神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   0 comments   0 trackback

ライトワーカー


yun_1574[1]




 どういうプロセスで来ていただいたのか?

超、ローカルで始めたブログに今日は蓮868さんという方がコメントを下さり、私もブログ訪問させてもらいました。


そこは、とても癒される空間で、進んでいる方向など、同じ同じと、うなずきながら(笑)少しずつブログを読ませていただいています。


そして、その方のお気に入りブログにもお邪魔してみたところ、これまた、なんだか、親近感を覚え(勝手に覚えてすみません)ました。


その方はkagariさんといわれます。

その方のブログも読んでいたところ、好きな言葉が、同じ!!と見て、感激~~しました。


「上に在るがごとく、下もかく在り」


どんな創造のレベルをみても、それぞれの上位と下位のレベルを繰り返し複製しているという意味の深遠なる言葉で、私はこの世界を学ぶ時の座右の銘?にしています。


ライトワーカーの孤独についても書かれていて、正直、ホッと癒されました。


是非是非、リンクさせてもらおうと思い、お願いコメントか、メールをと思いましたが、お二人とも、ノーコメント、ノーメールなので、勝手に、お気に入りにさせてもらいました。
(もし、失礼ならば、お申し出下さい。)



宇宙は今、大変革を迎えて、その真っ只中にいます。宇宙の変化は小宇宙である私達人類の変化でもあります。


この宇宙では、大宇宙、小宇宙、どちらも同じ循環の中にあります。


だから、あなたの意識変革が宇宙を変えることも出来るし、宇宙の変革によって、あなたが変化しているということにもなります。


これからは、二股の分かれ道があなたの目の前に現れてくるでしょう!!


それに迷わないために、どうか、しっかり目覚めてください。 
スポンサーサイト
Posted by そら   6 comments   0 trackback

スピリチュアル

 
 スピリチュアル  って、何? ちょっと怪しい?  流行のもの?


そうなのです。スピリチュアルって、なんだか、怪しいと思われているのが、現状のようです。


私がこのスピリチュアルに出逢ったのは、かれこれ、十数年前? 当時、カウンセラーの資格取得のために、「メンタルケアのスペシャリスト」養成講座の講義を受けていたとき、このスピリチュアルという概念が、WHOで認定されたということを聞いて、直感的に「これだ!」と思ったのが、始まりのようでした。


それからも、かなり、怪しい?という感じで今まで、広まってきていますが、こういう国連機関でも、スピリチュアルということを無視しては人々の健康は成り立たないという見解に、当時の講師でもあった、精神科医や学識者が一台見識だと、おおいなる興味のもと、何人もの人が話をされました。


私も、なんだか、これって、、、、凄そう!!という直感が働きました(笑)



そうして、今はいろういろな人がこのスピリチュアルということに触れ、初めて聞くという人は、そういなくなったと思います。


そこで、よく、スピリチュアルはなぜ?敬遠されるのか?という点について、私はこう、思います。


世界は、見える世界だけを捉えるからであり、それと連動している見えない世界、たとえば、「思い」のような、、、、、こういう世界により、見える世界が成立しているということが、勘のいい人ならわかると思いますが、二重構造のようになっているようです。



そして、スピリチュアルに逃げ込むということがよく懸念されますが、大丈夫です。経験上、地に足ついてなければ、それなりのことで、それはいけませんよ!!という現象が起こり、行ないを持って、スピリチュアルの成長はあるのですよという現象が起こります。(逃げてることから逃げ切れなくなることが出てきます)



スピリチュアルは知れば知るほど、それを実行して身につけていかないと、いけない世界のようです。



今はまだまだ、スピリチュアルという言葉だけが、独り歩きし、苦しい時の神頼み的感じになっていますが、人間の本質を理解され始めたら、人間が肉体だけではなく、エネルギー的な存在であり、私達がどれほど奥深い存在であるのか、理解され、生き方もガラリと変わることもあると思います。


真のスピリチュアルを生きている人は、真に幸せなはずです。


言葉は別にスピリチュアルでなくてもいいのです。本来の人間の姿で、この永遠なる宇宙の旅を楽しんでください。


それを、お伝えする時期にこられた人達に、なんらかの表現や言葉でもって、お伝えするのが、私達、ライトワーカーの使命です。



私は、ごくごく、日常近くを担当するライトワーカーなので(笑)できるだけ、地球の暮らしに直結した形で、このことをお伝えしたいと、自身も日々、努力の毎日です。
Posted by そら   3 comments   0 trackback

当たり前のこと


 当たり前のことといえば、普遍的なこと、普遍的なことといえば、いつの時代も変わらないこと、いつの時代もそれが、いいとか、悪いとかを越えて、人間、当たり前のことだと思います。


時代は、それを、今、求め始めた、みんなが、目覚め始めたからこそ、政治の世界も変わってきたのだと思います。


ある特定の集団、人の利益が他の人のためにならないとわかってきたから、やめましょう!!という当たり前のことが人々の中から目覚めとして出てきました。


個人の中からも、こんなことをいつまでも続けていたら、いけないということは、何かの形、姿で、表され、変えてゆかざるを得ないから、これからも、世界の動き、世の中の動きと共に、個人も変化が出てくると思います。


膿をだして、新しい、当たり前に、個人もなってゆかないと、どうも、この地球と適応できなくなりそうです。


人間は、本来、そのままで、幸せな存在です。


苦しい、怖い、心配、不安、怒る、ねたむ、、、、、、、などのマイナスの気持ちで生きてゆけば、必ず何かで破綻してきます




そう思わないといけない「気持ち」は今まで自分が作ってきたものです甘んじて、そういう自分を受け入れて、何事も上手く考えられる自分に変えてゆきましょう!!


どんな辛い出来事も、それを、あなたが 「どう」 思うか?で、そこから先の人生は雲泥の差で変わってきます。


これからは、当たり前に生きる時代です。


一人ひとりが、その人なりの幸せで、喜ぶ時代です。  


今日が、そして、明日からも、良い日でありますように。。。。。。良い日にしてゆきましょう。。。。。。
Posted by そら   2 comments   0 trackback

自分を愛する

        


 あなたは自分が好きですか?     自分を愛していますか?


自分を愛すって、、、、、、たぶん、とても分かりにくいことだと思います。


無条件に親から認められていたという人は、その体験がそのまま身について子育ても人間関係も上手くゆくのですが、、、、、、、


私はそうでないことを、子供を持ち、わかりました。それから、愛(無条件の愛)ということを大変な苦労のもと学んできた気がします。  そして、そして、、、、、、、今も、、、




04[1]


これは、私の実話です。


私は、「カウンセリング研究会」というボランティア団体に数年所属していたことがあり、カウンセラー見習いをしながら、歴々のカウンセラーの方の中で学んでいました。


その時の、大胆発言を今から思い出しても、それを聞いたカウンセラーの先輩方の、ちょっと、呆気にとられた顔を思い出し、笑っていますが、、、、、、


自分をどう思うか?というテーマでの勉強会みたいなことだったと思うのですが、その時、私は、「私

は自己評価が高いです。」  「そうですね、月給に換算すると、86万円くらいですね。。。」


 「。。。。???」 ←みなさんの顔の表情です(笑)


自分でも初めは何をいったんだろう、という感じでしたが、それから、よく考えてもこの評価は、変わらないのです。


そうです。私は月給86万の専業主婦です。


どういう根拠でもって、この数字が出たのか?定かではないのですが、給料水準からしても、高いという評価には間違いないです。まして、専業主婦ですし、、、、、


、、、、ということから、考えてみて、私は自分がとてもよく頑張って生きていると思っていたようです。

無条件の愛も、時に死んでしまいたいくらい悩みながら、試行錯誤の中、生きていましたし、今もです。



だから、私は自分をいとおしく思います。それは、自分が立派な人間だということではなく、人と比べるのではなく、自分で自分がよく頑張ってきたと思うのです。その思いが、高い月給をつけたのだと思います(笑)



なので、私は自分がいつの間にか、とても好きになっていました。一度は消してしまいたいと思っていた自分ですが、だんだんと、自分のあるがままを許せるようになっていきました。



そういうことが出来るようになり、子供も、今の、そのままのあなたを受け入れられるようになると思うので、愛するということを今一度、考えてみてください。


これは私がなぜだったのか?自分を好きになり始めた頃の、ちょっと、おかしな(笑)出来事です。



自分のあるがままや、頑張りは、まず、あなたが一番に認めてあげないと、その先にはすすめません。自分にないものは分からない(出来ない)ようになっているのが神秘なのです。



無条件の愛は、あるがままの姿を受け入れること。それは、自分に出来れば、子供や他の人にもできるという順序があります。

どんなに受け入れがたい自分でも、今ここの自分をしっかり受け止めてあげて下さい。そうしないと、子供であれ、親であれ、伴侶であれ、愛すること(無条件に受け入れること)は出来ません。


無条件の愛=あるがままを受け入れること=宇宙の根源


Posted by そら   0 comments   0 trackback

クレヨンしんちゃん

 
 クレヨンしんちゃんの作者、臼井さんが行方不明になられて、一週間になります。


クレヨンしんちゃんは、今、はたちの子供が小さい時から、テレビで、映画で見ていました。教育上よくないとか、賛否はありますが、ここまで、続いている、私は名作だと思います。


臼井さん、どうか、ご無事で、いてください。


ロングランなマンガなので、こういう動画があり、前から、目をつけていたのですが、なんだか、こういう状況になった今、また、この動画が二重に感動を呼んでいるようです。


前ブログで一度貼り付けましたが、「シロ」をとりまく野原家の歴史と命ということに感動したので、もう一度、この「感動」13年後のクレヨンしんちゃんをつけてみます。
     

  
   


   ↑
 連休前に、このように書いて、下書きに入れていました。臼井さんは、残念ながら、帰らぬ人となり

発見されました。ご冥福をお祈りします。



 私は、クレヨンしんちゃんの軽そうな中にある、深い部分が好きでした、、、、、、


   
Posted by そら   5 comments   0 trackback

変人

        c0015546_1894926[1]



 前ブログでは、自分が、なんだか、変わっていると思ってる人が、何人か?見てくれていて、勇気を出してコメントもしてくれてました。


かくいう、私も、長年、世の中とは若干ズレを感じながら、生きてきました。 しかし、そういう人達が、世の中には段々増えてきて、自覚を持ちながら生きているということが分かりました。


そういう現象を分かりやすく、ある方のブログで書かれていますので、ご紹介します。


「目覚めが始まり出すと、幾つかの兆候が出てきます。

その一つは、社会の価値観に対する違和感のようなものです。
テレビや新聞報道の底が見え始め、世の中一般が信じている正義が薄っぺらなものに思え、多くの権威がただの幻想だったことを見抜いていきます。

お金や名誉といったものへの興味が薄れ、永遠なるものや霊性に関心が移っていきます。
それまで楽しいと思っていたこと(たとえばゴルフだとか、世界旅行だとか)が急につまらなくなり、そんな話題で盛り上がる会に参加をするのが苦痛になります。

友人関係が減っていきます。
むしろ個としての存在を大切にしたくなるのです。

どうですか、あなたのことでしょ?(笑)

ここに集まる人の隠された共通点は・・・社会から浮いているってこと。
早い話が変人(笑)

その変人を貫いて生きている人と、完璧に演じながら普通に生きている人との違いはあるけれど、中身は同じように変人です。

何に対しての「変」かと言えば、既存の社会が信じている枠の中には納まらなくなっているということです。

しかしそれこそが目覚めの兆候です。

ぐっすり眠りこけた魂たちは、この社会に多少の違和感は感じても、その中で喜びを見出し、生きて死んでいくことに疑問を持ちません。

そのような人にとっては、このブログで繰り返し伝えているような話はチンプンカンプンですし、そもそも興味がありません。

だからと言って、良いとか悪いとかの話じゃありませんよ。
人によって目覚めのタイミングは違っていて、すべての人はそれで完璧だからです。

さて、完全に目覚めてしまえば、あとは起こることが起きるだけで、人生は考えられないくらいにスムーズに快適になっていきますが、それまではどっちつかずの葛藤が随所に現れると思います。

それは新しく生まれ変わる為のプロセスであり、誰もが通る道です。

でも大丈夫。
僕がついてます。(ちょっとカッコ良すぎ?)

ほんの少し前を歩く人間が、「こっちだよー」って語り続けていきますから。
で、どっちなのかと言えば、それは「いまここ」です。

迷いそうになったら「いまここ」に戻ってきてください。いつもそこに全ての答えがあります。」
(これはよく読ませていただく、阿部さんという方のブログより転写させてもらいました。)



 自分はそういう生き方(ものの考え方)を獲得してきたから、とても充実していきているのですが、なんだか、大勢の中に出ると、疲れたり、とまどったりしてしまう人が、これから、どんどん増えてゆくと思います。


 そういう方は、必ず分かち合える人がいますから、巡り会っていってください。

もちろん、ここに訪ねていただいても、大歓迎です。
 
         

    ∞世界中のみんなが平和になりますように∞
Posted by そら   0 comments   0 trackback

その時歴史が・・・

 9月16日

新しく歴史が動いた日、私はとても感慨深くこの日を迎えました。

十五年以上前、これからの国、世界、地球の姿を憂い、先々、大きな「意識変革」の元、変わらなければならないことのインスピレーションを受けてから、私なりに、世界を国を表から、裏から見てきました。


一般には知られていない、いわゆる、裏社会の勢力で成り立ってる国家や世界の姿を、どう、掘り起こして、民が平等に平和な社会になれるのか?私なりにいろいろな視点から、調べてきました。


長きにわたり、支配されてきた社会は今まさに、終わりをむかえ、新しい意識の元、私達自身も、ただ、やってくれることを性急に待つのではなく、責任と共に参画してゆかなければならないと思います。


人々はまだまだ、恐れの思い(ネガティブ思考)で、生きているので、変わること、期待を裏切られることを凄く不安に思っているようです。


が、、、、、、ここまで変わってこれた今時点での世の中の変化に大きく期待し、温かく見守る姿勢が大切なのではと思います。


もう、一つのインスピレーションは、日本発ということでした。


もしかしたら、この日本の変革が、世界をも巻き込んで、大きく地球の転換点になることを、私は、ここ二十年、日本を世界をみてきて、感じます。



一人の「思い」が集合意識となり、世の中を変えることが出来るということを、この時代に生き、経験できたことは、凄いことだと思います。
Posted by そら   2 comments   0 trackback

ハトホルの書より 1

 人間というものを理解する上で、私は一冊の本に出会いました。

「ハトホル」という高次元存在からのメッセージを書いたものなのですが、その本の不思議なことといったら、、、、、、、


まず、私の直感で、この本は素晴らしい!!と一目ぼれしました。それから数年間、手元にあるのですが、すんなりわかるような本ではなく、私の中で難解本のぶるいです。そして、真理がそうであると書いてあるように、自分の経験体験によって獲得した真理の分量?器だけ、わかるようになっているような本なのです。


真理とは、知識を得たら、その体験を踏まえ、自分が成長する中で獲得してゆくものだということが、よくわかるようになっているようです。
これからは、少しづつ、この「ハトホルの書」をランダムに書いてゆき、自分も改めて、考えて、体験してゆきたいと思います。


  51YBP8VVV8L._SX230_[1]

<ハトホルの書>より
 

 一見、自分の外側で起きているかのように見える出来事は、実際のところあなたの内側に反応を生み出すきっかけであり触媒にすぎません。出来事そのものは本質的には空(くう)です。それは引き金であり、あなたの意識のなかになんらかの反応を引き起こす原因となるのです。

 人は人生というイニシエーション(通過儀礼)の過程を通過しながら、しばしば困難として立ちはだかる無数のものごとに感覚・感情反応を自覚しつつ、それを自己への思いやりを持って体験し、愛によって自身の内側を見つめるなら、あなたの苦しみを作り出している二極性をそこに認めることができるでしょう。その二極は、あなたのもっとも深いレベルにある信念と選択とに支配されているのです。


 イニシエーションの本来の目的は、魂が自分のした選択をはっきりと確認して理解できるように、魂の反映像が見えるような鏡を提供することです。


 従って、どれほど大変な体験に遭遇したときにも、その状況に対して自分が内側でどう感じているのかを見つめようとしなければ、大いなる気づきと明晰さに到達する途方もないチャンスを逃してしまうのです。

 



 <解釈> 


 難しそうなことが書いてありますが、自分に起こる出来事が、もし、違う人でおこったならば、それはまったく違った解釈になりえるという意味で、その人それぞれの深い信念に基づいた、解釈がされているということです。同じ出来事、災難でも、人それぞれの取り方は全く違うという点で、自分におこる出来事は、どういう人が絡んでいようと、その人の体験ということになるのです。


もし、とても辛い大変な出来事に遭遇した時に、この出来事を自分がどういう風にとらえていて、自分の信念体系はどうなっているか?という形で観てみるという、思いやりの気持ちを持って望んでみるならば、その大変な出来事が、実は、自分を、人生を変える、大きく、貴重な出来事であるとわかると
思います。


そのようなことを人はしばしば、奇跡という形で体験をしてゆきますが、ものの見方をこういう見方に変えてゆくと、奇跡の連続を体験することになると思います。
Posted by そら   8 comments   0 trackback

インフルエンザと免疫力

         P1020245.jpg
        癒しの(リラックス)時間をもっていますか?


  現代人はとにかく、時間に追われて、なかなか、ゆったりとした時間を持つことが出来ない傾向にあるようです。


多くの最近の人に見かける傾向に、何もない時間を過ごせない、ボンヤリしていることを悪いことに思う。そういう人が増えてきているように思います。


特に、子供がボンヤリしていることがよくないことだという母親が多く、とにかく何かしている子供をよしとする傾向にあるように思うのですが、、、、、、


子供は、このボンヤリとしている間に成長するといわれています。


だから、まず、ここは、少しは親が見本をしめし、ゆったりとした時間ですごしてみてはいかがですか?


現代人は、このちょっとした、時間の使い方を忘れているようです。  自らをキチキチの時間でしばり、心身ともに疲れている人の姿を感じます。


新型インフルエンザで、うがい、マスク、ワクチン、という前に、心身ともに、リラックス出来、免疫力を強するような生活を心がけてみてはいかがでしょうか??


こういう病気の背景には、見落としがちな、私達の生活スタイルや、考え方に対しての警告ともとれるメッセージが潜んでいます。


新型インフルエンザもむやみに恐れず、そういう方向からもみてみる視点をもちたいものですね。



そして、好きなこと、楽しいことで、ワクワクしているような時には、身体は元気という、元の気でいっぱいです。


動くことと休養のバランスを自らの身体で体感し、バランス良い生活をとりもどしたいものです
                         

   
                       af29a09b6537b72831d75aecfcda654c[1]




Posted by そら   0 comments

この場から、、、、

  Aさんへ

前ブログを突然やめてしまい、誠に申しわけありませんでした。


炎上したのではありませんが(笑)自分の中でくすぶり続けているぼやがあり、とうとう、延焼し始めたので、一度全てのネットをリセットしたわけです。


あの時点で、四つのサイトを管理していたこともあり、少々疲れてもいました。


そして、予告もなくやめてしまった私に、待ってるからと、、、、、とても嬉しかったです。


また、再開というか、新たにスタートしますね。


ところで、今年の夏(お盆)は小学校の同窓会が、初めてありました。実に、四十年ぶりくらいの集まりでしたが、昨年、高校の同窓会を名幹事のAさんに(笑)していただいていたので、田舎の小中高

割と同じ顔ぶれで進学する地方の私達にとっては、そう、懐かしい人もいなかったのですが、S山の

K本くんは、何十年ぶりの再会でした。


偶然、母校の小学校の先生に、赴任してきたところのようでした。


年とともに、こういう集まりも多くなり、懐かしく帰省できることに、地元の皆さんに感謝です。


さてさて、我が、阪神タイガースも、えらいこっちゃ~!!になりかけていますが、上から下から、、、、


今年は、何事も御の字の精神でと、あくまで、私は思っています。CSも出られれば、御の字くらいに思って、、サッカーに大きく浮気しながら(笑)見ています。



今後とも、ご愛顧のほど、よろしくお願いします。




お詫びに(笑)  超、かわゆい、太田裕美のPVを貼り付けてみます。女の私が見ても惚れ惚れするかわいさですね。そして、唄と共に、この映像をみると、、、、、、


あの時代に、タイムスリップしてしまうような感覚になります。 うっう?誰かに似てますな~(汗)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。