きています



ライトワーカーの人達は孤独感を感じる人がいらっしゃると思いますが、かといって、自分の心にウソをついて、心とは裏腹なことを言ったり、したりするのは、これもまた、気持ち悪いものです。


私は、孤独ということはもう、なくなりました。それよりも、心にウソをつくことのほうが、苦痛なので、最近は、普通の?お付き合いも少なくなりました。


先日から、面白いサイトに誘ってくださった方がいて、ライトワーカー系の、そちらで自分を感じてみているのですが、イキイキしてますね。


思いが通じる、ひっかかりがない、ありがたい限りです。


現実は、まだまだ摩擦を感じながらも、避けていては、それこそ、変人といわれますから、、(笑)こなしてゆきますが、時々は、そういう仲間と、思いのたけを語り、学び合って、また現実に(どちらも現実ですが)帰ってこようと思います。


1+1=2ではなくなった方、または、ズレを感じる方、ここは、私自身もそうなので、気軽に声をかけてください。


煎じ詰めた思考、愛か恐れか


これからは、愛で生きなければ、宇宙から、はっきりとした、恐れの答えが返ってくるので、辛くなると思います。


変人の方は、そういう真実が良く判ると思いますから、まず、自分が愛で生きる実践を積んで、周りを照らす、文字どうり、ライトになっていきましょう!!


そういう気持ちになってから、私は長くたちますが、同じように愛(光)で生きる方は、凄く増えてきていますから、ネットワークで繋がり、まずは、それが変ではないということを認識し、自分を大切にしてください。


自分の軸がブレないように、心から思う言葉で、行動で、生きてゆきたいですね。


宇宙の愛はそういう調和です。


   


Posted by そら   0 comments

NHKスペシャル(魔性の難問)

 日曜日の、NHKスペシャルで、とても面白い番組をしていました。


「魔性の難問」 ・・・リーマン予想に挑む数学者たち、天才たちの栄光と挫折▽謎の法則


  imagesCAOE5A7P.jpg


私に左脳的な頭の良さがあれば、もっと理解できた?のでしょうが


リーマン予想という、数学界での、数百年来の難問を解くことが出来れば、宇宙創造の設計図、または、宇宙を司る全ての物理法則が明らかになるのでは?という予想に、数百年前から、様々な数学者達がこの難問に挑んでいるという内容の番組でした。



数学のもっとも基本的な数「素数」の並びが、どのような規則であらわれるか、数学者達はこの並びの背後に特別な意味や調和があるのではないのか?という直感のもと、それの解明に、まさに、魔性を感じながらも挑み続けているようです。


たしか?アカデミー賞をとった映画「ビューティフルライフ」に出てくる主人公はこのリーマン予想解明の道半ば、統合失調症になった、実在の人物のようです。



宇宙創成の謎にせまるリーマン予想は、人間が肉体を持っている三次元のうちに、解かれるのか?



それとも、私達人類が次のステージ、または、もっと上のステージに上らないと、わかるようなものではないのか?



この番組の中で、数学者と物理学者が、それぞれの分野の数式の中で同じスタイルのものを?照らし合わせることができたという偶然の一致で登場していた、 物理学者、フリーマンダイソンが、ガイアシンフォニーに登場しているPVの予告編だけですが、載せてみます。(フリーマンダイソンは唯一知ってる科学者が出てきて感激でしたから、、、)



    



現代の科学者は、突き詰めたところで、神秘の扉の前で、ひれふしてしまうような壁の存在を感じているようです。



地球の学問が、この宇宙の謎を解く日は、いつになるのでしょうか?



  






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。