神秘の扉~光の時代へ

直感と閃きで出てきたもの(気まぐれともいいます笑)を書いています。 何が出るのか?お楽しみ~☆ よって不定期更新です。 
Posted by そら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by そら   10 comments

子育て(自己実現)

 夕べ、夕飯つくりつつ、テレビみつつ、呟きつつ、、、、、

いつものように、ながら族をしていた時、テレビで精神科?心療内科?医が自分もわが子で経験し、また、患者さんから得た統計的なことで、理想の子育てということをいっていました。

フムフム、これは興味ぶかいぞ!!耳をダンボにして(今なら枝野さんかな?)聞きながらチラ見していましたが、子供の問題を持って相談に来られる多くのお母さんの話しから、そういう方達はきっちり、しつける、厳しい人(家庭)がほとんどだと統計的にわかったそうです。

それで、その先生は自分のうちのことも考えてみたら、同じようなことがいえると

小言を言わないでしつけないで子供を育てると物凄い確立で子供は元気になります。厳しい親に子供の問題が起こる確立が多いと、、、(不登校、イジメ、、、、  言われてました。

だから、試行錯誤の親の方もノンビリ気楽に構えている と子供は自然に考える力を養い生きる力を付けて行くことになると・・・

それ が、なかなか難しいのよね~~

、、、、、なことをアウトプットのつもりでボソボソ呟きながら、、、、、夕飯づくり、、、

その後、二人のお母さんが、素晴らしい呟き(返信)をしてくれ、とても勉強になりました。

そらさんこんばんは!ここはひとつ、「信じて」を加えていただきたいところです^^。「しつけず、信じて、見守る」理想です。ホントに。

成長の種は既に蒔かれていて、子どもはその花を見つめて努力を重ねる。けれどそれは親からは見えず、どのように育つのかもわからない。子どもの中にあるそれを透かし見る想像力が大切と肝に命じています。

ウ~~~n、マンダムww 

河合隼雄さんが、子育てほどおもしろい「自己実現」はないと言っておられます。
                ・
                ・
                ・
「どうしてこんな子なの」じゃなくて、「こんな子とどう生きるか」と考えるのが自己実現です。思うようにならない子供を受け容れるのが自己実現だといっていいです。


私が子育て(実は自分のこと)で悩んだとき、日本のユング心理学の第一人者の河合隼雄さんの本から、そして、ユング心理学に出逢い、またその繋がりから心の友に出逢い、現在でもユング心理学が心の支柱になっているのはたしかです。

人にはそれぞれ自分に合ったものがあるので、最近はオススメ本ということではなく、私の愛読書としてこんなの読んでますということでご紹介の一冊です。考え方も好みがあるので、自分に合ってるな!!というものが一番ですネ。

   
Q&A こころの子育て―誕生から思春期までの48章Q&A こころの子育て―誕生から思春期までの48章
(1999/03)
河合 隼雄

商品詳細を見る


  
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
(2001/09)
河合 隼雄

商品詳細を見る







スポンサーサイト
Posted by そら   6 comments

本当の幸せ

 私達の本当の幸せは、個人(自我)を超えたところの全て(自己)を知ることだといわれています。

私達の本質はみな同じで繋がっている、精神世界で言われるところのワンネンスということです。その外側に個性という自我があります。

ワンネンスは自我が消滅し、自己を知る(思いだす)ことで経験します。

私は、これを30代で経験し、「意識変換」がおき、全ての基準が自分というより、個人を超え、森羅万象?に移り、当たり前がわかるようになっていました。

今、原発問題でいろいろ議論されていますが、脱原発という人たちをみていると、それが、その人の中で、しごく当たり前なことだと思うのです。疑う余地も無く、原発が自然の法則に反しているということが肌身でわかり、このままではいけないと思うのですね。

瞑想でそういう心境(ワンネス)になられる人もいるかと思いますが、私は、自分に危機が起こった時、もぅ限界と思い、自分(自我)を殺すという経験をしたから、一瞬でも自分の本質(自己)に出逢い、今に至っていると思うのです。

人間の意識は、自分で自覚できる顕在意識と無意識があり、無意識は奥へいくほどに外へと広がりをみせ、地球意識、宇宙意識へと、無限大に広がっています。

本当の幸せとはユング心理学では、自分の意識(自我)と無意識(自己)を認識することだといっています。自己の存在を実感するのが自我なので、両方が向かい合い一つになることが大切なのです。

自己を知った(思い出した)なら、自我で実践(行動)してゆかないといけないということですね。

*難しくなりました。また、表現、解釈が、多少間違っているかも?しれません。 御許しを・・・




 夕べの地震に妙な感覚を覚え、いろいろ調べているうちに、こういう記事に出逢いました。もしかして?トンデモかも(笑)しれませんが、、、、この方の紹介本には、私が直感で閃いている常温核融合について書かれてあるようなので、記念にリンクしておきます。

    <巨大地震は水素核融合で起こる!>


しかし、素朴な疑問、、、、、

余震って、今までもこんなにも多いの?  ウソかまことか?昨日の地震、フクイチと緯度経度がほぼピッタリらしい? 揺れ方、場所がおかしいという方が複数、、ニュースであちこち見る情報と政府のとる策がチグハグ

まぁ、大事にならねばいいのですが、、、、^^; 地球(日本)どこへ向かうか~?





Posted by そら   6 comments

バランス(統合)

 宇宙はバランスと共に在るようです。(プラスマイナス)

最近、面白いことに気がつきました。いろいろな人の呟きを見ていると、ひっかかる時があります。

それが、ある時はプラスな呟きに、、、、、  ある時はマイナスは呟きに、、、、、
ブログなども同じようにです。

時にプラスを読むと、歯が浮いたようで、、、気持ち悪い(笑)
また、時にマイナスを読むと嫌な気分になる。

しかし、自分自身もプラスのことばかり呟いていると、時に、ぼやきたくなるときもあるし、ぼやくだけぼやいたら、ウキウキなことを呟きたくなる。

これって、バランスなんだわぁ~って、そして人の呟きで感じることは自分の心の投影だわぁ~って。

人間は意識している方の反対が無意識にあります。こうあらねばならぬと思っている反対のことは無意識に、、、、、、こうあってはならぬが意識上のこだわりほど(同エネルギーで反対が)あるようです。

そして、人はそれぞれ誰も違う。一つのことに対する反応も人それぞれ、自分の意識を通して観て感じているので反応も千差万別、一人一宇宙(笑)

自分の心のバランスがとれているときは、呟きもどちらも、ふぅ~~ん、な感じに読めるし、また、どういう世界もプラスとマイナスは混在しているのが自然なんだと思います。そう感じられる時って自分もバランスとれているんだと思いました。

現実はニュートラルです。それをあなたがどのように解釈するかで世界は創られてゆきます。自分の統合作業、中年以降は特に大切な生き方になってきます。

* 全然関係ないですが、面白動画を見つけました。(☆日本は終了しました☆ 犬の顔)が好きです(笑)

           



Posted by そら   2 comments

バランス(統合)

 統合作業は夫婦ですれば、わかりやすいといいます。

私達夫婦は、あらゆることが両極というくらい、違っています。

(例えば)
♂ 論理的思考 保守的 持久的 気をつかわないタイプ(失礼)、、、、
♀ 感覚的思考 革新的 瞬発的 自称気遣う方、、、、、

 だから、結婚当初は、様々なことでぶつかり合い、イヤでも(笑)25年一緒だった父親とまったく違うタイプに正直、戸惑い、言い争いもたえませんでした。まぁ、どちらかというとタカ派な私の方が表面上は強いのですが、彼はその分、絶対曲げない、頑固なところがあり、私は言う分、あとくされはないという、よくよく考えれば、トントンな感じで人間って平等になってるもんですね。

今でも、超現実的なのが夫、変人ヨロシク(笑)飛躍的発想なのが私、、、、

しかし、これって、客観的にいろいろ観てみたら、上手くなってるようで、つくづく、宇宙はバランスをとるように働いているのだと分かりました。

だから、今は、調和をとり、お互いのことを、理解し合えるように、やっと、なってきました。

目の前の人をあるがままに見て(愛し)  違いを知って認め合う(調和する)

宇宙は、調和がマテリアルであり、その中の私達人間の細胞自体も愛と調和で構成されているようです。自然の法則に逆らわなければ、そこに平穏があります。

統合作業は、ユング心理学によれば、中年以降の大事な仕事、あなたが、あなたらしく生きるために、ユングはそれを個性化といっています。

                 P1030563.jpg
   
結婚25年を向かえる今年です。結婚当初のファースト夫婦茶碗
「懐かしいな~」
Posted by そら   0 comments

本当の幸せ「個性化の過程」

 本当の幸せは、「心の安定」です。心の安定は、どうしたら得られるのでしょう?

今日は、ユング心理学の自己と自我ということから、「心の安定」について記してみます。


(自我)
 
  私は私であるという気持を支える「意識の中心」

  自分にとって当たり前の自分。

(自己)

  無意識と意識を合わせて完成した「心そのもの」

  自我は意識だけを支えているが、自己は心の全てを支えている。

  自己が自分の中心にあって、心の要素が全て自己と向き合っていれば、本当の心の穏やかさを得られる。


自分のマイナスな面(コンプレックスやシャドー、、)などは、無意識にしまいこんでいます。ここは、自分が普段ほとんど感じられない部分、はっきりと理解出来ない部分です。


ところがある時、この無意識からのメッセージのように人は、自分にとり、よくない出来事、苦悩、に出くわし、どうやら、自分の中に普段の自分は意識していない領域があることを知ることになるのです。


主に、中年以降の仕事に意識と無意識との統合作業 「個性化の過程」 に向かい、人は真の幸福を味わっていくようになるようです。  

      


要するに、丸ごとの自分(自分が良しとしない自分も)を受け入れてゆくことにより、人は完成した自分そのものを目指すことになります。

ユングはあくまで、個性化の過程としているのは、それは、階段を一段ずつ登るようなもので、目覚めも、悟りもそこからのスタートで決してそれで終わりというものでないということです。


それには、いつでも自分を謙虚に見つめることが大切で、自分が正しいと思い込んでいることの正体は、何か?または、自我の偏った判断・・・・・

そんな自分にあるものを、理解しようと努めることです。


ぶっちゃけた話・・・・・

とても個性が強く、あの人、、、、ちょっとな~~と思うような人も、その人が、心穏やかに生きているのなら、それでオッケーもし、その人と付き合うことになるあなたが嫌ならば、それは、あなたが考えること、、、、

例えば、お付き合いしたくなければ、しないという選択、または、自分の主張をして、被疑者意識にならないこと

価値観、考え方は、人それぞれのもの、何が正しい、間違ってるは、限りなく個人的なことだから。。。。


しかし、こういう人間統合作業をしていくうちに、許せる範囲も広がってゆくので、いろいろな人も自分が許せる範囲で広がり、自分自身も、心がどんどん自由になってゆけるのが個性化の過程における、人間進化というものだと思います。


難しいお題を今日も長々、ありがとうございました。




 「ハッピーダイアリー」の方の管理画面がなくなったという、またしても奇妙な現象がおきました。

PCさんは、気まぐれなところがあり、少し時間をおいたらなぜ?なおったの~~?ということが多々ありましたので、しばらく、様子をみてみます。

ツイッターのアイコンが今年のお盆には、盆仕様になり(笑)直しても直しても、黒い線が出ていましたが、ほっていたら直りました。

本当に、不思議ちゃんも好きだから、、、いろいろあります?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。